2005年12月02日

アメリカ代表戦!!



12月9日のW杯組み合わせ抽選会も非常に気になるところですが、一方で来年の本番に向けて日本サッカー協会も色々動いているようです。(当たり前といえば当たり前ですが…)

来年早々から始動する予定の日本代表ですが、その一環として2月10日(金)にアメリカ代表と親善試合を行なう予定のようです。
場所はサンフランシスコ。
正直サンフランシスコでの試合ってあまりイメージが湧きませんが…(笑)
もちろん9日の抽選でもし同組になった場合は行なわれないのでしょうが。

アメリカ代表というと…プレミア勢ではレイナや先日2ゴールしたマクブライド、GKフリーデル(アメリカ代表で正GKなんでしょうか?)などが浮かびますが。。
何となく肉体的にハードな試合になる印象があります。

アメリカまで行ったついでに日本代表が苦手な南米系の代表と試合やるのも手だと思うのですが、やらないんですかね‥
ウルグアイとかパラグアイとかメキシコとかいいと思うんですけど。
それはそれとしてとりあえず楽しみです!

posted by FootGuinness at 12:34| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

久保が…



ここ最近ゴールにアシストに、と復調の兆しを見せていた久保。
このまま順調に回復してもらい、怪我を治して来年W杯にぜひ!!
天皇杯もよろしく!!!
と思っていたのですが…

23日の鹿島戦で怪我をして途中交代。
診断の結果左足太もも肉離れで3〜4週間戦列を離れる見通し…
リーグ戦2試合は欠場、年内も微妙な状況ですね。。

う〜ん、なかなかうまくいかないですね。。
ただ、久保にはぜひこれでクサらず頑張ってほしいです…
もう少しで状態が確実に上向いてきそうな感じですし。
出場できれば仕事ができることはここ最近の試合で証明しているところですし!!!
もうホント期待しちゃっています。
ぜひぜひじっくり治して完全回復に向かってほしいところです!!!

posted by FootGuinness at 01:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

川渕キャプテンが…



先日のアンゴラ戦の不甲斐なさに怒っていたようですね…
三都主に対して「もっと動け!足元でボールをもらおうとするな」と言ったとか。
また守備についてももっとチームから要求されている役割を自覚して臨まないとダメ、といったことを発言。
「ジーコは言わないだろうから、チームメイトが言うべき」とか‥
ジーコは確かに言わないでしょうね。
わかってますね(笑)

また、決めるべき時に決めないから苦労する、といったように決定力不足にも苦言を呈しました。
この発言を受けてジーコも少しは考えてくれると嬉しいのですが。。
ただ、そう簡単に聞くくらいならとっくに考えている気もしますが、一縷の望みを託して今後のジーコの動きを見てみたいと思います(笑)

今後の日本代表は1月から合宿を行ないつつ、2月22日、3月1日のアジアカップ予選を行なうみたいですね。
アジアカップ予選はアウェイなら欧州組も出られる可能性もある、ということで注目かもしれません。

その前になんと言っても12月9日(金)のW杯組み合わせ抽選会ですが…
スカパーが生中継するみたいですね。
12月9日(金)25:00〜 Ch.181 生放送
さすがです!
ゴンの勇姿も見られそうですね。
まずは12月9日をゆっくり待ちましょう…

追記
とここまで書きましたが、抽選会自体は10日早朝4:30〜のようです。
シード国は3日前の12月6日に決定。
現段階で開催国ドイツと前回優勝国ブラジルはシードに決まっていますので、残り6ヶ国ですね。
さて、どこがシードになるんでしょう?!




posted by FootGuinness at 08:50| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

今年の最後の代表戦!

日本 1 - 0 アンゴラ
 89分 松井【日本】


対戦相手が決るまで2転3転したこのキリンチャレンジカップ。
コートジボアールからガーナ、そして結局アンゴラに収まりました。
一時はどうなることかと思いました(笑)

とはいえ、アンゴラもあのナイジェリアを抑えてのW杯出場。
ここでアフリカ勢とやるのはいいことだと思います。

先発は川口、駒野、宮本、中澤、田中、稲本、俊輔、中田ヒデ、田中、FWが高原と柳沢の2トップです。

10分右サイドで俊輔が切り返しからのドリブルで倒されFK。
これを俊輔がゴールに向かうボールを蹴り、ゴール前どんぴしゃで高原へ。
高原もフリーでヘディングも、これはゴールバーを叩いてゴールならず。

さらに11分エリア内で中田ヒデが右の駒野からのクロスを受け、シュートと見せかけてゴール前の柳沢へ優しいパス。
柳沢がダイレクトで左足で蹴りますがこれはGKがセーブ。
柳沢…なぜGKとDFがいた正面にわざわざ蹴るの?!というシーンでした。。
ゴールのファーサイドはがら空きだったんですが…

26分左の三都主からフワリと軽く浮かせたボール。
フリーの高原が左足で踏み切ってジャンプし、空中で足を入れ替えて右足で合わせてシュート!!
しかしこのシュートもゴールバーを叩き、ゴールなりません。

ボールを持っていた三都主へのプレッシャーといい、高原への付き方といい相当緩いディフェンスなのですが、点にならないですね…

33分高原がエリアやや外でボールを受けてDFと1対1、そこから抜ききる前にシュート!
しかしこれもGKが足でセーブ。

40分右にいた俊輔がドリブルからうまく切り返し、裏に抜ける動きをしていた柳沢へのパス!
これを柳沢がダイレクトでシュートに持っていきますがやや弱く、GKがキャッチ。
どちらかというとボールに合わせたようなシュートでした。

