2005年11月02日

ChampionsLeague 第4節 スカパー観戦記@

LIVERPOOL 3 - 0 RSC ANDERLECHT (1.11.2005 TUE GroupG)
 34分 モリエンテス【リバプール】
 61分 ルイスガルシア【リバプール】
 89分 シセ【リバプール】


ここまでグループリーグ2勝1分とリーグとは違って順調なリバプール。
ホームということもあり、この試合も勝って一気に勝ち抜け!といきたいところ。

先発はモリエンテスとクラウチという高さのある2人のツートップ。
モリエンテスもクラウチもここまで結果が出ている、とは言いがたいだけにこの試合で何とかきっかけを掴んでほしいところ。

試合はホームということもあり、また力関係からリバプールが攻めてアンデルレヒトは守る展開。

32分右サイドのフィナンからのクロスにモリエンテスがうまくゴール前に出てボレー!
しかしGKが至近距離ながら正面だったこともあり好セーブ!!
さらにこのこぼれ球をクラウチが狙うもゴール右に外れます!
それにしてもモリエンテスがうまく合わせました。惜しい!

34分ジェラードからのパスを右に開いてうまくDFラインの裏に抜け出したモリエンテスが胸でのトラップからファーサイドに素早くシュート!!
これが左サイドのネットを揺らす見事なゴール!!
リバプールが先制!
モリエンテスは久々のゴールではないでしょうか。
CLでは予備選でゴールがありましたがグループリーグに入ってからは初ゴール。
シュートのコースも見事ながらそこまでのトラップしてシュート体制に入るまでがうまいゴールでした。
このゴールでモリエンテスが復活!!となってくれると最高なのですが…

前半は1-0で終了。

後半3分CKからキャラガーがフリーでヘディングシュートもこれはGKがセーブ。

51分モリエンテスに代えてゼンデン投入。
これで左サイドをやっていたルイスガルシアがトップに、ゼンデンが左サイドに入ります。
ここまでモリエンテスが良かっただけにこの交代は怪我か、まだコンディションが上がりきっていないか、でしょうか。。
もうちょっと見ていたかったところですね。
ゼンデンはゼンデンで見たいのですが…

61分フィナンから早めのクロス、これにエリア内でゴールから一番遠い位置のルイスガルシアがヘディングで合わせ、これがファーサイドのサイドネットに吸い込まれてゴール!
かなり遠いところからのヘディングシュートでしたがよく入りました。
半分運もあったのでしょうが…(笑)

69分アンデルレヒトはセルハトに代えてイェストロビッチを投入。
71分リバプールもクラウチに代わってシセが入ります。

74分イェストロビッチが一発レッドカード。
プレイで何かあったわけではありませんんが、シソッコと競った後何か言ったようで、その発言を主審のニールセンさんが真横で聞いていてレッドとなったようです。
このイェストロビッチ入ったばかりだったのですが、すぐに退場…
こうなるとますますアンデルレヒトは厳しいですね。。

78分まだ怪我から完全回復となっていないジェラードを早めに下げ、代わりにハリーキューウェルを入れます。
今シーズンキューウェルを見るの始めてです。
コンディションはどうなんでしょう?
個人的には好きな選手の1人なのですが…

79分左サイドからのクロスにシセとルイスガルシアが合わせます!
が、これは2人が重なり気味でうまく合わず。。

86分シセがドリブルからシュートもGKがセーブ。

88分キューウェルがドリブルで持ち込み、DF2人が立ちはだかりエリア内に入るか入らないかのところシセが追い抜くように走っていき、DF2人の背後に行ったシセにパス(こぼれ球?)でGKと1対1に!!
これを難なくシセが決めて3-0!
試合は決りましたね。
キューウェルとしては自分で決めたかったシーンですが…

試合はこのまま3-0で終了。
リバプール完勝です。
シュート数も24-7、SHOTS ON GOAL も11-2と差がついてしまいました。
これでCLグループリーグの勝ち抜けはまず間違いないところ。
後はリーグでもこのような試合をやってくれることを願うばかりです(笑)
何はともあれレッズいい感じの試合でした!!
次はホームでのベティス戦です!!!

posted by FootGuinness at 07:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

PremierLeague 第10節 まとめ

その他のプレミアリーグ第10節7試合のまとめ(+記事にした3試合&一言)をお送りします!


