2005年12月17日

CL抽選…



めっちゃ久しぶりの更新…
またぼちぼちいきます。

とりあえず速報ってことで…
CLの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が本日行われました。
結果は…信じがたいことに。

チェルシー − バルサ
レアル − アーセナル
バイエルン − ミラン
PSV − リヨン
アヤックス − インテル
ブレーメン − ユベントス
ベンフィカ − リバプール
レンジャーズ − ビジャレアル

…あり得ない組み合わせの順番に並べてみました(笑)
左がグループリーグ2位通過のチーム。
右がグループリーグトップ通過のチームです。
1位と2位が当たるように、さらにグループリーグの1位2位同士の対戦と同国対決はなし、という条件で抽選が行われた結果ですが…

ほんっとうにあり得ない。
最初に目に飛び込んできたのが一番上のカード…
去年の組み合わせかと思いました(笑)

またかよ!と。
上3つの対戦は全て準決勝や決勝でも全然おかしくありません。
でも…これってレッズチャンス?!(笑)
連覇への見えざる手が働いているような気が。。。

再開は2月、決勝トーナメント1回戦が終わった後には再び抽選が行われます。
こりゃぁ楽しみだ。。。
どの試合を見るのか相当悩みそうですが…
何とか試合の開催日をうまくバラけるようにしてください>UEFAさん

posted by FootGuinness at 01:05| 東京 ☀| Comment(39) | TrackBack(8) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

気がつくと…



自宅でひたすら仕事をしていて気が付くとこんな時間。。
テレビに目を向けると…CL始まってる!!
マンUは?!と思ってつけながら仕事していると…
開始早々スコールズがゴール!
いきなり動いた!!
これでマンU有利か?と思ってたら…ホームのベンフィカが逆襲。
気が付くと1-2。。。
しかも1点目なんてものすごいダイビングヘッド。
さらにゴールが決まった瞬間のスタジアムの歓声が。。。
テレビで見ているだけなのにステレオで包まれるように聞こえてびっくりしてしまいました(笑)
ちょっとお得な気分になりました。

ここからマンUどうなる?どうするマンU??
さぁ、勝負の後半!と言いたいところですが、そろそろ寝ないと…
一睡もしないのはさすがに仕事に影響が出そうなので。。
あ〜でも見たいな。。

posted by FootGuinness at 05:51| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

CL グループステージ第5節速報!!!A

23日のCL結果です!


GroupE
フェネルバフチェ - 4 ACミラン
シャルケ04 3 - 0 PSV

 ミラン大勝利!!
 シェバが4発ですか?!
 やっぱミランはこうでなきゃ…ですね。
 PSVとの嫌な2戦を払拭する大勝!
 で、そのPSVはと言うと…シャルケに大敗。。
 こちらもレヴァン・コビアシュヴィリが2PKを含むハットの活躍!
 これでPSVはあっという間にグループ3位転落…
 ミランとシャルケが勝点8、PSVが勝点7という混戦に。。。
 この3チームの三つ巴のまま最終節です!
 そして…最終節はミラン−シャルケ!
 現在1位2位の直接対決…見逃せませんね。。


GroupF
ローゼンボリ 1 - 1 オリンピアコス
レアルマドリード 1 - 1 リヨン

 既にレアルとリヨンが勝ち抜けを決めている中での直接対決。
 結果はドローでリヨンが1位通過を確定させました。
 レアルは先制したんですが…カリューにやられてしまいましたね…
 オリンピアコスではリバウドがゴールを決めたようです。


GroupG
リバプール 0 - 0 ベティス
アンデルレヒト 0 - 2 チェルシー

 リバプールがベティスとドローで勝ち抜けが確定しました!!
 とりあえず一安心です。
 チェルシーはクレスポとカルバーリョのゴールで前半15分で早々に試合を
 決めてしまったようです。。
 これでチェルシーも勝ち抜け確定。
 次節はチェルシーホームでのリバプール戦!!
 双方グループ首位を目指しての戦いとなります。
 まぁ、順当な結果ですね。。

)
GroupH
FCポルト 1 - 1 レンジャーズ
インテル 4 - 0 アルトメディア

 インテルはミランに対抗したわけではないでしょうが、4点取っての圧勝!
 こちらはアドリアーノがハットの活躍だったようです!!
 インテルは悠々と勝ち抜けを確定、焦点は2位争いですが…
 レンジャーズが勝点6、アルトメディアが勝点5、ポルトが勝点4と大混戦!
 2位のレンジャーズがホームながらインテルとの対戦、もう1試合はアルト
 メディアホームでのポルト戦ですね。
 リーグ戦絶不調のレンジャーズですがどうでしょうか…


強豪と呼ばれるチームが軒並み力を発揮した感じですね。
それにしてもシェバもアドリアーノも凄まじいですね…
次は12月6日、7日ですが注目はなんといってもGroupD,GroupEです!
2位はおろか、1位も決まっていない状況。
やはりミランとマンUには残ってほしいところですが…
予断を許しません。
スカパーにはこの2グループの2試合とも中継してほしいところです!!

posted by FootGuinness at 08:40| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(14) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

CL グループステージ第5節速報!!!@

早速22日の速報を!!
…ってもう全然速報じゃないですね。。。


GroupA
ユベントス 1 - 0 クラブブルージュ
バイエルンミュンヘン 4 - 0 ラビドウィーン

 …バイエルン強すぎですね。。
 ユーべもしっかり勝って2チームなかよくグループリーグ突破確定ですね。
 ホント鉄板だったなぁ。。
 バイエルンはマカーイが2点、ユーべはデルピエロが決勝点!!
 これは嬉しいですね!!
 次節はGroupAの放送無かったりして(笑)


GroupB
トゥン 0 - 1 アーセナル
アヤックス 2 - 1 スパルタプラハ

 既にグループリーグ突破を決めているアーセナルがまた勝ちました。
 こんな順調なアーセナル、本当に珍しい(笑)
 1点はピレスのPK、しかも88分…勝ち方はギリギリでした(笑)
 アヤックスもデヨングの後半の2点でスパルタプラハを下して勝ち抜け決定!
 終わってみれば当初本命視された2チームで決着ですね。


GroupC
バルセロナ 3 - 1 ブレーメン
パナシナイコス 1 - 2 ウディネーゼ

 バルサがまたも勝ちました。
 本当に強い。
 この間のクラシコもそうでしたが負ける気がしないのではないでしょうか…
 どこが止めるんでしょうかか。。
 W杯予選の悔しさを晴らした感じですね。。
 ラーションが点を取っています!何となく嬉しい!!
 注目の2位争いですが、ウディネーゼがイアキンタのゴールもあって勝利!
 これでウディネーゼが勝点7で一歩リード!
 次節引き分けでも勝ち抜け確定!…ですがホームながらバルサですね…
 ブレーメンとパナシナイコスは勝点4同士!
 勝たなければ脱落決定!
 面白い最終節になりそうです!!