前半はこのまま終了。
試合は日本が終始ペースを握り、時折アンゴラが攻める、といった展開ですね。
アンゴラはミドルシュートが多い印象。
前半終了間際にはオフサイドながら危ないシーンも作られました。
日本は数多くあった決定機を決められてなかったことにつきると思います。
いつまでも決められないと、相手も行けるんじゃない?と思ってしまいますしね。。

でも試合を見ていて何でナイジェリア負けたの?と正直思ってしまいました。
まぁ、日本への長旅&寒さなどもあったのでしょうが…
本大会で今日のアンゴラのレベルの国はまずないと思います。。

さて、後半。
開始早々アンゴラがゴール正面からのミドル、川口が腕1本でかろうじてセーブしますが…
非常にヒヤっとしました。
その後もアンゴラがペースを握ります。
日本も攻めますが単発という印象です。

58分俊輔からライン裏へのパスに高原が抜け出します。
このボールをキープしようとGKも飛び出してしまったため、ゴールはがら空きに。
高原がドリブルを少し入れてシュート!も前に出ていたGKがセーブ。

日本は60分に田中代えて松井を投入。
時間も30分あるし、これは期待できそう。
この松井を入れたあたりからまた流れは徐々に日本に。
松井は途中出場ということもあるのでしょうが、運動量豊富でボールを奪われてもすぐに自分で取り返しにいくなど、いい動きをしています。

70分稲本に代えて阿部を投入。
さらに77分、高原に代えて大黒を投入。
今日の高原は動きは悪くありませんでしたが、いかんせん決定率が悪すぎました。
あれだけ決定機を迎えながら決めきれないというのはちょっと。。。

その大黒は入った早々中田ヒデからの裏へのクロスに合わせて抜け出し、ゴール左に外れはしたものの、いいシュートを打ちます。
何となくゴールの予感…

85分右からのクロスがファーサイドにいた柳沢がフリーでゴール手前10mない位置で渡ります。
後はシュートを打つだけ!だったのですが、一瞬シュートが遅くなり前に出てきてGKにセーブされてしまいます…
早く打ってくれ!と思ってしまいました…

しかし後半ロスタイムまであと20秒ほどの89分、スローインから俊輔からのクロスがファーサイドの柳沢へ。
柳沢は頭でもう一度ファーサイド、ゴール右へボールを送ります。
このボールをゴール前にいた松井がヘディングで押し込んで日本ついに先制!!

そして試合はそのまままもなく終了。
日本が何とか1-0で勝利!
まずはホッとする結果となりました。

…が、これって喜んでいいのかというと。。。
本番で今日のアンゴラのレベルのチームは無いと思った方がいいと思うのですが、その相手にホームで辛勝。(アンゴラの本当の力は別として)
もちろん引き分けるよりははるかにいいのですが。。

とにかく点が取れないのがまず全てだと思います。
高原と柳沢の決定率が悪すぎます。
もちろん決定力不足なのはFWだけの責任でもないし、日本に限った話でないのはわかっていますが、この試合に限っては決めるべきシーンが多かったはず。
中田ヒデも俊輔も(少しだけど珍しく)三都主もお膳立てをしていたと思います。
ホームですし、FWなのですから決めてもらわないと…
松井が決めて勝ったからOKというではちょっと。。。

真剣に高原と柳沢でいいのかジーコに考えてほしいのですが。。
どちらもクラブチームでいい調子なわけでは決してないですし…

ディフェンスに関してはややミドルが打たれすぎの印象はあります。
ややポストプレイからのミドルなどDFライン手前の部分が不安でした。
エリア内という面ではほとんど心配せずに見れましたが。

収穫はやはり松井に尽きるでしょう。
点を取ったからというだけでなく、ドリブルをしかける積極性、その積極性をDF面にも活かしたプレイはよかったと思います。
実際松井が入ったあたりからリズム変わりましたし。
ジーコの中でも本大会で必要な選手に確実になったのではないでしょうか。

後は中田ヒデと俊輔の安定したプレイぶりでしょうか。
今日は派手なプレイこそありませんでしたが、この2人がいてこその試合、という気もしました。
特に中田ヒデは攻守に励んでいて目立たないけど、いい動きをしていたんではないかな、と。

というわけで、真剣にFWの再考とホームで(今日の調子の)アンゴラ相手に1-0では喜べないというのが結論です。

やっぱり…日本代表には久保が必要です!!!



posted by FootGuinness at 22:42| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

アンゴラ戦召集メンバー発表!



今月16日(水)に行われるキリンチャレンジカップのアンゴラ戦に召集されるメンバーがhyぷされました!
以下のメンバーです。

GK:土肥洋一(FC東京)、川口能活(磐田)、楢崎正剛(名古屋)

DF:田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、坪井慶介(浦和)、三都主アレサンドロ(浦和)、駒野友一(広島)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮、(FC東京)茂庭照幸(FC東京)

MF:遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(鹿島)、村井慎二(磐田)、阿部勇樹(千葉)、中田英寿(ボルトン)、中村俊輔(セルティック)、稲本潤一(WBA)、松井大輔(ルマン)

FW:大黒将志(G大阪)、玉田圭司(柏)、高原直泰(ハンブルガーSV)、柳沢敦(メッシーナ)

…う〜ん、松井の招集はとりあえずないすだといいたいですね。
前回の欧州予選も良かったですし。
ただ、チャンスが無いに等しかった大久保が召集されていないのはちょっと納得いかないな、と。。
クラブとの事情などがあったりもしたのかもしれませんが、とりあえず名前を挙げて呼んでほしかったな、と思います。
ジーコは会見で「彼の力はこの前も見て、ある程度分かっている。」と言ったそうですが、あの状況での出場と時間で何を見られたのか疑問です。

怪我の宮本も呼ばれていますが…
状態を見るため、ということのようですが、それなら田中(達)とかも呼べばとかも思ってしまいますが。。

また、4バックなら三都主も入るようなことも言っていたようなので、正直大丈夫か、と思ってしまいますが。。。

とりあえず内容をしっかり、できれば結果も、さらにベンチワークも含めて、納得できるような試合をやってほしいです!!

posted by FootGuinness at 01:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

久保が…!!!