チェルシー 4 - 2 ブラックバーン
10分 ドログバ【チェルシー】
 14分 ランパード(PK)【チェルシー】
 18分 ベラミー(PK)【ブラックバーン】
 44分 ベラミー【ブラックバーン】
 62分 ランパード【チェルシー】
 74分 ジョーコール【チェルシー】
とにかく強いチェルシー。前節エバートンと引き分けてこの試合でもポイントを落としてしまうと流れが変わるかも…という試合だったのですが。。
ブラックバーンも前半早々に2-0となってからよく追いついたんですが…
それにしてもランパードは2得点でこれでプレミアのトップスコアラー。
PKやFK(この日の2点目もFKが誰にも合わずそのままゴール!)を蹴っているとはいえ。。
チェフが珍しくミスをして(ブラックバーンの2点目、キックでのクリアが当たり損ねて相手に)失点したものの、そんな影響も微塵も感じさせない強さ。
すでに風格が出てきていますね。。


リバプール 2 - 0 ウェストハム
 18分 シャビアロンソ【リバプール】
 82分 ゼンデン【リバプール】
リバプールが久々の勝利。本当に久々の気がしますね。。
それもそのはず、まだ3勝目ですからね…
ただ、リバプールらしい試合でした。
先制してきっちり守って2点目を取る、これですね。
1点目のアロンソのミドルは見事の一言。
2点目を決めたゼンデンはプレミア初ゴール!
ジェラードも復帰しましたし、これから上昇していってほしいところです。


WBA 0 - 3 ニューカッスル
 46分 オーウェン【ニューカッスル】
 78分 オーウェン【ニューカッスル】
 80分 シアラー【ニューカッスル】
後半ニューカッスルが怒涛の攻めで3ゴール。
特にオーウェンの先制点は左からの浮き球を難しい体制から右足であわせた見事なゴール!
2点目もせまいスペースにうまくオーウェンが入りこんでのゴール。
シアラーとのアベックゴールは見ていてイイ感じですね。
この試合WBAの稲本はカーリングカップでの活躍が認められて久々の先発フル出場!
先制された後、DFにこそあたってしまいましたが強烈なミドルを放ったり、オーウェンのシュートをゴールライン上でクリアして失点を防ぐなど攻守にいい動きを見せたようです!
これでまた次の試合も出場、となればいいのですが。。


ウィガン 1 - 0 フラム
バーミンガム 0 - 1 エバートン
サンダーランド 1 - 4 ポーツマス
マンC 3 - 1 アストンビラ
ミドルスブラ 4 - 1 マンU(詳細はこちら
トッテナム 1 - 1 アーセナル(この試合の記事はこちら
チャールトン 0 - 1 ボルトン(記事はこちら

その他の結果は上記の通り。
ウィガンはまた勝ってなんと2位浮上!
しかも現時点で1試合消化が少なくなっています。
ということは開幕カードは1,2位の首位決戦だったことに…(笑)
エバートンは前節の引き分けに続いて今度はアウェイで勝利!
昨季4位の意地でここから浮上となるでしょうか??


ということでStop the Chelseaの道はまたも長く険しい道に…
2位、3位だったチャールトンとスパーズがともに勝点を落としています。。
冗談抜きでウィガンに期待かも…
後は中田ヒデのボルトンですね!!
スパーズ、マンCと勝点で並ぶ3位、この調子で頑張ってほしいです!!!

posted by FootGuinness at 23:33| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラニエリが…



先日こちらでもお伝えしたハーツの監督騒動(汗)
ラニエリが本命、対抗ボビーロブソンとのことでしたが…
なんとラニエリがそのハーツからのオファーを拒否!!
ってかラニエリ前向きじゃなかったのか?!
なんでも「今の私のためにならない」と言って断ったとか‥
裏の理由は契約金という話もあるようです。。

ハーツ的にはよかったのかもしれません(笑)
色々考えた上でのオファーだったのでしょうが、どうしても合わない気がするんですよね…
今後はサーボビーロブソンをメインにして、あのローターマテウスやネビオスカラ(?知りません…調べてみるとパルマやレッジーナ、スパルタクモスクワなどで監督をしていたらしい。。)も候補にあがっているとか。
個人的にはここは経験と実績でロブソンでいいんじゃないかと思いますが。。
SPLとも合うでしょうし。
単にまた見たいということもありますが。

おまけ
重体だったジョージベスト氏の意識が回復した模様。
今は人工呼吸器も外れたとか‥
とりあえず一安心といったところでしょうか。
今後の順調な回復を祈ります。

posted by FootGuinness at 12:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | スコットランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガッサが…