GroupD
リール 0 - 0 ベンフィカ
マンチェスターユナイテッド 0 - 0 ビジャレアル

 2試合ともスコアレスドロー。
 ということで、ビジャレアルが勝点7で1位。
 以下、リールとマンUが勝点6で2位。
 ベンフィカが勝点5で4位。
 全チーム1位になれます。
 次節はベンフィカとビジャレアルがホームゲーム。
 崖っぷちのマンUはどうなるのか?
 このグループも面白い!!…けど不安。。
 (マンU−ビジャレアルの記事はこちら


グループA、グループBとグループC、グループDは対照的ですね。。
グループAとグループBは2位も含めて確定。
グループCは2位争いが大混戦。
そしてグループDは全くわからず。
とりあえずマンUには抜けてほしいのですが…
次は12月7日です!!

posted by FootGuinness at 23:13| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(5) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ChampionsLeague 第5節 スカパー観戦記@

MANCHESTER UNITED 0 - 0 VILLARREAL (22.11.2005 TUE GroupD)


今日は祝日、CL三昧で行こう、と思いきやまさかの仕事…
ここまで結果も見ずに頑張ってきました(笑)
スカパーもグループリーグ突破が決まったアーセナル戦などは夜の枠にしたようですね。
というわけで注目のマンU戦を。

先日キーンが退団して、激震に襲われたマンU。
リーグ戦では悪いながらも勝って迎えたCL。
こちらも非常に悪い状況で、この試合の結果と他の試合の結果次第では9年連続のグループリーグ突破の記録が潰える可能性も…
マンUとしてはホームできっちり勝点を取って最終節につなげたいところ。

一方のビジャレアルは大黒柱のリケルメが欠場。
現在首位で、この試合に勝てれば一気にグループリーグ突破が近づくところですが…

序盤はマンUがボールを細かくつないで、前線のファンニステルローイを絡ませようとする戦術がうまく回ります。
リーグ戦でも大車輪の活躍だったルーニーがうまくアクセントになっていますね。
こういう試合のルーニーは強そうですねぇ。。

途中スタジアムの様子が映りましたが、目を引いたのが下のような垂れ幕。
KEANE 1993-2005 RED LEGEND
うーん、やっぱりキーンは偉大だったんだな、と改めて感じました。
まぁ、マンUで12年プレイするだけで十分偉大なのは当然かもしれませんが…
ファンに愛されていたことを感じました。
事実、先日のキーンのリオなどへの痛烈なコメントもファンからはある程度支持を得ていたようですしね…

38分シルベストレがエリア手前で微妙なファウル。。
接触があったかどうか…というシーンでこれにサポーターが反応!
一気にヒートアップ!!

FKは壁に当たり、そのこぼれ球もマンUの選手にあたりましたがその度に大歓声!!
そこから前半終了までマンUサポーターのテンション上がりっぱなし(笑)
試合には直接は関係ありませんが、面白いなぁ…と。。
ブーイングと歓声と…
これってプレミアシップの持ち味ですからねぇ。
何だか見ていて面白かったというか、イイ気分になりました。

前半は0-0のまま。
マンUがずっと攻めていましたが、ビジャレアルのDFもよく集中して守っていました。
エリア内の選手にボールがよく入るのですが、シュートを打たせない!
エリア外からのシュートはありますが、エリア内ではDFが素早くボールがおさまる瞬間を狙ってクリアなどいいディフェンスをしています。
考えてみると昨季のビジャレアルは固い守備も売り物でしたしね…ちょっと納得です。

後半スタートでの交代はなし。
…と思っていたらファーガソンが早めに動きます。
52分フレッチャーに代えてパクチソンを投入します。
攻撃を活性化させようという狙いですね。
フレッチャーより明らかにパクチソンの方がいいでしょうからね。。

59分ルーニーがドリブルから右に開いたところ、エリア中央にパクチソンが走りこんで来て、そこへ絶妙なパスがルーニーから出ます!
これは行ったか?!と思いきやまたしてもシュート寸前にスライディングによるクリア!!
うーん、ビジャレアルのDF集中してますね。。。

64分左のオシェイからのゴールに向かってまいていくようなクロス、これが絶妙にDFラインの裏に出るクロス!
DFラインギリギリにいたニステルローイ、ルーニーが触れず、さらにそのままゴールに入ってもおかしくないようなボールでしたがゴールのわずか右に外れます。
しかし惜しいシーンでした。
ニステルローイかルーニーが触っていれば1点でしたが…

67分右のブラウンからのクロスに意外とヘディングをよくやるCロナウドが頭で合わせてシュート!!
フリーでしたがこれはゴール左に外れます…

72分長い怪我から回復したばかりのギャリーネビルがブラウンと交代で出ます。
ブラウンよりもチャンスメイクができるであろうギャリーネビルに期待、ということですね。
3ヶ月ぶりの出場にさすがにマンUサポーターからは大歓声!!
これでリズムと雰囲気が変わりますか。。

77分ビジャレアルも動きます。
イエローをもらっている&疲れがあるタッキナルディに代えてホシコを投入。
サイド運動量のある選手を入れてカバーを、ということでしょうか。

81分マンUは最後のカードを切ります。
アランスミスに代えてルイスサハを投入。
サハも太ももの裏側を痛めて長らく戦列から離れていました。
今シーズン初の公式戦とのこと。。
1回仕事をすればいいとはいえ、すぐに試合に入っていけるでしょうか…
なお、サハ投入によってルーニーが少し下がってトップ下のような位置に。
サハとニステルローイの2トップとなります。

84分25mゴール正面からのFK、ルーニーが蹴るか、Cロナウドが蹴るか、というシーンでしたが、ルーニーが譲ります。
…が、これはゴールの遥か上。。
せめて枠に飛ばしてくれ、というのがマンUサポーターの願いでしょうか…

85分ビジャレアルが交代。
フィゲロアに代えてシスコを投入。完全な守備固めですね。

86分スローインからサハが落としてつないだボール、ルーニーがエリア手前でボールをもらい、DFを交わしてシュート!!
しかしこれも枠の上。どうしてもビジャレアルのディフェンスを崩せません。

追加タイムは3分。
しかし91分エリア手前でパクチソンがドリブル中に倒され、FKをマンUが得ます。
もう残り時間も少ない中、最後のチャンスかも…
先ほどはCロナウドが蹴って枠外。
ここはニステルローイが準備します。
壁は6枚。
ニステルローイがニアサイドに低いボールを蹴りますがこれは壁に当たってCK。
CKも実らず。

このまま試合は終了。スコアレスドローという結果に終わりました。
終わった直後、マンUサポーターからはキーンコールが…

この試合はとにかくビジャレアルのディフェンスの堅さが光りました。
マンUは終始攻めていましたが、決定機と言える決定機は無し。
エリア内でのシュートもあまり無かったように思えます。
全てうたれる前に対応していました。

また、ロングボールやライナー性のボールも足でうまく落として近くの味方につなぎます。
マンUの選手が高い位置でプレッシャーをかけてもCKやスローインにすぐに逃げずにこれまた近くの味方へつないで確実に前線へ。
ビジャレアルをちゃんと見たのは始めてでしたが、こんなに堅い堅実なプレイをするチームだったとは…

リーグ戦はルーニー&ニステルローイで勝てましたが、この試合はその2人も含めて押さえ込まれていました。
チーム状態自体は決して良くないマンU、それがもろに出てしまった感じですね…

まだグループDのもう1試合の結果はまだ知りませんがマンU相当厳しいですね…
しかも次はアウェイでベンフィカ。。
勝たなければならないマンUですが…
かたやビジャレアルはホームでリールと。

最後まで目が離せないグループD。
何とかマンUの意地を見せてほしいところです!!!


posted by FootGuinness at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ラウールが…



まずは心配なニュースから。
レアルのラウールが左ひざの負傷で全治2ヶ月、検査の結果手術となるとさらに2ヶ月復帰までにかかる怪我を負ってしまいました。
ラウールは双子のお子さんが生まれたばかりだったのですが残念な怪我となってしまいました。
クラシコでラウールが怪我をしてしまい、さらに屈辱の敗戦、レアルにとっては踏んだり蹴ったりですね。。。

2ヶ月ということは早くても復帰は1月末、手術となるとCLの決勝トーナメントにも間に合わなくなりますね。。
W杯まで響かなければいいのですが…
やはりラウールのいないスペイン代表は寂しいですしね。
1日も早い回復を祈りたいです!!