長いこと待ちました。
本当に長かったですが‥最高です!!
横浜Fマリノスの久保選手が3日(木)行なわれた天皇杯4回戦、J2のモンテディオ山形戦で2得点!!

勝利に貢献するとともに復活をアピールしました!

正直なところ、その映像は見ていないのですが、前半16分に打点の高いヘディングシュート、後半開始直後にゴールを奪い、2-1でのチームの勝利の立役者に
なんと公式戦でのゴールは昨年8月29日以来とのこと。
長かったですが、ついに!ドラゴン久保が復活ののろしをあげた感じです!

もっとも、まだまだ万全ではないと思います。
早くも日本代表の招集という声もありますが、まずはじっくりコンディションと怪我の具合を見てからでも遅くないと思います。
とにかくムリをしないよう、させないようにしてほしいところです。。
そして怪我が再発しないよう、チームのサポートも含めて万全の体制で久保が試合に臨めるようになってもらうことを願うばかりです‥

まだまだ序章ですが、これが久保復活劇の幕開けとなることを祈りつつ!
まずは本当におめでとう!!!と言いたいです。

posted by FootGuinness at 08:56| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

2転3転…



先日こちらでも書いた通り、11月16日(水)のキリンチャレンジカップの対戦相手がコートジボアールからトーゴ代表に変更となりました。

…と思っていたら、またまた対戦相手が変更。。。
結局(現段階では?!)アンゴラ代表に変更となったようです。
なんでも契約前にトーゴのサッカー協会会長と連絡が取れなくなったとか…
そんなことあるのか?!という感じですが。。

結局並行して交渉をしていたアンゴラ代表に納まった、ということのようです。
アンゴラ代表はGroup4でナイジェリア代表を抑えてのW杯初出場!!
ベンフィカのマントラスなど主力5人の来日が確約されたため、決ったとのこと。
…なんかつい最近同じようなことを書いた気が。。。

正直あまり選手もわかりませんが、もちろんアフリカンパワーには変わりません。
あのナイジェリアを押さえたわけですし、実力はあるはず。
楽しみにしたいと思います!

それにしても…今度は大丈夫ですよね(汗)
日本サッカー協会ナメられていなければいいのですが。。。
posted by FootGuinness at 00:06| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

コートジボアール代表→トーゴ代表



11月16日(水)に予定されていたキリンチャレンジカップでのコートジボアール戦。
チェルシーの試合でのドログバを見ていて、この選手と日本代表がやるのかぁ、と楽しみにしていたのですが、なんとその契約が解消に

理由はコートジボアールがベストメンバーでの来日ができないこと
ドログバは15日にチェルシーの創立100周年記念イベントがあるとかで来日できず、他の主力も来日できない、という連絡がコートジボアールのサッカー協会からきたようです。。
日本遠いですからねぇ…

実際に来日してみて出場できません、揃いませんでした、よりは遥かにいいと思いますが…
それでもドログバのようなトップレベルの選手との対戦が見られないのは非常に残念です。。
ローレンとかも見られるなぁと密かに期待していただけに。

で、その代わりと言ってはなんですが来日することになったのが同じくアフリカで初出場組のトーゴ代表。
Group1でセネガルを押さえて出場を決めた国ですね。
ベストメンバーでの来日を約束したそうです。
トーゴにはモナコのマヌエル・アデバヨルがいます。
190cmと非常に背の高いプレイヤーで予選でも11得点。
この選手をどうおさえるかに焦点を合わせようかな、と思います。
アフリカンパワーとの対決には変わらないですし、日本が身体能力に対してどのように戦うのか、面白そうですね。
情報があまり無いのもまたいいかもしれません。

それにしてもドログバ見たかった…(涙)
これで本番同じグループになったりして。。。

posted by FootGuinness at 08:49| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ウクライナ戦!!!

ウクライナ代表 1 - 0 日本代表 (12.10.2005 WED FriendlyMatch)
88分 グシン(PK)【ウクライナ】


欧州遠征2戦目、ウクライナ戦です。
ピッチコンディションはかなり強い雨であまりよくなさそうですね。。
そして…期待していたウクライナのエースシェフチェンコは39度の発熱で欠場…
残念でなりません。
日本DF陣がどのように対応するか、本番に向けてという意味でもいい経験になったはずなのですが。。。
それでも格上であろうことは変わりませんが…

日本の先発は、中盤は練習通りダイヤモンド型でトップ下の位置に中村選手、左に稲本選手、右に中田英寿選手、底の位置が中田浩二選手です。
DF陣は左に三都主選手、坪井選手、茂庭選手、駒井選手、GKは川口選手。
2トップはラトビア戦と変わらず、高原選手と柳沢選手です。