ここでも紹介したガッサのケタリングタウン監督就任。
もう記事は出ないだろうと思っていたら…早速でました(笑)
内容は監督としての初勝利をあげた、というもの。
初陣はドロイルスデン戦で1-0の勝利だった模様。
6部リーグとはいえ、現在4位、レギュレーションはよくわかりませんが来季の5部昇格がまだまだ射程圏内であることはわかります。

とはいってもどんなに早くてもプレミア昇格までは5年かかりますが(笑)
それだけトントンとあがっていくと、その前にガッサが他チームの監督として引き抜かれてしまうでしょうけどね。。
知名度も人気もあるガッサ、これで監督としての実力もあるとなれば放っておかれるわけがありませんし。

それにしても6部リーグ…凄いですね。。
6部でもサポーターはついているんでしょうし、規模はわかりませんがスタジアムで試合をやっているのだと思います。
幸せな環境ですね。。
やっている選手達は必死なのでしょうが。
日本のJもいつかそうなってくれると最高なのですが…

ともあれここは素直にガッサの初勝利を祝いましょう!!
これが偉大なる(?)監督の一歩であることを祈りつつ…

posted by FootGuinness at 00:50| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

監督にまつわる…



先日首位にも関わらず突然のジョージバリー監督辞任に揺れたハーツ。
その影響というわけではないでしょうが、リーグ戦でも敗れてしまい、セルティックと勝点で並ばれ、得失点差で首位陥落。
どう立て直すかが注目でしたが…
なんと、その後釜として元チェルシー&バレンシア監督のラニエリ監督に白羽の矢が!!
…まだ打診の段階ですが。。
対抗馬として、ハーツは元ニューカッスル監督のサーボビーロブソンにもオファーを出しているとか。
さすが大富豪オーナー、今度は有名どころ、というわけでしょうか。
ただ、個人的にはラニエリの守備的な気質がSPLに合うかは微妙かと思いますが…

監督といえば、ガッサことガスコインがイングランド6部リーグ(!)のケタリングタウンで監督としてのキャリアをスタートさせたとのこと!!
引退して1年、結構始動が早いですね。。
ここ最近元有名選手の監督が増えてきていますが(ブラックバーンのマークヒューズやWBAのブライアンロブソンなど…)、正直ここまで目立った成績は残せていません…
ガッサはイメージとしては監督、という感じでもないのですがどうでしょうか。。
案外名監督になったりして(汗)
あまり報道も少ないでしょうが注目していきたいところです!!

最後に…ジョージベスト氏の回復を祈ります!!
posted by FootGuinness at 12:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | スコットランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコットランドプレミアリーグ 第13節 スカパー観戦記

DUNDEE UNITED 2 - 4 CELTIC (30.10.2005 SUN)
  4分 サットン(OG)【ダンディU】
 16分 ハートソン【セルティック】
 28分 サットン【セルティック】
 30分 サミュエル【ダンディー】
 31分 アーチボルド(OG)【セルティック】
 88分 ピアソン【セルティック】


前節大勝したセルティック。
今節も俊輔のゴールとともに期待したいところです。
さらに首位ハーツが29日ハイバーニアンに0-2で敗れているため、勝って首位といきたいところ。

スタメンは、トップにサットンとハートソン!
ハートソンは久々のスタメンですね。
ビーティーはベンチスタート。
ストランカンのこの采配が吉と出るか凶と出るか…

さて、試合ですが開始早々の4分、いきなりサットンがゴール!!
…といってもダンディUゴールではなく、自陣ゴールに。。
つまりオウンゴールでダンディーUが先制します。
それにしてもサットンはここまでまだ1ゴール。
いくらゴールがほしいといっても。。。(汗)
それにしても見事なゴールでした(笑)

しかし、セルティックも負けていません。
16分テルファーが右サイドから中央へパス!
これをサットンがスルーしてハートソンへ!!
ハートソンが落ち着いてシュート!

これがGKの手を弾いてゴール!!!
セルティックが追いつきました。

さらに28分マロニーが左サイドからドリブルで持ち込んでエリア正面やや外からシュート!
これをDFと競っていたサットンが足をちょんと出してコースを変えてゴール!!
これでサットンは自分のOG分を取り返しましたね。

しかしその2分後、今度はダンディUのサミュエルがエリアの右側の位置でくさびのパスをもらいます。
DFを背にしながら、すばやく右側から反転してすぐに強烈なシュート!
これが決ってダンディUがすぐに同点に追いつきます。

と思ったら今度は31分左CKからのボールがサットンと競っていたダンディUDFのアーチボルドの背中に当たってオウンゴール!
再びセルティックが2-3と勝ち越します!