さて、まだクラシコもオールドファームダービーも見れていなにも関わらず、22日(火)、23日(水)はCLの日。
困りましたね…
さらにさらにバーミンガムボルトンが今夜。。
嬉しい悲鳴ですね。

CLですが強豪と言われるチームが着実に週末のリーグ戦で勝っているようです。
勝って気分よくCLに臨めそうなのはチェルシー、リヨン、バイエルン、ユーべ、アーセナル、バルサ、リバプール、マンUなどなど。
ただ、混戦となっているGroupEのミランがリーグでフィオレンティーナに敗れているのが気になりますね…
ちなみにPSVは4-4という壮絶(そうな)試合でドローでした。

他にもクラシコに敗れたレアル、そしてまさかの敗戦の(らしいといえばらしいですが…)インテルはきっちり勝って、バランスを崩さないようにしたいところ。
う〜ん、楽しみです!!!

posted by FootGuinness at 01:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

リヨン!!!

OLYMPIACOS 1 - 4 OLYMPIOUE LYONNAIS (2.11.2005 TUE GroupF)
  3分 ババンギダ【オリンピアコス】
 41分 ジュニーニョベルカンブカーノ【リヨン】
 44分 カリュー【リヨン】
 55分 ディアラ【リヨン】
 57分 カリュー【リヨン】


どうもここまでリヨンの調子がすこぶるいい感じ。
しかしここまでちゃんと見たことがなかったのでこのあいだのオリンピアコス戦を見てみました。

41分のジュニューニョベルナンブカーノのFK。
もう本当にここしかない、というコースを通しました。
5人の壁の一番右の選手と右から2番目の選手の間を通し、GK手前で落ちてワンバウンドしてゴール右下隅ギリギリに入るシュート。
噂にたがわぬ正確さですね。。
確かにこれがブッフォンだったり、チェフ、ファンデルサールだった場合は決っていたかどうかわかりませんが…

さらに44分GKからのロングボールをオリンピアコスDFの処理がまずく、エリアすぐ外でカリューがボールを拾い、左足でシュート!!
このスキを見逃さないプレイはさすがカリューといったところですね。。

55分カウンターからカリューがオフサイドラインを抜け出してシュート!
これをGKが弾きますがデイアラがフォロー、無人のゴールに決めて3点目。
ここはカリューのオフサイドラインからの抜け方がうまかったですね。
前のボールに気を取られた一瞬をうまく利用しました。

そしてその余韻が残る57分、ジュニーニョのFKからカリューが頭で合わせたところ、そのシュートがオリンピアコスDFの頭に当たり、コースが変わってゴール!!
この怒涛の攻めは凄いですね。
息をつかせない、というか、流れにうまく乗るというか。。
野球で言うところのフォアボール後の初球を狙う、みたいな(笑)
わずか15分の間に4点取ってしまいましたから…

試合はこれでほぼ決まりですからね…
この一気に試合を決めるというのは、リバプールやアーセナルもぜひ見習ってほしいかもしれません…(笑)

守備も固く、あまり決定的なシーンを許さないですし、攻撃は迫力ある…
この試合は特にカリューが元気だったように思います。
これにこの試合途中出場のヴィルトールやジュニーニョなどなど。
確かに強いですね。。

この試合は結局1-4で快勝。
次の11月23日サンティアゴベルナベウでのレアルマドリーとの試合、そこでレアルとどのように戦うのか、そこで真価に問われることになりそうですね。。

今後もリヨンの活躍には期待したいと思います!!
理想は決勝トーナメントでPSVとの再戦で!!!(笑)



posted by FootGuinness at 02:43| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

CL グループステージ第4節速報!!!A



早速2日の速報を!!


GroupA
ユベントス 2 - 1 バイエルンミュンヘン
クラブブルージュ 3 - 2 ラビドウィーン

 2強対決はホームユーべがリベンジ。
 しかもスコアはきっちりお返しの2-1、これで完全に痛みわけですね。
 トレゼゲが2点ですね。
 クラブブルージュも連勝で望みを残しました。
 ラビドウィーンは脱落、クラブブルージュがどのような戦いをこれから
 見せるのかがポイントなりそうです。


GroupB
トゥン 2 - 4 アヤックス
アーセナル 3 - 0 スパルタプラハ

 アーセナルが完勝でグループリーグ突破を確定。
 アヤックスも勝って後は1,2位を争うだけですね。
 アーセナルはあとどちらか1試合を引き分けるだけで1位が確定します。
 ここはほぼ終戦ということで…
(アーセナル-プラハの記事はこちら


GroupC
バルセロナ 5 - 0 パナシナイコス
ブレーメン 4 - 3 ウディネーゼ

 バルサ完勝。
 強すぎますね。
 エトーがハットトリックですか…
 W杯予選の悔しさを晴らした感じですね。。
 残り3チームは全て勝点4で並ぶ展開ですね…
 大混戦で面白そうです!
 案外バルサとの対戦が終わっているパナシナイコスが有利かも?!


GroupD
リール 1 - 0 マンチェスターユナイテッド
ベンフィカ 0 - 1 ビジャレアル

 ここ最近調子が悪いマンUが何とリールに敗北…
 ビジャレアルも勝ってここは1位から4位まで大混戦。
 ビジャレアルが勝点6で首位、リールとマンUが勝点5で2位、ベンフィカが
 勝点4で4位。
 あと2試合どこも気を抜けませんね…
 ここも面白くなってきました。


第4節は波乱が多く、面白くなってきましたね。
特にGroupDとEは完全に混戦。
ミランやマンUといった本命視されてきたクラブも巻き込んでの争いは注目です!!

posted by FootGuinness at 15:11| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(8) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ChampionsLeague 第4節 スカパー観戦記A

ARSENAL 3 - 0 SPARTA PRAHA (2.11.2005 TUE GroupB) 23分 アンリ【アーセナル】
 82分 ファンペルシ【アーセナル】
 86分 ファンペルシ【アーセナル】


ここまで3連勝でCLでは絶好調のアーセナル。
この試合勝って一気にグループリーグ突破を決めたいところです。

この試合リーグ戦を欠場したアンリがスタメン、レジェス、ベルカンプ、ピレスも出られるようで少しメンバーが戻ってきた感がありますね。。
後はコール、リュングベリ、フレブを待つ感じでしょうか。
あとGKがレーマンではなくアルムニアとなっています。
レーマンは多少背中の痛みをうったえており、ムリはさせないということのようです。