稲本選手左というのは稲本選手の攻撃力を活かしたいということでしょうが…
ラトビア戦でよかった松井選手でもいいのかなぁと思ったり。
あまり代表経験がないだけに先に使ってあげればという気がします。
でも稲本選手も見たいし、悩むどころですね。
松井選手&大久保選手&箕輪選手をジーコが使うことを祈りつつ。。

セットプレイはともかくとして最初のピンチは10分、スローインからのボール、中盤ゴール前でリクンにフリーでボールを持たれてミドルをうたれます、がこれは枠の外。
助かりました。

日本はここまで単発に攻めるものの、迫力不足は否めず。
柳沢選手がエリア内左側の所でDFの裏に出てボールを持つシーンがありましたが…
正直ここで柳沢選手がボールを持っても1対1で抜けるわけでもなし、得点につながるシーンが描けないです。

26分中村選手がボールを中盤で持って右に行くと見せかけて左足でフワリとした浮き球のパスを左を走るフリーの柳沢選手へ!!
ここからどう攻める?!と思いましたが柳沢選手は中央へマイナス気味に折り返すも(おそらく合わせたかった)高原選手とは合わず。。
これまた柳沢選手へのパスは素晴らしかったものの、点の匂いはせず…
一度でいいから1対1にチャレンジしてくれるとまた違うと思うのですが。。。
このボールを受けたのが大久保選手だったら、と正直思ってしまいました。

30分高原選手がラトビア戦のゴールのような位置からロングシュート!
…これはゴール右に外れます。
しかしなかなかシュートまで至らない日本としては、こういったシュートを打つ姿勢もアリかもしれません。

36分中央から右に出た中村選手にボールが出て、中村選手からのクロスがいい感じで中央に入ります。
これは合わせられなかったものの、さらに2次攻撃で左サイドからクロス、このこぼれ球を中田英寿選手がエリアすぐ外から狙います!!
これはDFに当たって外れますが、セカンドボールを拾ういい攻撃でした。
日本は一発で点を取れるチームではないため、このような粘り強い攻撃がもっとみたいところです。

41分右サイドからのダイレクトパスがDF2人(茂庭選手と坪井選手?)の裏にフリーでいたべリックに渡ります!
川口選手と1対1になり、タイミングを合わせてシュート!!!
しかしこれはバーの上に外れます。

完全な決定機、日本は助かりました。
…これがべリックではなく、シェバだったら。。。

前半ロスタイムは1分。

ウクライナの印象。
大きい選手も多いですが、基本的に皆技術がしっかりしています。
足元のボール扱いなどうまく、ミスでボールを失うことがほとんどない感じ。
両サイドからの早い攻めをこの試合では狙っている様子。
と思いきや前半終了間際は逆にDFラインの裏を狙う姿勢も。

後半きっちり日本がサイド攻撃を防げるのか、どのように攻めを構築するのか、それがポイントになりそうです。
後半開始から高原選手に代えて鈴木選手を投入。
…この交代は。。。
大久保選手のほうがいい気がしますが。。

53分中田浩二選手がロタンにタックルをし、そのプレイで何と一発退場の判定。
やや選手が後ろを向きかけたところ遅れて足に行ったという判定のようです。。
ちょっと可哀相な判定ですね…
ただ、これでゲームプランをどのように修正するのか、このような展開は本大会でも想定されるだけに見ものです。

中田浩二選手の退場に伴って、57分柳沢選手に代えて箕輪選手が投入!!
ついに箕輪選手が代表デビュー。
高さと強さがどこまで通用するのか。
中田浩二選手が退場していなければ出場していなかったように思いますので、そういう意味ではよかったのかもしれません。
こうならなければジーコは結局箕輪を使わないつもりだったのでしょうか。

それにしてもこれで鈴木選手のワントップ。
ますます点が取れない気が…

58分エリア外からナザレンコが茂庭を交わして素晴らしいミドル!
外れましたが危ない場面。

22分三都主選手と代わって村井選手、24分中村選手に代えて松井選手投入。
中村選手と松井選手のコンビが見たかったのですが、10人となった以上しょうがないですね。。
前回豊富な運動量でいい動きを見せていた松井選手に期待がかかります。

69分中田選手から右サイドの駒井選手へ、1対1で抜いてクロス!
これに松井選手が合わせます!

セカンドボールも拾えて、シュートには至らなかったものの久々にいい場面でした。

さらに71分にも同様の展開、中田選手から右の駒井選手へ。
またフェイントからクロス!
これはCKとなりますが、連続していい形でした。

76分、ウクライナがビックチャンスを迎えます。
スローインからボールを回し、右サイドからのクロスボール、処理を誤ったところエリアすぐ外からミドルシュートをうたれます。
このシュートはクロスバー直撃、さらにこのこぼれ球を拾われGK川口選手とグシンが1対1に。グーシンは落ち着いて前に出てきた川口選手の上を越すループシュートを打ちますがこれは枠を外れます。
このシーンもどちらかのシュートがシェバだったら…

88分箕輪選手がエリア内でハイボールをジャンプで競ったところ、手で相手FWを押さえてと判定されてPKの判定。。
このPKをグシンに決められて1-0となってしまいます。

92分坪井選手に代えて大久保選手。
この交代は意味あるのでしょうか。
大久保選手が可哀相です。
明らかに攻めあぐねていた日本、大久保の1人でも局面を打開しようとする姿勢が必要だったのでは。。