もうどうなっているのかわかりません(笑)

43分俊輔がエリアやや外からミドル!
これはDFにあたってしまいます。
しかし、ここまで荒い展開になっているだけにこのように狙うのもアリですね。
いいと思います。

前半はこのまま2-3で終了。
お互いにオウンゴールあり、得点後の失点ありといい展開とは言えません。
次の1点をどちらが取るかがカギですね。
セルティックが取れれば押し切れそうな雰囲気ですが、ダンディUが取るとさらに混沌としそうな…

62分俊輔が右サイドで抜きにかかるところをファウルで止められます。
このFK、俊輔がゴールに前にいれたクロスが、フリーのハートソンにピタリと合ってダイビングヘッドとなりますが、これは惜しくもGK正面。
やはりハートソンとはいい感じでタイミングというか呼吸が合うみたいですね。
惜しいシーンでした。

66分速攻から左サイドをボールを持って駆け上がる俊輔ですが、中へのフォローが間に合いません。
指示を出しつつややマイナス気味にマロニーへ。
人数が少なく形にはなりませんでしたが、1人でも中央にいれば…と思ってしまいました。
サットンとハートソンにそれを要求するのは酷かもしれませんが。。

74分ハートソンと交代でビーティーが入ります。
この試合のハートソンは持ち味というかハートソンらしさが最近の中では一番かな、と思いました。
ただ、もっとガツガツ行けるとも思いました。
久々のスタメンですし、そのあたりはまた次戦以降に期待ですね。

77分俊輔がボールを持ってのカウンター、ハーフラインを超えたあたりの早いタイミングで前方に空いている右のスペースにパスを出します!
このボールにビーティーが追いついて2対1の展開に!
ビーティーはそのままシュートを選択しますが、これは枠の上!!
中にペトロフがどフリーで待っていただけにパスを選択してほしかった。。
絶好のチャンスでした。
やはりビーティーが入ると攻めにスピードが出ますね。

79分再び俊輔からの速攻、左を走るマロニーに見事なスルーパス!もこれはマロニーがボールを置いていってしまい、チャンスならず。。

82分代わって入ったばかりのビーティーが故障してしまい、ピアソンが入ります。
ここまでビーティーが入ってスピードのある攻めができていただけにもっと見ていたかったですね。。

88分右サイドのペトロフからのグラウンダー、ニアサイドのマロニーがDFを引き連れて詰めるもボールには触らず(スルー?)、ビーティーと代わって入ったピアソンがゴール前に詰めており、押し込んでセルティック4点目!!
ついに突き放したセルティック!

92分マロニーが足を痛めて交代。
マロニーもビーティーも問題なければいいのですが。。

試合はこのまま2-4でセルティックが勝利で、遂に首位に!!(得失点差ですが)
ただ、試合内容としてはあまり褒められないと思いますが…

俊輔も後半半ばくらいから存在感を出し始めましたが、まだダンディUが元気だった時間帯はあまりボールに絡んだり、決定機につながるようなプレイができていませんでした。。
動きにもあまりキレがないというか、重そうというか…
瞬間瞬間ではいいプレイがあったのでしたが。。
実況でも言っていましたが、2トップが高さを武器にするタイプでスペースを活かすタイプでなかったことも関係しているのかもしれませんが。
セルティックで良いときのゲームを作っている、という感じでもなかったのがちょっと残念でした。

ここ最近過密スケジュールということもあったかもしれません。
来月も代表戦のため日本に戻ってきたいようですが、体調面で大丈夫でしょうか。。
11月9日のCISカップ4回戦と11月19日リーグ戦でレンジャース戦が待っています。
大事な試合の合間に日本に戻ることになりますし…
よりによってオールドファームの間じゃなくても、と思いますが。。

何にせよ、次はまた11月6日のファルカーク戦、少し休めると思いますので体調を整えてほしいところです。
次節また活躍に期待です!!

posted by FootGuinness at 01:21| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(2) | スコットランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

PremierLeague 第10節 スカパー観戦記B

MIDDLESBROUGH 4 - 1 MANCHESTER UNITED (29.10.2005 SAT)
 2分 メンディエタ【ミドルスブラ】
 25分 ハッセルバインク【ミドルスブラ】
 49分(PK,1st.Half) ヤクブ【ミドルスブラ】
 78分 メンディエタ【ミドルスブラ】
 93分 クリスティアーノロナウド【マンU】