試合開始前から雨が強く降っており、ピッチコンディションはあまり良くないようです。

13分左のレジェスから中央のアンリへ、アンリからエリア内へ軽い浮き球のパス!
これにベルカンプが反応して、ワンタッチでエリア内にいた右のピレスへ、ここでピレスはワンドリブルを入れてベルカンプにリターン!!
ワンツーのような形になってベルカンプがフリーでシュート!!
もこれは惜しくもゴールバー直撃!!
アーセナルらしい流れるようなパスワークからのシュート、美しかったです。
決っていれば完璧だったのですが…

さらに15分またも左から前線のベルカンプへのロングパスが通ってGKブラゼグと1対1…という場面でしたがこれはGKブラゼグがボールをキープ。ただ、アーセナルにゴールの予感はプンプンします。

さらにさらに17分右のピレスが股抜きで1人抜いて中央のベルカンプへ!
ベルカンプはフリーでシュートを打つもうまく当たらず。。。

23分中央やや右のベルカンプから左にいたジウベルトシウバへを経由してピレスへ、ピレスはヒールで流してシウベルトシウバとワンツー…となるところアンリが来ていたのでアンリに譲ってそのままシュート!!
これがインサイドで巻いてゴール右隅に吸い込まれていくように入る素晴らしいシュート!!
アーセナルが先制します。

それにしてもアンリのシュート、エリアからやや離れた位置から絶妙のコースを通しました。
その前のパス回しもエリアの外幅10mくらいでの見事なボール回し。
なんとなくアーセナルらしさが戻ってきたのかも…
見ていてため息が出るような。。

25分スパルタブラハがショートコーナーからの強烈なミドルシュート!!
DF陣をすり抜けて飛んできましたがアルムニアがうまくセーブ。

32分アーセナルのカウンター、ベルカンプがボールを運び、3対3の形。
十分DFを引きつけて右のレジェスへ、レジェスがそのままシュート!!
しかしこれはGKが弾いてセーブ。

44分左のアンリから浮き球のパスで右のベルカンプへ、これをスラディングしながらダイレクトで折り返すもこれはコントロールしきれずGKがキープ。
しかし攻めの形としてはいい感じでした。

前半はこのまま1-0で終了。
ちなみにボールボゼッションはアーセナル68%、プラハ32%!!
すごい差ですね。。
シュート数は8対6でそれほど差が無いのですが…

53分アンリ自らのドリブル突破で得たFK、蹴るのはアンリ。
右足で巻いて左上に飛ぶ素晴らしいシュートでしたが、これはGKブラゼグが右手一本でセーブ!
シュートも素晴らしかったですが、ブラゼグのセーブが光るシーンでした。

63分スパルタプラハがエリア内の選手へ浮き球パス、この選手が倒され、PK?!となるもこのプレイはオフサイド。少しヒヤっとするシーンでした。。

66分アンリに代えてファンペルシを投入。アンリはまだ怪我の状態が気になるところですからね。。
ムリはさせない、ということでしょう。

その直後ファンペルシがファウルを受けFKを蹴るもこれはGKブラゼグ正面。強烈でしたが。

72分プラハのFKからのカウンター。素晴らしいスピードでレジェスがボールを運び、右にいたピレスへ!
ピレスはそのままエリア内に入ってシュート!!
しかしこれはゴールバーの上。
しかしスピードに乗った素晴らしいカウンターでした。

72分ピレスに代えてセスクが入ります。

74分ファンペルシがファイルをもらい、ゴールほぼ正面25mあたりでFK。
蹴るのはレジェス。左足でゴール右上を狙いますがわずかに外れます。

76分プラハが左サイドでローレンを抜いてペトローシュがフリーでヘディングシュート!
これはゴールの上に外れましたが危ないシーンでした。。

79分中央のレジェスから右にいたベルカンプへ、ベルカンプはワントラップからシュート!
これも枠を外れますが、いいシュートでした。

81分、相手DFのフィードをレジェスが足に当て、それがカウンターパスのようになります。
ボールをベルカンプが拾い2対1の状況に。
ベルカンプは右にいたファンペルシにパス、ファンペルシはドリブルを選択し、時間がかかってDFが4人になりますが左足を振りぬいてゴール!!
アーセナル待望の追加点を取りました!

82分レジェスに代えてエブエが入ります。

86分ベルカンプから上がってきたエブエ、エブエが持ち込んで中へパス!
これがファンペルシに渡り左足でシュート!
ゴール左隅に決って3点目!!

87分ジウベルトシウバがGKを交わしてシュート、これはDFに当たりますがそのこぼれ球にベルカンプ!!
これもDFに当たってしまいますが、もうアーセナルの独壇場になってきました。。

このまま試合終了。アーセナル完勝です。
これで4連勝、アーセナルのグループリーグ突破が確定しました。

先日のスパーズ戦の後半からアーセナルの良いサッカーが戻りつつあるように感じます。
特に前半は良かったです。後半は少し足踏みしましたが…
試合としては追加点こそ余りはいらなかったものの危なげない展開。
この調子でリーグも決勝トーナメントもいってほしいものです。。

後はリュングベリ、フレブ、コールの復帰を待って、またあの楽しいサッカーを見せてほしいところです!!

posted by FootGuinness at 14:34| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

CL グループステージ第4節速報!!!@

1日の速報をどうぞ!


GroupE
PSV 1 - 0 ACミラン
シャルケ04 2 - 0 フェネルバフチェ

 前節PSVが昨季4強の意地を見せて混戦に持ち込んだと思ったら、今節はなんと
 ホームでミラン相手に勝利!
 ミランはリーグでユーベに土をつけてのっているかな、と思ったのですが…
 シャルケも勝ったのでこのグループはますます混戦模様…
 PSVが勝点7でトップ、ミランとシャルケが勝点5、フェネルバフチェが勝点4
 と1節で順位があっという間に入れ替わりかねない展開。
 これは…最終節までもつれそうですね。。


GroupF
ローゼンボリ 0 - 2 レアルマドリード
オリンピアコス 1 - 4 リヨン

 レアルとリヨンがアウェイながら完勝。
 特にリヨンはアウェイながら4点ですか…
 なんかリヨンがチェルシーに見えてきました(笑)
 得点力あり、ウリエ効果なのか守備も崩れない…
 これでリヨンは4連勝で早くも勝ち抜け決定です!
 レアルもあと勝点1を積めば確定。
 ここは波乱はなさそうですね。
 後はレアルがリヨンとどう戦うか、だけですね興味は。


GroupG
リバプール 3 - 0 アンデルレヒト
ベティス 1 - 0 チェルシー

 もう2強で決まり!と思っていたら…
 ベティスがチェルシーに正真正銘の今季初黒星をつけました!!
 試合は見ていないのですがチェルシーが攻めてベティスが耐える展開ではなく、
 チェルシーの調子自体非常に良くなかったようです。。
 最近試合多いですからコンディションが厳しかったのかもしれません。
 ベティスもリーグで良くないのですがホームで意地を見せました。
モウリーニョが何とコメントしているのかが楽しみです(笑)

 リバプールは完勝。モリエンテスのゴールが嬉しいですね。
 (試合の記事はこちら

 これでチェルシーが勝点7、ベティスが勝点6、トップはリバプールで勝点10と
 なっています。
 これでカギを握るのは次節のリバプール-ベティスですね。
 ここでリバプールが引き分けるとリバプールは勝ち抜け確定ですが、ベティス
 もそうなると苦しくなるため簡単にはそうはさせないでしょう…
 とりあえずこのベティス-チェルシーを後ほどゆっくり見ることにします。
 Stop the Chelseaはこんなところに!!