結局大久保選手も何もできず、ロスタイム3分もそのまま終了。
日本代表の欧州遠征は2敗という結果に終わってしまいました。

この試合、日本代表はウクライナの早いチェックと確かな技術の前に日本はほとんど試合のペースを掴むことができなかったように思います
決定的といえるシーンは正直なかったように思います。
スコアこそ1-0でしたが、相手のGKとの1対1のシュートミスに助けられた感もあります。
本文にも書いていましたがシェバ(か、各国のエースストライカー)であればまず外さないでしょう。

もっと早い時間帯に1-0になったとして、日本はどのような手が打てたのでしょうか。
時間が20分30分あったとして点が取れたのか…
大久保選手を出すタイミングはあそこでしょうか??
前半だけ見てもあまり点が取れそうにない展開、あそこで柳沢選手と鈴木選手を組み合わせても得点の予感は個人的にはしないのですが。。
その後の展開が中田浩二選手の退場という要素で変わったことは理解できますが…

もちろん良かったと思う場面もありました。
中田浩二選手が退場してから30分以上0-0で持ちこたえたことは評価できると思います。
状況にもよりますが、この展開で引き分けに持ち込めればとりあえずは及第点だと思いますので。(PKで1点取られてしまいましたが…)

また、後半見せた中央の中田英寿選手から右の駒井選手へのパスと駒井選手の裏をついてなおかつ場合によっては1対1で仕掛ける動きは、この試合で一番可能性を感じたシーンでした。
これが常時できるようなら攻めのオプションとしてぜひ本大会でも見たいと思いました。

このような攻める形、攻める意思があまり感じられなかったのが残念です。
試合自体は微妙な判定2つが試合を左右した形になりましたが、それは本大会でもあり得ること。
それよりもそうなった時どう動けるかが大事だと思います。

あとは中田英寿選手のプレイ。素晴らしかったです!!!
強く、攻守に献身的に、パスも散らし、シュートも狙う。
まさに大黒柱。
文句のつけようがありません。
ボルトン移籍が少なからず好影響を与えているのであれば…ボルトン様様です。

この試合とりあえずラトビア戦よりは守りという点では良かったとは思います。
特に前半は中田浩二選手の舵取りと各選手の守備意識からあまり危ないシーンもありませんでした。
後半も圧倒的に支配されながらも得点を許さない展開。
ここでどのように日本が点を取るのか、そこがこの試合の最大の課題ではないでしょうか。
この試合もまた個人的にはジーコの選手起用に疑問符がつきます。。
こういった場面で大久保選手というジョーカーを使うべきだと思いますので…

うーーーん、なんとなく消化不良というか、不完全燃焼というか…
そんな試合でした。
これからの日本代表が…ちょっと不安です。。
これが2-1ならだいぶ気分が違ったと思うのですが。。。
もう少しゴールの香り(予感)がする試合にしてほしかった…

posted by FootGuinness at 01:38| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(23) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ウクライナ戦にむけて…



日本代表がキエフ入りしたとのこと。
早速練習があったようですが、先日の練習中に右足小指を痛めてラトビア戦を欠場していた小野選手。
ウクライナ戦の出場を志願していたとの情報もありましたが、試合までに回復して出場できる見込みがないということで、オランダに戻ることになってしまったようです。。

ちょっと残念ですね…
小野選手が入った時の中盤というのも見てみたかったです。
小野選手は特にバランスを取るのがうまい印象なので…

ちなみに10日の練習では、中盤は中村選手、中田英寿選手、稲本選手、中田浩二選手だった模様。
…いいんですけど、松井選手は絶対出してください!!!>ジーコ監督
前回の活躍を見ても松井選手は必要だと思うので。
ただでさえ、これまで召集されなかったのですから、こういう機会に経験を積んでもらえれば必ず来年の本番のためになるはずです!!

ということで小野選手の離脱は残念ですが、ウクライナ戦バッチリ準備してよい結果を!

おまけ
ちなみに11月16日のキリンチャレンジカップの相手は、先日アフリカ予選Group3でカメルーンを退けて本戦出場を決めたコートジボアールに決まりました!!
カメルーンか、コートジボアールか、ということだったようですが、先日の予選の結果を受けて決まったようです。
ということは、ドログバが日本に?!
中澤選手とのマッチアップ?!
これまた楽しみです!


posted by FootGuinness at 02:27| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(7) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

ラトビア戦!!!

ラトビア代表 2 - 2 日本代表
5分 高原【日本】
51分 中村(PK)【日本】
67分 リムクス【ラトビア】
89分 ルビンス【ラトビア】


というわけで、いよいよ待望の欧州遠征の第1戦、ラトビア戦です。
スタメンはだいたい予想通り。
練習で怪我をした小野選手の代わりに松井選手が入ります。
ポジションは左サイド。
そしてキャプテンは中田選手です。

さて試合が開始して、どんな試合を…と思っていたらびっくり、5分に高原選手がロングシュート!!
いきなりゴール!!