相変わらず波に乗れないマンU。
一方期待されながらもここまでわずか3勝とこちらも波に乗れないミドルスブラ。
マンUはアウェイで実力者ボロ相手にどう戦うのか…

ところが、試合はボロの一方的なゲーム。
なにしろマンUは中盤がボロボロ。
スペースがあり、ボロは自由に前を向いてボールを持ってプレイできます。
特にこの試合はメンディエタが積極的に攻めます。
隙あればいつでもミドルを狙い、中盤からのロングボールも出します。

そんな象徴的なプレイが2分のメンディエタのロングシュート!!
開始早々ペースがつかめない中の見事な思い切りのシュートでした。
中盤でのチェックはほぼ無いに等しかったです。。
これで早々にボロが先制!
マンUはいきなり出鼻をくじかれましたね。。

その後もメンディエタからのロングボールにハッセルバインクとリオファーディナンドが競り合う展開、ややリオが有利かと思いきやハッセルバインクがうまくボールコントロールをしてリオに競り勝ち、GKと1対1からシュート!!
これがファンデルサールの手を弾いて2点目!

さらに前半ロスタイムの48分にもバーナビーがリチャードソンに倒されてボロがPK獲得!
かなりマンUサイドは抗議していますが、エリア内で手を使って引き倒しているように見えますからね。。。
これをヤクブが難なく決めて3-0。マンUはボロボロですね…

後半もボロペースは変わらず。
77分ヤクブがエリア左でリオと対峙するもあっさりと突破。
エンドライン近くまでドリブルで行って、エリア中央へマイナスのパス。
ここにメンディエタが走りこんでフリーでシュート!!!
これで4-0…

ロスタイムにクリスティアーノロナウドがクラブ通算1000得点を記録しましたが、焼け石に水。なんの意味もない記念ゴールとなってしまいました。。

この試合、マンUは頑張っていたのは、前半のパクチソンとルーニーといったところでしょうか。。
そのパクチソンも59分クリスティアーノロナウドと交代…
特に中盤がユルくて、スコールズやスミス、後半のロナウドなどほとんど存在感を見せることができませんでした。
さらに頼みの綱のリオも間合いが悪かったり、ボールを取られてたりと調子が今ひとつ。
ボロにいいようにやられてしまいましたね…
攻守ともに反省点が多すぎてどうすればよかったのか、よくわかりません(笑)

対するボロは中盤が絶好調。
ボーテンクとメンディエタが素晴らしく、中盤を完全に掌握。
これでもダウニングは怪我で欠場なのですが。。

マンUはそんなわけで完敗。
ここのところ引き分けばかりでなかなか勝ちきれなかったマンUでしたが、勝ちきるどころかとうとう完敗。
ミッドウィークにはCLも控えますが、非常に心配になってしまうゲームでした。。
キーンを除けば主力に大きな怪我があるわけでもないだけに、言い訳もできません…
特に守備の要リオがあっさりヤクブに交わされ、ハッセルバインクに抜かれ、他にもミドルを打たれるなどかなり重症でした。
イングランド代表としても心配な状態です。
一時的に調子を落としているくらいであればいいのですが。。

ちなみにこの試合当日はファンデルサールの誕生日だったのですが、4失点…
アランスミスも前日誕生日だったそうですが。。

さて、マンUは次はホームにチェルシーを迎えますが、今の調子でどうでしょうか。。
まずはCLでどのように立て直すのかに注目です!!

posted by FootGuinness at 22:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第10節 スカパー観戦記A

CHARLTON 0 - 1 BOLTON (29.10.2005 SAT)
 72分 ノーラン【ボルトン】


前節待望の初ゴールを決めた中田ヒデ。
今節も期待がかかります。

ちなみにここまで好調で2位のチャールトン。
ボルトンを苦手にしているようで…
ここ2年ボルトンに勝っていないようです。

開始45秒いきなり中田がミドルシュート!
いい流れですね。
さらに2分30秒にノーランがヘディングシュート。

21分アンブローズがボルトンのゴールネット揺らします!…が、これはハンド。
惜しいシーンでしたが…
33分またもアンブローズが豪快にシュートもこれはサイドネット。