GroupH
アルトメディア 2 - 2 レンジャーズ
インテル 2 - 1 FCポルト

 インテルは前節の雪辱!
 これで勝点9となり、他のチームが足踏みのため非常に楽になりました。
 突然負ける悪い癖が出なければグループリーグ突破は問題なさそうです。
 2位争いは混沌としています。
 アルトメディアもレンジャースも決め手に欠けますね…
 案外ポルトが来る可能性も?!


正直言ってまさかチェルシーが負けるとは思っていませんでした。
リバプールが勝ったので、チェルシーも勝って2チームのグループリーグ突破が確定したと思っていましたから(笑)
ミランもまさかの負けでさらに混戦度がアップですね。。
シャルケもフェネルバフチェもモチベーションが保てる展開だけにまだまだ目が離せませんね…
後はとにかくリヨンの強さが目立ちます。
決勝トーナメントで真価が問われるのでしょうが。。

2日の注目カードですが‥
やはりグループAのユベントス−バイエルンとグループDのリール−マンUですね。
どちらを見るか悩むところです。。


posted by FootGuinness at 07:31| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(12) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ChampionsLeague 第4節 スカパー観戦記@

LIVERPOOL 3 - 0 RSC ANDERLECHT (1.11.2005 TUE GroupG)
 34分 モリエンテス【リバプール】
 61分 ルイスガルシア【リバプール】
 89分 シセ【リバプール】


ここまでグループリーグ2勝1分とリーグとは違って順調なリバプール。
ホームということもあり、この試合も勝って一気に勝ち抜け!といきたいところ。

先発はモリエンテスとクラウチという高さのある2人のツートップ。
モリエンテスもクラウチもここまで結果が出ている、とは言いがたいだけにこの試合で何とかきっかけを掴んでほしいところ。

試合はホームということもあり、また力関係からリバプールが攻めてアンデルレヒトは守る展開。

32分右サイドのフィナンからのクロスにモリエンテスがうまくゴール前に出てボレー!
しかしGKが至近距離ながら正面だったこともあり好セーブ!!
さらにこのこぼれ球をクラウチが狙うもゴール右に外れます!
それにしてもモリエンテスがうまく合わせました。惜しい!

34分ジェラードからのパスを右に開いてうまくDFラインの裏に抜け出したモリエンテスが胸でのトラップからファーサイドに素早くシュート!!
これが左サイドのネットを揺らす見事なゴール!!
リバプールが先制!
モリエンテスは久々のゴールではないでしょうか。
CLでは予備選でゴールがありましたがグループリーグに入ってからは初ゴール。
シュートのコースも見事ながらそこまでのトラップしてシュート体制に入るまでがうまいゴールでした。
このゴールでモリエンテスが復活!!となってくれると最高なのですが…

前半は1-0で終了。

後半3分CKからキャラガーがフリーでヘディングシュートもこれはGKがセーブ。

51分モリエンテスに代えてゼンデン投入。
これで左サイドをやっていたルイスガルシアがトップに、ゼンデンが左サイドに入ります。
ここまでモリエンテスが良かっただけにこの交代は怪我か、まだコンディションが上がりきっていないか、でしょうか。。
もうちょっと見ていたかったところですね。
ゼンデンはゼンデンで見たいのですが…

61分フィナンから早めのクロス、これにエリア内でゴールから一番遠い位置のルイスガルシアがヘディングで合わせ、これがファーサイドのサイドネットに吸い込まれてゴール!
かなり遠いところからのヘディングシュートでしたがよく入りました。
半分運もあったのでしょうが…(笑)

69分アンデルレヒトはセルハトに代えてイェストロビッチを投入。
71分リバプールもクラウチに代わってシセが入ります。

74分イェストロビッチが一発レッドカード。
プレイで何かあったわけではありませんんが、シソッコと競った後何か言ったようで、その発言を主審のニールセンさんが真横で聞いていてレッドとなったようです。
このイェストロビッチ入ったばかりだったのですが、すぐに退場…
こうなるとますますアンデルレヒトは厳しいですね。。

78分まだ怪我から完全回復となっていないジェラードを早めに下げ、代わりにハリーキューウェルを入れます。
今シーズンキューウェルを見るの始めてです。
コンディションはどうなんでしょう?
個人的には好きな選手の1人なのですが…

79分左サイドからのクロスにシセとルイスガルシアが合わせます!
が、これは2人が重なり気味でうまく合わず。。

86分シセがドリブルからシュートもGKがセーブ。

88分キューウェルがドリブルで持ち込み、DF2人が立ちはだかりエリア内に入るか入らないかのところシセが追い抜くように走っていき、DF2人の背後に行ったシセにパス(こぼれ球?)でGKと1対1に!!
これを難なくシセが決めて3-0!
試合は決りましたね。
キューウェルとしては自分で決めたかったシーンですが…

試合はこのまま3-0で終了。
リバプール完勝です。
シュート数も24-7、SHOTS ON GOAL も11-2と差がついてしまいました。
これでCLグループリーグの勝ち抜けはまず間違いないところ。
後はリーグでもこのような試合をやってくれることを願うばかりです(笑)
何はともあれレッズいい感じの試合でした!!
次はホームでのベティス戦です!!!

posted by FootGuinness at 07:02| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

CL グループステージ第3節速報!!!A



というわけで19日の速報をどうぞ!!


GroupE
ACミラン 0 - 0 PSV
フェネルバフチェ 3 - 3 シャルケ04

 ミランはPSVの守備を崩せなかったようですね。。。
 PSVは昨季4強の面目躍如というところでしょうか…
 フェネルバフチェはシャルケに終始リードを許すも追いついてドロー。
 アウェイで3点取るとはシャルケもすごいですが。。
 というわけで両試合ともドローでこのグループも混戦になってきました。。
 特にミランはホームでドローとなり、2試合連続。
 なかなかすんなり行きそうにないグループですね。
 カギを握るのは次節のPSV-ミランでしょうか‥


GroupF
レアルマドリード 4 - 1 ローゼンボリ
リヨン 2 - 1 オリンピアコス

 レアルとリヨンがきっちり勝ったようですね。
 レアルはリーグもCLも調子があがってきたんでしょうか…
 リヨンはこれで3連勝。
 次節にもグループリーグ突破かもしれません。
 磐石ですね。
ウリエなのに…(笑)


GroupG
アンデルレヒト 0 - 1 リバプール
チェルシー 4 - 1 ベティス

 2強がともにきっちり勝ちました。
 ほぼこのグループは終戦ですね。
 それにしてもチェルシーときたら。。。
 ここ最近は破壊力と守備力が高次元で融合していますね。
 まだ止まりません。。
 リバプールは手堅い。
 昨季からCLのアウェイほんっとに固いですね。
 ベティスは…入ったグループが悪かったですね。。