というか見逃してました。。
リプレイ見るとGKのポジショニング、良くなかったですね。
非常に天気がよく、逆に太陽で見づらい感じなのでそれも影響してそうです。
そのあたりとポジショニングを考えて狙っていた感がある高原選手も良かったですね、、
ちょっとミス気味だとしてもFWが狙う姿勢と先制点を取ったことはいいですね。

この先制点で日本はだいぶ楽になったようで、序盤試合をコントロールできていました。
中盤の力関係では日本が優位のよう。
こうなると日本がいかに追加点を取って試合を決めるか、どのような試合運びを行うのかがポイントですね。

14分、中村選手がエリア手前でボールを受けてそれをワンタッチで切り返してミドルシュートにいったシーンは見事。中村選手に渡るまでもよくボールが回っていました。

しかし、20分あたりから拮抗した試合展開となります。
お互いに攻め合う展開。
日本代表は流れをつかみきれません。。
ラトビアはセットプレイや速攻からよい攻めを見せます。
背番号9のベルバコフスキスが必ず速攻時に絡んで、日本DFを脅かします。
36分のシュートなどは土肥の好セーブに助けられた形。

5分に先制してからもしばらくは日本優位の展開だっただけに、そこでもう1点取って相手の戦意をそぐ必要があったと思います。
そのまま時間が経ち、ラトビアが日本の攻めに慣れてきた結果、いい試合になってしまったというイメージです。

前半終了間際はどちらかというとラトビアのペースで試合が進み、そのまま前半終了。
前半を見る限りラトビアと日本は戦前から伝えられていた通り日本が上という印象。
ただ、日本はカウンターサッカーを相手にするのを余り得意にしていないのと、試合運びの稚拙さでこのような展開になっている気がします。。
後半いかに流れをつかむか、がポイントでしょうか。

さて、注目されていた松井選手ですが右の中田英寿選手と頻繁にポジションチェンジを行って積極的に攻めに絡むなどいい動きをしていたと思います。
運動量も豊富で頻繁にボールに絡んでいました。
後半も期待です!!

後半どのように戦うのか…と思っていたら、またもや開始直後の6分、柳沢選手がエリア内でボールを受けて前を向き、ドリブルを始めます。
その柳沢選手をDFが後ろから倒してPK獲得!
蹴るのは中村選手、ゴール右上に蹴りこんで0-2!!

ようやく追加点を取りました。
ここからは相手の追撃点を許さずに、さらにこの良いペースを保ったまま試合を進めていくことが大切ですね。。

そして19分柳沢選手と交代で大久保選手が久々に登場!!
ラトビアDFに対してはドリブルが有効のようなので、持ち前のドリブルで切り崩してほしいところです。。

といっていたら、67分左CKからラトビアが高さで合わせます。
これはGK正面でしたがこぼれ球を最後はリムクスに押し込まれて1-2に。。
試合のペースをややラトビアに握りかけられていたところ、セットプレイでやられてしまいました。。
高さでは勝てないのはしょうがないとはいえ、正直抑えたかったところ。。
というか同じ点を取られるにしても、85分を過ぎたところなどならまだいいのですが…
残り時間20分以上ある状態では逆に相手のほうが押せ押せになってしまいますし。。
ここは課題となるのではないでしょうか。

75分、松井選手に代えてアレックス選手、中村選手に代えて坪井選手を投入。
…この交代はどうなのでしょうか。。。
特に松井選手はここまで非常に良かったです。
運動量もまだ落ちていませんでしたし…
アレックス選手を左SBに入れて3バックにして、坪井選手をボランチにいれます。

80分中田選手に代えて本山選手、高原選手に代えて鈴木選手を投入します。
うーーん、、この交代も…
小笠原選手もいませんし、中盤で試合をまとめる人がいなくなってしまった気が…
引っ張る人というか。。。
さらに鈴木選手を入れたということは守り重視だけどあわよくば攻めよう、ということのように思いますが、これは中途半端じゃないでしょうか。
1点を守るために守備の本職を入れるなどしたほうが明確だったと思います。

89分、DFラインでのパス回しをルビンスにカットされ、そのままドリブルから前に出てきたGK土肥をかわすようにループシュートで同点に。。
こうなると日本はこの状況を打開する人がいない気がします。
それは小野選手であり、中田選手であり、中村選手であり、松井選手だと思うのですが。。

ロスタイムは3分でしたが、案の定日本はひたすら攻められます。
非常にきわどいシーンの連続で逆転されたなかっただけでもよし、とするべきだと思うくらいです。

結局試合はこのまま2-2のドロー。
日本代表にとっては…やはりいい試合だったとはとても言えない試合だったと思います。

とにかく試合運びが稚拙だったように思いました。
前半後半ともに開始10分以内に得点を取り、一時0-2とするなど展開としてはこれ以上にないはずです。
しかし、突き放す点がとれなかったこと、交代が全くといっていいほど機能しなかったこと(もちろんオールスターとの関係で選手が揃っていなかったこともあるでしょうが)は大きな課題だと思います。
別に点を取りに行かなくてもいいとは思いますが、それならもっと早く守って2点は取らせない、という戦い方をするべきだったと思います。

また、攻めも2点取ったものの、セットプレイからの得点(PKはとりましたが)。
できれば流れの中から得点を取ってほしかった。
先制点のようなミスをGKが本大会でするとは思えません。

収穫ももちろんありました。
この試合、松井選手は素晴らしかったと思います。
また稲本選手も目立ちませんでしたがうまく相手を潰していたように感じました。

ただ、戦い方次第では間違いなく勝てたはずの試合、それを勝てなかったということをジーコには認識してほしいです。。

さらにカウンターサッカーへの対応もできたわけではありません。
次戦はレベルがさらにあがって対ウクライナ戦。
どのように戦うのでしょうか。。
不安と期待を感じつつ待ちたいと思います。

posted by FootGuinness at 21:36| 東京 ☁| Comment(11) | TrackBack(30) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小野と松井大輔!!その2



ラトビア戦を明日8日に控えた今日の練習、なんと小野選手が怪我…
自力で練習場を後にして病院に向かったようですが、明日のラトビア戦出場は難しそうです。。

その小野選手に代わって出場が見込まれているのが、今回欧州での活躍が認められて久々の召集となったルマンの松井大輔選手。
小野選手の怪我の後、今日もレギュラー組のビブスを着て練習に参加していた模様。
というわけで小野選手の欠場は残念なことこの上ありませんが、松井選手のスタメンはとにかく楽しみ!!