前半は序盤こそボルトンが攻めましたが、すぐにチャールトンがペースを掴み終始攻める展開。
中田も守備に追われるシーンが多く、またボールが余り回ってこないこともあって攻めに積極的にカラムシーンは少なかったです。。
キャンプ中からいたわけではなかったことが影響してか、まだゲーム中での呼吸という意味ではまだ時間が必要な感じですね。

というわけで前半は0-0。
後半開始からボルトンが攻めます。
53分には中田がミドルシュート!!
これはうまく当たらず、ゴール左に外れますが、攻めとしてはいいかもしれません。
ノーランが俺によこせ!!とばかりに両手を広げていましたが…(笑)

56分ゴールに中田がゴールに背を向けてサイドライン際に一度逃れようとドリブル、チャールトンの選手2人がチェックに来たところ、すばやくゴールの方向に反転してその2人をかわし、ボールは股下を通して、すり抜けて中央へパス!!
これはDFにあたってしまいましたが、いいプレイでした!!

その後も終始押し続けるボルトン…
そして72分!!
ファイが中央からミドルシュート!これがチャールトンDFにあたりコースが変わったところ、GKアンデルセンがかろうじて弾きます!
この弾いたボールをゴールすぐ左で中田がフォロー、ゴールはがら空き!!
しかし角度も無かったため、中田はすばやくダイレクトパスを選択、左足で中央のノーランへ!!
ノーランは触るだけでOKの素晴らしいパスで難なくゴール!
ボルトンが中田のアシストで先制します!!!


まずゴールを決めたノーランは中田と喜び合い、ディウフの元へ!
その輪に抱きつくように入っていった中田。
喜びの輪ができ、また離れた後もう一度中田のアシスト称えるかのように2人で抱き合って祝福!!
本当に嬉しそうな中田。また今節も見られました!!!

その後86分に中田はベンハイムと交代。
アウェイながらも拍手もありました。

その直後、チャールトンのゴール左からのFK、ファーサイドへのボールに走りこんだヒューズ(?)がゴール目の前の至近距離からヘディングシュート!!
しかしこれをGKヤースケライネンが信じられない好セーブでボールをゴールバーの上に弾き出します!!
本当に目の前で打たれたシュートによく反応しました。

89分ボルヘッティが出てきたGKを交わして無人のゴールにシュートも枠の外へ…
決定的なチャンスを逸したボルトン、これが響かなければいいのですが。。
ロスタイムは3分。

その後も最後の猛攻を続けるものの、チャールトンはヤースケライネンの牙城を崩せず、結局0-1でボルトンが勝利!!

この試合も中田ヒデは判断よくノーランへ貴重な決勝ゴールをアシスト!!
ノーランはさらにこれで中田を認めてくれると思います。
後半はまずまずつなぐボールが中田に入っていましたし、これでさらにつなぐ時は中田ヒデ、といった意識が皆に浸透すると最高なのですが…

それにしてもやはり中田が笑顔でゴールの輪に加わるシーンは何度見てもいいですね。。
今後もガンガン見られそうな予感!
ぜひ見せてほしいところです!!!

ともかくボルトンが勝利!
この試合も相性の悪さが出てしまったチャールトンは今季3敗目…
次はボルトンが好調のスパーズとホームで、チャールトンはアウェイでブラックバーンと。
また難敵相手のボルトンですがぜひ中田ヒデの活躍で次も勝利を!!!

posted by FootGuinness at 02:31| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

PremierLeague 第10節 スカパー観戦記@

TOTTENHAM HOT SPURS 1 - 0 ARSENAL (29.10.2005 SAT)
18分 キング【スパーズ】
76分 ピレス【アーセナル】


150回目(!!)のノースロンドンダービー。
現地の下馬評ではスパーズが有利となっている様子。
今の調子と順位からすると妥当かもしれませんが…

アーセナルのトップはベルカンプとレジェス。さらにリュングベリも復帰。
レジェスとリュングベリの復帰は心強いですね。
ピレスとファンペルシがベンチに控えます。

一方のスパーズは、ミドとデフォーがトップ。韓国人イ・ヨンピョもスタメン。
注目は右に入るレノンですね。

アーセナルはアンリ、コール、フレブがケガで欠場。
スパーズはダービッツが出場停止となっています。
主審はスティーブベネット。

11分右サイドをレジェスが突破し、エリア内へ。
中にはスパーズDF2人もいたものの、リュングベリもいる状態!
しかしここはレドリーキングが見事なスライディングでボールを奪取!!
いいプレイでした。