GroupH
レンジャーズ 0 - 0 アルトメディア
FCポルト 2 - 0 インテル

 インテルが負けるとは思いませんでした…
 突然ポカっと負けてしまうあたりインテルっぽいというばインテルっぽいですが(笑)
 これでこのグループも混戦ですね。。。
 次節のインテルホームでのポルト戦の結果いかんでは。。(密かに期待しています!)
 アルトメディアとレンジャーズの次節のリターンマッチも含めて注目ですね。。


というわけで今節で各グループの動向がだいたいわかってきましたね。。
鉄板はGroupA、F、G。
1位突破チームほぼ確定はB、C。
混戦がD、E、Hですね。

3連勝のバイエルン、アーセナル、リヨンはほぼ確定でしょう。

次節の注目カードは‥
今回の裏返しなので前回と一緒ですが
やはりグループAからユベントス−バイエルン、ユーベ雪辱なるか?!
グループDからリール−マンU、マンU引き続き大丈夫か?!今度はアウェイ…
グループEからPSV−ミランの第二ラウンド。
グループHからインテル−ポルト、インテルがここでも落とすと…
といったところですね。

次節も期待しています!!

posted by FootGuinness at 08:56| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(10) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

アンリ!!

SPARTA PRAHA 0 - 2 Arsenal (18.10.2005 TUE)
21分 アンリ【アーセナル】
74分 アンリ【アーセナル】


リーグ戦で苦戦が続くアーセナル。
しかしCLではここまで連勝と上々のスタート。
アウェイですがこの試合も勝って3連勝としてグループリーグ突破に一気に弾みをつけたいちころ。

もともとこの試合残り30分くらいでアンリを投入すると公言していたアーセナルのベンゲル監督。
しかし、レジェスが開始早々から激しいチャージを受け、15分に腰を痛めて交代に。
代わって入ったのがアンリ。

そして…早速入った6分後の21分、トゥレからのロングパスを見事なトラップでコントロール、自分の後ろにボールを落とすとすばやく反転してボールをキープし、エリアすぐ外から右足アウトにかけるように捲いたシュート!!!
これがGKの手をあざ笑うかのようにゴール左に吸い込まれてアーセナル先制!!
入って7分でこの仕事。
しかもシュートは芸術的。
見事でした。
やはりアンリは役者が違うな、と。。。

このゴールでアンリはイアンライトが持っていたアーセナルのクラブ通算ゴールレコードに並ぶことに。

さらに74分、今度は右サイドのピレスからDFラインの裏に出るアンリに合わせる素晴らしいスルーパスとなるクロス!
このボールを抜け出してアンリがキープし、DF2人のマークをドリブルとフェイクで外し、GKも右を抜くシュートで2点目!!!
ピレスのパスも素晴らしかったですが、アンリの落ち着きぶりもまた見事でした。
これで通算得点は単独クラブレコードに。

アーセナル全体としてはピンチを多く迎えるなど課題が多い試合でした。
まだまだ不安が残りますし、正直グループリーグ突破以後今のままでは勝ち抜けないでしょう。
ただ、まだグループリーグです。
グループリーグの突破は堅いですし、後は決勝トーナメントまで徐々にコンディションをあげれば…
アンリの存在はやはり唯一無二。
これに周囲が噛み合ってきて、怪我人も回復してくれば面白い存在になるかも…

見ているとまだまだアンリもベストコンディションとは言えないでしょうが、これから徐々にあがっていくことを期待したいと思います!!

というかチェルシーのDFを翻弄できるのはアンリしかいない!!
(↑これが言いたかった(笑))
改めてアンリの凄さを感じた試合でした。

posted by FootGuinness at 23:17| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL グループステージ第3節速報!!!@



GroupA
バイエルンミュンヘン 2 - 1 ユベントス
ラビドウィーン 0 - 1 クラブブルージュ

 注目の2強対決はホームバイエルンが先勝。
 前半の2点をきっちり守っての勝利。
 昨季グループリーグの雪辱を果たしました。
 次は逆にユーべホームでの対戦。
 この結果で1位2位が決りますね。。
 クラブブルージュは勝ちましたがグループリーグ突破となると…



GroupB
アヤックス 2 - 0 トゥン
スパルタプラハ 0 - 2 アーセナル

 リーグ戦で敗れ、状態が良くないアーセナル。
 アウェイでどのように戦うのか、と思っていましたがスタメンにアンリの名が!
 出てこられるとは…びっくりしました。
 試合はそのアンリが素晴らしい先制ゴール!!
 やはりアンリがいると違いますね…
 で、アーセナルは3連勝。
 リーグでは良くないのですが、CLだと堅いですね。。。
 今年はグループリーグは問題ナシですね。
 2位争いはアヤックスが完勝の模様。
 これでアヤックスは2位争いに残りました。
 2位争いは最後までもつれそうです。



GroupC
パナシナイコス 0 - 0 バルセロナ
ウディネーゼ 1 - 1 ブレーメン

 2試合ともドローですね。
 パルサは3連勝ならず。
 ただ、グループリーグ突破は堅いですね。
 パナシナイコスとウディネーゼはともに勝てず、同点2位ですね。
 ブレーメンは残り3試合で勝点3差をはね返せますか。。
 


GroupD
リール 0 - 0 マンチェスターユナイテッド
ビジャレアル 1 - 1 ベンフィカ

 この試合もルーニーが出場停止で使えないマンU。
 アウェイでスコアレスドローなら…しかたないかもしれません。。
 ここまでマンU5ポイント、ベンフィカ4ポイント、ビジャレアル3ポイント、
 リール2ポイントと見事な階段のような順位。
 ここはまだまだわからないですね。。
 マンUの状態が良くないだけに首位逆転も十分にあるかも?!



今節もグループA〜Dで大きな波乱はなし。
というかドローが多かった印象ですね。
アーセナル、バイエルンはあと1勝でグループリーグ勝ちぬけがほぼ確定するところまで着ましたね。
次のユーべ-バイエルンでユーべがどう戦うのがやはり注目、というか楽しみです!!
グループDは混戦になりそう。
波乱があるとするとこのグループDかもしれません。

さて、明日のグループE〜Hの注目カードは…
やはりグループGのチェルシー-ベティスとミラン-PSV!
ベティスの攻撃陣がチェルシーを崩せるのか?アウェイですが…
そして昨季4強の再現ミラン-PSV、昨季の雪辱をPSVが果たせるのか?!
PSVはメンバーがだいぶ変わって苦しいとは思いますが。。。
明日も楽しみです!!


posted by FootGuinness at 07:46| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(8) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ChampionsLeague 第2節 スカパー観戦記A

Ajax 1 - 2 Arsenal (28.9.2005 TUE GroupB)
 2分 リュングベリ【アーセナル】
 69分 ピレス(PK)【アーセナル】
 71分 ローゼンベリ【アヤックス】


いきなりグループBの大一番、アヤックスがホームにアーセナルを迎えます。
前節アウェイとはいえ引き分けているアヤックス。
トップ候補のアーセナルを走らせないためにも勝っておきたいところ。