中盤はそんなわけで中村選手、中田選手、松井選手、稲本選手という布陣になりそう。
前回のホンジュラス戦は中盤も含めて前がかりになったところを突かれてやられてしまっています。
その教訓をどう活かすか、ですね。
ただ、中盤のこのメンバーを見ると…みんな攻撃が好きそうですね(笑)
稲本選手と中田選手でバランスを取る形になるんでしょうかね。。。
個人的には攻守のバランスのカギをこの2人に託して試合を観たいと思います!!
もちろん中村選手と松井選手のファンタジーにも期待ですが。

試合の放送はテレビ朝日で19時!!
…19時?!
てっきり22時とか23時キックオフだと思っていましたが…思ったより早いんですね。。
それなら他のヨーロッパ予選とかぶらないのでいいのかもしれませんが。。

とにかく明日は中盤に期待します!

posted by FootGuinness at 02:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

高原選手!!



8日(土)にラトビア戦を控える日本代表ですが、Happyなニュースが。
高原選手が今年のクリスマス休暇にご結婚されるそうです!!
おめでとうございます!!!


お相手の方は既にハンブルグで高原選手を既にサポートしていたこともあるようです。
UEFAカップも1回戦を勝ち抜いていますし、リーグ戦も順調、よい感じですね☆
後は日本代表でもぜひゴールを!!!



posted by FootGuinness at 12:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

久保選手…



個人的に日本代表に一番呼んでほしい(復活してほしい)選手、久保選手がまた怪我をしてしまいました。。。
右股(こ)関節の内転筋肉離れで全治2週間です…
8月にも左ひざを痛めるなど、昨季の故障が大きく尾をひいている久保選手。
どうしても怪我している箇所をかばって、その分の負担が体の別のところにいって…という悪循環なのかもしれません。。。

それでも私は久保選手を待ちたい。。
今この時間はドイツで輝くための試練だと思いたいです…
まさに臥龍。。

ぜひもう一度ジャパンブルーを着て、唯一好きな瞬間というゴールの瞬間をまた味わってほしいです!!!

というわけで微力ながら久保選手の回復をお祈りします。
まだ間に合います!!

posted by FootGuinness at 01:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

日本代表発表!!!



10月に行なわれる日本代表の欧州遠征(10月8日ラトビア戦、10月12日ウクライナ戦)のメンバーが発表に。
かねてから言われていた通り、ルマンの松井選手とマジョルカの大久保選手が召集されました!!
加えてこれまで怪我で召集を見送っていた小野選手も召集!
欧州遠征だけあってヨーロッパ組が多数選ばれています。
メンバーは以下の通り。

GK:楢崎正剛(名古屋)、土肥洋一(FC東京)、川口能活(磐田)

DF:駒野友一(広島)、田中誠(磐田)、坪井慶介(浦和)、三都主アレサンドロ(浦和)、
   茂庭照幸(FC東京)、箕輪義信(川崎)

MF:稲本潤一(WBA)、中田浩二(マルセイユ)、中田英寿(ボルトン)、
   中村俊輔(セルティック)、松井大輔(ル・マン)、小野伸二(フェイエノールト)、
   村井慎二(磐田)、本山雅志(鹿島)

FW:高原直泰(ハンブルガーSV)、柳沢敦(メッシーナ)、大久保嘉人(マジョルカ)、
   鈴木隆行(鹿島)

ただ、メンバーを見ると中澤選手(横浜FM)や宮本選手(G大阪)がいません。
これは10月9日(日)に大分で行なわれるオールスターに出場する選手は疲労などを考慮してジーコが呼ばなかったため。
ジーコ曰く「1,2試合やらなかっただけで連携が崩れることはない。それにサポーターが1年間クラブを応援して投票した結果選ばれた選手にはしっかりプレイをしてほしい」とのこと。
うーーん、難しい問題ですね。。
ただ、来年W杯を考えると中澤選手や宮本選手は絶対に必要だし、恐らくピッチに立っているわけで。
万が一ウクライナとグループリーグで当たったらこの代償は大きいものになってしまいます。
中澤選手もシェフチェンコとやれるのを楽しみにしていたみたいだし‥

大分の方や、当日行かれる方はもちろんこのオールスターを楽しみにされていたでしょうし、ジーコの考え方も正しいと思う反面、来年のW杯で少しでも良い成績を‥と思うのであればドイツと同じ欧州への遠征でワールドクラスとの対戦をすべきだったんじゃないかな、とも思います。
(もちろんナビスコ杯(5日)後に向かう浦和の坪井、三都主両選手のように、オールスター→ウクライナ戦ということも物理的には可能ですが、中2日という日程と疲労などを考えると‥現実的ではないですね。。)

というか色々事情はあったのでしょうが、そんな日程を組んだ日本サッカー協会(ですよね?)にちょっと問題があったんじゃないかな、というのが正直なところです。。
やはりオールスターと日本代表、どちらも日本のサッカー界にとって大切なものですから、それがかぶらないようにするのが責任というか義務なんじゃないでしょうか。
今回はもうどうしようも無いとは思いますが、今後このようなことがないように日本サッカー協会にはぜひお願いしたいところです。。