16分スパーズがアーセナル陣内のエリア近くでボールを回し、なんとか防いだもののこぼれ球をレノンが拾い、右サイドでファウルももらいます。
そしてFK、蹴るのはキャリック、ここからエリア内中央あたりへ蹴り、ミドの後ろから出てきたレドリーキングがフリーでヘディングシュート!!!
これが決ってスパーズ先制!
それにしても素晴らしいフリーのヘディングシュート。
元々セットプレイに弱いと言われていましたがそれが出てしまいました。

23分キャリックがエリア外からミドルシュート!
これは惜しくもゴール左に外れてしまいますが、いいシュートでした。

27分、スパーズがまたうまくパスを回し、左サイドのデフォーから中央のジーナスへ。
ジーナスがミドルを狙います!!
これは枠に行っていたものの、GKレーマンが触ってゴールならず。
ただ、スパーズのパス回しにアーセナルDFはついていけてないですね。。

46分左サイドをデフォーが切り裂き、中へグラウンダーでパス!
後ろから走りこんできたジーナスが合わせようとするも届かず。。
触れば1点という場面でしたが…

前半はこのまま1-0で終了。
ここまでは終始スパーズペース。
アーセナルの決定的な場面は無かったですね。。
いつものパス回しが見られないばかりか、どこかちぐはぐな印象すらあります。
後半ベンゲルはどのように立て直してくるでしょうか…

アーセナルは後半開始からフラミニに代えてピレスを投入。
46分2列目からあがったリュングベリに左サイドのベルカンプからスルーパスが!
これが通ってリュングベリがフリーに!
DFが1人戻ってきたものの、リュングベリが強烈なシュート!!
しかしこれはGKポールロビンソンがセーブ!
今日アーセナル初めてのいい形でした。
…ただ、このプレイベルカンプがサイドでボールを持ったときに既にサイドラインを割っていたようです。

57分セスクがエリア内へ抜けようとするところ、イヨンピョが足を引っ掛けてセスクを倒し、イエローカード。
アーセナルがエリアすぐ外からFK、ピレスが直接ゴール左上を狙うも外れます。
ただ、アーセナル後半に入ってからボールを回せるようになり、ゴールに迫るシーンが増えてきました。

59分今度はスパーズが左サイドからデフォーがドリブルで3人を交わしてシュート!!
しかしこれはレーマンが伸ばした左足1本でかろうじてセーブ!
ナイスセーブでした。

64分リュングベリが左足を痛めて交代。
代わりにファンペルシが入ります。
リュングベリはこの試合で怪我から復帰したばかりなのですが…
大丈夫だといいんですが。。。

66分ピレスの個人技からワンツーを絡めて最後は最終ラインギリギリにいたファンペルシに!
これを左足から右足に持ち替えてシュート!!
しかしロビンソンがブラインドになりながらも何とかコーナーに逃げます。
しかし見ごたえのあるプレイでした。
ここにきてスパーズは疲れからかファウルでアーセナルの攻撃を止めることが多くなってきました。
攻めも単発というか、前半のような見事なパス回しから、というシーンではなくなってきています。
このあたりでスピードのあるロビーキーンあたりが入ると面白いのですが。。

68分右サイドにいたピレスから前線のファンペルシへ素晴らしい制度のパス!!
わずかにファンペルシが合いませんでしたが、あと1歩のパスでした。
ちょうどCLスパルタプラハ戦の2点目とほぼ同じ感じ。
ファンペルシではなく、アンリだったら…と思ってしまいました。。

スパーズは72分レノンに代えてアンディリードを投入。
この試合も持ち前のスピードで攻守に貢献していたレノン。
リーズから来た選手のようですが、今後が楽しみですね。

76分左サイドでレジェスが受けたファウルからのFK。
ベルカンプが蹴ったボール、ロビンソンが前に出てパンチングしましたがこれが中途半端に。
エリア右にいたピレスのところへ。
これをピレスがダイレクトでシュート!!!
ゴール内ファーサイドにはスパーズDFもいたため、ど真ん中を見事に狙ってのゴール。
さすがピレス!
しかもこの日はピレス32歳の誕生日でバースデーゴール!!
おめでとう!!!