しかし、この大一番残念ながら非常に怪我人が多く、正直両チームともコマが揃っていません。
アーセナルはアンリ、ベルカンプ、ジウベルトシウバなど。
さらに第1節の厳しすぎる判定で出場停止のファンペルシ、昨年の出場停止を引きずっているレーマンなど。。。
アヤックスも今季好調の大黒柱スナイデルが怪我で欠場。
ちょっと楽しみが半減です。。。
しかし、この試合の重要性は変わりません。

アーセナルは特にFWに人がいないため、前線はレジェスとなんとリュングベリ!!
びっくりしました。
フレブが右、怪我をおしてピレスが左、中盤はフラミニとセスクというフレッシュコンビ。
この2人のコンビは楽しみです。
このまま成長してくれれば恐るべきコンビになるはずです。

さて試合ですがいきなり動きます。
開始2分、中盤で出足よくボールを奪ったフラミニがボールを奪い、レジェスへ。
レジェスが中央でDF2人を引きつけて、その左側でエリア内へ入っていくリュングベリにスルーパス!!
これが見事に通ってフリーでGKと1対1、タイミングをうまく計って浮かし気味のシュートをゴール右隅に入れてアーセナルが先制!!まさかこんな早く点が入るとは…
非常にきれいなカウンターでした。
アーセナル幸先の良いスタート。
しかしこの2人でこんなに早く点を取るとは思っていませんでした(笑)

このゴール、アーセナルのCL100得点目とのことです。70試合で100得点…多いのか少ないのか。。
他にはレアル、マンU、バルサ、ユーべ、バイエルン、ミラン、ポルトらしいです。
確かにアーセナル点をとるイメージですが…アンリのイメージですかね。。

27分なかなか攻めてがなかったアヤックスですが、ブハリがミドルを狙います!
このシュートをGKアルムニアが前にこぼし、ハリステアスが詰めます!!
しかしこれはアルムニアが落ち着いて先にボールをキャッチ。
いいシュートと詰めでした。

44分、カウンターでブハリがライン裏に抜けようという動き、これを切り返して逆サイドでフリーのピーナールに出しますが、このシュートは枠の上。
非常に惜しいシーンでした。

前半はこのまま0-0。
得点シーンを除くとどちらも大きなチャンスは少ない展開。
アヤックスはやはりスナイデルがいないと厳しいのかも…と思ってしまうような展開。。
アーセナルは可もなく不可もなく、ですね。
先制したもののもう1点がほしいのは間違いありません。
後半どうでますか。

ちなみにここまでで面白かったのはアーセナルの左サイド(アヤックスの右サイド)、アシュリーコールとバベルの争い。
どちらもスピードがあり、攻めが好きなタイプ。
前半には、見事なコールの1対1からのフェイントもありました。
後半も期待です!!

50分バベルが強烈なミドルシュート!何とかアルムニアが弾きましたが非常にいいシュートでした。
その後ややアヤックス押し気味に攻めますが決めてまではいかず。。

そして67分、セスクからレジェスの見事なスルーパスが通ります。
このボールを受けたレジェスがエリア内でGKフォンクと1対1に。
ここでフォンクがレジェスを倒してしまい、PK!!!
しかもフォンクにイエローカード。抗議したガラセクにまでイエロー。
リプレイで見てみると…レジェスが役者だった、ということで(笑)
確かにフォンクの体に当たっていますが、レジェスもよける気はさらさらなかったな、と。
ま、FWとして当然といえば当然ですが。。

ともかくアーセナルは2点目のチャンス!
PKを蹴るのはこの試合怪我をおして出場のピレス。
これをきっちりゴールに沈めて0-2!

アーセナルにとっては大きな追加点、アヤックスにとっては腹立たしい失点。。

その悔しさが乗り移ったのでしょうか、中盤でボールをまわして前がぽっかりと空いたガラセクへ。
ガラセクが素晴らしいミドルシュートを放ちます!!
これは惜しくも右ゴールポストにあたりますが、ゴール前に跳ね返ったボールにローゼンベリがしっかりと詰めて無人のゴールへ!

あっという間に1点を返して1-2!!
スタジアムも盛り上がります!!
それにしてもガラセクのシュートは見事でした。
イエローカードの悔しさをぶつけたのでしょうか。
詰めたローゼンベリにトゥレも止めに行っていたのですが間に合わず。

81分、元アヤックスユースのオヴスアベイエがレジェスと代わって入ります。
地元オランダのU21で、ワールドユースでの活躍は記憶に新しいところです。

この頃になるとアヤックスが1点取って余裕が出てきたのか、しっかりとボールをキープして回し、崩すような攻撃が見られるようになってきました。
ただ、決定機まではいかないのですが。。。

逆に言うとアヤックスは攻めてはいますが決め手に欠ける、というか。。
この状況を打開すべく、アヤックスは84分エマニウソンに代わってファンフランを投入します。

アーセナルも87分PKを決めたピレスに代わってクリシーが入ります。
アーセナルは終盤あまり攻める機会が少なくなりました。
カウンターは狙っているようですが、このまま逃げ切ろうという姿勢が見られます。

ロスタイムは5分。
ですが、アヤックスはボールを放り込むことが多く、あまり効果的に攻めていないように見えます。
アヤックスは94分フレブに代わってシガンを投入し、さらに守備を固めます。

結局試合はこのまま終了して1-2。
これでアーセナルは2試合で勝点6、早くもグループリーグ突破が見えてきました。
アヤックスは勝点1とまだ2試合消化時点ですが非常に苦しい状況に追い込まれてしまいました。
両チームともキレているな!というプレイが少なく重そうな印象。
エースを欠き、怪我人を多く抱えているチーム事情から仕方ないのかもしれませんが…
そんな中連勝したアーセナルはいいスタートと言えるのではないでしょうか。
アンリにはゆっくり休養してもらい、グループリーグ突破後に爆発を期待したいところ(笑)

次節は10月18日、後がないアヤックスはホームにトゥンを迎えます。
ここで勝点3を取れなければ事実上アヤックスのCLは終わることにもなりかねません。
スナイデルきっちり出場できればいいのですが。。。
一方のアーセナルはアウェイでスパルタプラハ戦。
ここで勝点を取れればグッと突破が近づきます。

両チームの明暗が分かれた試合でした。
でも、とりあえずアーセナルの勝利を祝います!!
posted by FootGuinness at 01:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

CL グループステージ第2節速報!!!A



GroupE
シャルケ04 2 - 2 ACミラン
フェネルバフチェ 3 - 0 PSV

 ミランは勝ちきれませんでした。
 開始1分にセードルフのゴールで先制も3分後には同点‥
 さらに後半勝ち越し後もリードは11分しか持たず、見事なミドルを決められて同点。
 結局ドローとなりました。
 シャルケにとっては負けは許されない状況だったため、何とか次戦以降に望みを
 つないだ格好。
 ただ、PSVがアウェイとはいえ、完敗しています。
 やはり主力の放出による戦力ダウンは如何ともしがたいのでしょうか‥
 ともかくミランの首位は固そうですが、2位争いは熾烈を極めそう。
 一番激しい2位争いになる予感も‥
 今日見た感じではシャルケもいいチームに見えましたし。