ともかく、前々から期待していた松井選手と大久保選手がついに召集されました!!(といっても初召集ではありませんが‥)
ここはぜひ!スタメンで起用してもらってどれだけのパフォーマンスを見せてもらえるか、楽しみにしたいと思います!!!
さらに、今回の初召集の箕輪選手にもぜひチャンスを!

posted by FootGuinness at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

コンフェデ杯以来の…



Japan 5 - 4 Honduras (7.9.2005 WED at Miyagi)
 8分 ベラスケス【ホンジュラス】
27分 ベラスケス【ホンジュラス】
33分 高原【日本】
46分 マルティネス【ホンジュラス】
49分 柳沢【日本】
50分 ベラスケス【ホンジュラス】
55分 中村(PK)【日本】
70分 柳沢【日本】
78分 小笠原【日本】


日本が5点取って勝った。
結果だけ見るとそのように言うこともできます。
5-4というスコアが示す通り、乱戦。ここまで取って取られてをやる日本代表も珍しいです。
しかし5点を取って、2度の2点差をひっくり返して勝ったこと自体素晴らしかったと言えると思います。

日本は海外組の主力も全て呼び寄せ、南米やヨーロッパの強豪が予選でしのぎを削る中、一足先にW杯に向けた準備の段階に入ったと見てよいと思います。
ジーコ曰く、「海外組のテスト」という位置づけだったようです。

しかし、前半のお粗末さは見ていられないほどでした。
もうとにかく攻められません。これがアウェイならともかく、ここは日本です。
宮城スタジアムにいる大勢のサポーターが後押しをしているはずです。
相手のホンジュラスは決してW杯常連の強豪とはいえない上に、長旅による時差ボケも手伝って、コンディションが整っているとはいえないはずです。
(もちろん海外組もそういう意味ではそうなのですが…)

その相手に前半あれだけ押し込まれ、しかも3点も取られたこと。
さらに前半先制、中押し、ロスタイムと別々の時間帯に取られたこと。
何より右サイドを中心に完全に崩されての失点だったこと。
これらの問題となったのはゲームの運び方ということになるのではないでしょうか。

ゲームへの入り方、相手に押し込まれている時の体勢の建て直し方、0-2から1点を取り返した後の展開の仕方。ハーフタイムへの入り方。
どれも今日日本がマズかった点だと思います。

後半日本が攻めの意識を持ち、4点を取って逆転につなげたことは素晴らしいことだと思います。
最終的に勝利を手にしたことも、あくまでも結果が全ての世界ではOKとなるでしょう。
しかし、この時期は勝利も大事ですが、それ以上に内容を伴った試合をすることが大切だと思います。
極論を言えば、チームとしてW杯のためにも達成すべきテーマがあり、それが達成できれば親善試合をやった意義はあると個人的には思います。
たとえ、その試合で負けてしまったとしても。

この試合を通して日本が得たものはなんでしょうか?
海外組のFWが点を取れたことは収穫だと思います。
やはりFWは点を取ってナンボだと思いますし。
では、他には?海外組の連携は??4バックの連携は???
カウンターへの対応は?
前々からよく言われている上記課題に対して何か答えが見つかったでしょうか?

後半疲れたホンジュラスから4ゴールをあげたことより、列強とは言えないホンジュラスに前半ホームで3点取られたことを考えるべきだと思います。
今日の逆転劇はホンジュラスが1-3もしくは2-4になった後、きっちり守る力が無かったことも少なからず貢献していると思います。
他の南米、欧州の強豪はあの場面攻めて同点を許したでしょうか??
本大会で日本は少なくとも2カ国のホンジュラス以上の強豪とグループリーグで対戦するはずです。
その時今日のような展開に持ち込めるでしょうか。
…正直あまりいい想像ができません。

批判することは簡単で、あまり良くないことだとわかっていますが、今日の試合を観た後出てきた思いはこんなものでした。。(私が悲観的でイヤな奴なのかもしれませんが…)

もちろん先ほども書いた通り、FWの得点はうれしかったですし、中田選手と中村選手のポジションチェンジや、効果的なパスが健在だったのは好材料だと思います。
これから2人のコンビネーションが合ってくればなお日本にとって強力な武器になることは間違いありません。

この良かったことに加えて、今日の反省を秋のウクライナ戦などや、さらにその先にある本大会で活かしてもらえれば…
同じ過ちを繰り返さなければ。。。
その時、今日のホンジュラス戦が大きな試合だったと、無駄ではなかったといえるのではないでしょうか。
というわけで、色々悪いことばかりここまで書きましたが、この試合の評価を出すのはもう少し先にしたいと思います。
この試合がW杯に向けた大きな1試合になることを願って…

posted by FootGuinness at 03:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ホンジュラス戦開催決定!!



本日宮城スタジアムで開催が予定されていた親善マッチ日本代表-ホンジュラス戦。
折りしも日本列島は今年最大の台風14号上陸に見舞われ、しかも進路が北を向いているということでその開催が危ぶまれていました。
しかし、本日日本サッカー協会は予定通り開催することを決定しました!

よかったですね〜
今回はコンフェデ杯以来の海外組召集ということで、皆が期待していましたし、これで海外組も来たかいがありましたね。(特にボルトンに渋られた中田選手は)
舞台は整いました!
後は内容を伴った結果を見せてほしい!!!
キックオフは19時20分です。

posted by FootGuinness at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。