78分スパーズはタイーニョと代えてペドロメンデスを投入します。

79分べルカンプがためてファンペルシへ!
エリアやや左から狙いますがこれはDFに当たってゴールならず。。
しかしここにきて攻めているのは圧倒的にアーセナル。
スパーズはボール回しもdけいず、防戦一方となっています。
前半飛ばしすぎた感じですね。
やはりダービーという場という雰囲気だと普段とは疲労も違うんでしょうね。。

81分デフォーに代えてロビーキーンを投入。
これで流れが変わりますか。

83分アーセナルのカウンター。
左サイドのピレスにボールが出ましたが、エリアの外だったにも関わらずなぜかGKロビンソンが…
ビックチャンス!かと思いましたがピレスのシュート(?)はロビンソンに当たってしまいます。中に上げられればゴールはがら空きだっただけに…

さらに85分右サイドファンペルシからの左足サイドチェンジがエリア内にいたレジェスの足元にピッタリ収まります!
ここからレジェスは左足に持ち替えてシュート!もDFが体でブロック!!
素晴らしいサイドチェンジでしたが、持ち替えた分スパーズDFが間に合いました。

90分アーセナルはレジェスに代えてシガンを投入。
怪我から回復したばかりのレジェスだけに交代、ということでしょうか。。
しかし既に90分ですが…ちなみにロスタイムは3分。
試合はこのまま終了して1-1のドロー。

解説でも言っていましたが、前半はスパースの猛攻の前になすすべが無かったアーセナル。
1-0で御の字という感じでしたが、後半は打って変わってアーセナルの独壇場。
スパースは引き分けでよかった、という感じですね。。

ポイントはこの日バースデーだったピレスですね。
ハーフタイムでどんな指示が出たのかわかりませんが、確実にこれでアーセナルがボールをつなぎ、得意のパスサッカーができるようになりました。
さらにスパーズには思ったよりも早く疲労が動きに出てきてしまいました。
前半2点目を取れなかったことが影響したんでしょうか…
スパーズの動きが悪くなり、アーセナルは本来のサッカーができるようになった結果このような試合になったのではないでしょうか。

それにしてもピレスは素晴らしかった!
ゴールも決め、さらにそれがノースロンドンダービー!!!
最高の誕生日になったのではないでしょうか。

そんなバースデーゴールも含めて面白いノースロンドンダービーでした。
次は4月です!!

posted by FootGuinness at 23:04| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(5) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第9節 まとめ



またもや遅くなってしまいましたが、取り急ぎ第9節の結果だけ…


ブラックバーン 2 - 0 バーミンガム
マンU 1 - 1 トッテナム
フラム 2 - 0 リバプール
アーセナル 1 - 0 マンチェスターC(記事はこちら!)、(例のPKにまつわる記事はこちら
アストン・ビラ 0 - 2 ウィガン
ポーツマス 1 - 2 チャールトン
ニューカッスル 3 - 2 サンダーランド
ウェストハム 2 - 1 ミドルスブラ
ボルトン 2 - 0 WBA (詳細は?こちら
エバートン 1 - 1 チェルシー (記事はこちら


リバプールは…相当マズイ状況ですね。。
正直ここ最近CLを除いていいところが全くありません…
早く調子を取り戻さないと。。。

チェルシーがついに引き分け、ウィガンが今節もアウェイで勝利!!
どこまで続くか?!期待してます。
ちなみにこのウィガンの82分の2点目アランマホンが放ったシュートは素晴らしかったです。
もちろんカウンターからエリアやや外あたりからのミドルシュートでした。
今節のスーパーゴールの1つです。
しかし個人的なベストゴールは中田ヒデのFKでしょう!

マンU-スパーズの強豪対決はジェナスの芸術的なFKでスパーズが追いついてドロー。
チャールトンも逆転で勝っています。

さて、チェルシーがほんの少しだけ足踏みした9節。
第10節は…まずはノースロンドンダービー!!
プレミア3大ダービーの1つとか?!
あと2つは…マージーサイドダービー(リバプール-エバートン)とマンチェスターダービー(マンU-マンC)でしょうか。。
ともかく好調スパーズがホームにアーセナルを迎えます。
これは何はなくとも見なくては…
ただ、この試合アーセナルのアンリのケガの具合がおもわしくないらしく、欠場が濃厚とのこと…かなり残念ですね。。
ただ、レジェスとリュングベリが復帰の見込みなのでこちらは好材料です。

中田ヒデのボルトンはアウェイでチャールトン戦。
強敵相手に中田選手がいかにプレイできるか注目ですね。

そのほか、チェルシーはホームでブラックバーンと、マンUはアウェイでボロと、リバプールはホームでウェストハムとの対戦です。
第10節も楽しみです!!
posted by FootGuinness at 02:16| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。