GroupF
レアルマドリード 2 - 1 オリンピアコス
ローゼンボリ 0 - 1 リヨン

 レアル勝ちました!
 この試合万が一のことがあると相当ヤバかったのですが‥
 ただ試合内容は決して誉められる内容ではなかったようです。
 86分になんとか勝ち越しという状況‥
 まだまだ今後も不安を残す内容ですね。
 リヨンはきっちり勝点3。
 早くも磐石の様相を呈してきました。
 このグループはレアルを巻き込んだ2位争いが焦点かもしれません。



GroupG
リバプール 0 - 0 チェルシー
アンデルレヒト 0 - 1 ベティス

 リバプールチェルシーはスコアレスドロー。ある意味順当な結果(笑)
(よろしければ詳細はこちらをご覧ください。)
 ただリバプールもチェルシーもやはり強いな、と思わせる内容でした。
 ベティスは嬉しいCL初勝利。
 2位に食い込むためには次節のチェルシー戦で勝点が欲しいところですが‥



GroupH
インテル 1 - 0 レンジャーズ
FCポルト 2 - 3 アルトメディア

 インテルがきっちり勝って連勝スタート。
 イメージにはないのですが、イタリアっぽい勝ち方ができたとすると今季は
 上位に行けるかもしれません(笑)
 そして‥ポルトはまさかの連敗スタート。
 正直アルトメディアに負けるとは‥
 アルトメディアといえば確かにセルティック相手に派手な(笑)試合をしたチームですが‥
 これで2位争いはレンジャーズとアルトメディアが一歩先を行く形に。
 ポルトは非常に苦しいですね。。
 アルトメディアがスコットランド勢を再び押さえるのか?!
 ちょっと注目です!



というわけで全体的には今回も順当かと。
ポルトが連敗したことが一番の以外ですね。
注目していたリバプール−チェルシーは内容が濃いいい試合でした。
そして第二ラウンドが今週末に(笑)
こちらも注目ですね。

リヨンとインテルは連勝で突破が早くも濃厚です。

次節の注目カードは‥
やはりグループAからバイエルン−ユベントス、首位対決ですね。
グループCからウディネーゼ−ブレーメン(2位争い!)、
グループDからマンU−リール(不安なマンU大丈夫か?!)
グループEから熾烈な2位争いのフェネルバフチェ−シャルケ、
グループGからチェルシー−ベティス(ベティスの攻撃はどこまで通用するのか?)
グループHからレンジャーズ−アルトメディア(2位争い!)
といったところですね。
一杯ありますが‥

次節も期待しています!!

posted by FootGuinness at 06:05| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(6) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ChampionsLeague 第2節 スカパー観戦記@

Liverpool 0 - 0 Chelsea (29.9.2005 WED GroupG)


グループGの大一番、グループリーグの対戦の中でもユーべ−バイエルン戦に並ぶくらいのカードですね。
今季は何回この対戦が見られるんでしょうか。
リーグで2回、このグループリーグで2回、理想はさらにCLでもう2回、FAカップで1回、カーリングカップで1回…となりますが。。。
個人的には名勝負の仲間入りをしていますので、今シーズンもこの両雄の対戦に期待したいと思います。

さて、舞台はすんごい雰囲気のアンフィールド。
歓声がすさまじい。
とてもグループステージとは思えない感じ。
昨日ユーべの試合はガラガラだったとのことですが、この試合はどう見ても超満員。
リバプールの選手はさぞ頼もしいはず。
ここほどサポーターは12人目の選手という言葉がハマるスタジアムもないですね。

スタメンですが、リバプールはモリエンテスが欠場で、トップはクラウチ、シセはやや下がって右に入ります。トップ下にジェラードを入れて、中盤の底はハマンとシャビアロンソです。
チェルシーはドログバのワントップで、クレスポはベンチスタート。
右にダフ、左にロッベンといういつもの布陣。

オープニングシュートはチェルシー(のはず)。
8分にシャビアロンソがエッシェンに対して自陣でファウル、FKでランパードが狙います。
シュートはゴール左下に正確にコントロールされますがGKレイナがセーブ!


お返しとばかりに9分リバプールのトラオレが右サイドを駆け上がり、エンドラインぎりぎりのところからクロス!
このボールにクラウチとGKが競ってボールがこぼれます!…が、これはクラウチのファウル。
続いて11分にもFKからクラウチの頭を狙ってのボールが入ります。

クラウチがいる限り、ゴール前の制空権は基本的にはクラウチが握りそう。
昨年在籍していたサウザンプトンとチェルシーの対戦でもやはりチェルシーDF陣は明らかにクラウチの高さに手を焼いてました。
リカルドカルバーリョやテリーに対してもこれだけ圧倒できるとは…やはり素晴らしい武器ですね。
足元も結構うまいですし改めていいFWだな、と。
リバプールとしては攻めの1つのオプションとしてこのクラウチの高さを活かす方針のよう。

18分、FKからクラウチの頭でボールを落とし、ゴール中央でヒーピアの足元へ!
フリーか?!という場面でしたがドログバが付いていて、これは何とかクリアにつなげます。
さらに20分ゴール左でハマンが粘ってボールキープ!
DF2人をかわしてグラウンダーを中央に入れますが、これは惜しくも触る選手がいませんでした。

ここまでリバプールはホームということもあり、積極的に攻めます。
まだ好調時のジェラード、シャビアロンソを中心とした早いテンポの攻めはまだ見られませんが、クラウチの高さを積極的に使ってうまく攻めています。

23分クラウチがトップから下がってきてボールを受け、背にいたテリーと1対1を挑みます。
自陣の方を向いたクラウチ、テリーを背にしてボールを受け、反転してテリーを抜きにかかりますが、これはテリーがシャットアウト!!
一瞬の勝負でしたが見ごたえがありました。

31分リバプールゴール前にあがったボール、ドログバとGKレイナが競り、ボールがこぼれます!がこれはドログバのファウル。
さらに32分ロッベンが右サイド速攻で持ち上がりゴール前のあがりを待ちつつシャビアロンソと1対1になりますがシャビアロンソがきれいにシャットアウト。
素晴らしい対応でした。
連続して32分ロッベンがもう一度右サイドから攻めます。
今度はヒーピアが対応しますが今度はキレイに抜かれ、そのままシュート!!
これはGKレイナがセーブしますが、チェルシーチャンスでした。
それにしてもシャビアロンソとヒーピアの対応、30秒ほどの間にほぼ同じ場面でしたが対照的なシーンでした(笑)

42分、43分続けてトラオレが左サイドからのボールを頭でクリアしようとしてボールに触れず、裏を取られかけるプレイが出ます。
ちょっと…というか非常に不安。。
チェルシーはサイドの人材が豊富なだけにこういったプレイ1つが命取りになりかねません。
何とかトラオレの悪癖治してほしいところですが…

45分、ロスタイムなしでハーフタイムへ。
ここまでのこの試合、素晴らしく面白いです。
グループリーグというよりはベスト16以上での対戦といった感じの緊張感。
お互いよく知っているもの同士、だけど一瞬のほころびを探しながらの勝負といった感じでしょうか。
正直もうちょっとお互い引いた試合になる可能性もあると思っていたのですが…
お互い積極的に攻めているのが好試合の要因ですね。

前半のスタッツは、シュートリバプール5(枠内:1)本、チェルシー3(枠内:2)本、ポゼッションはリバプール48のチェルシー52です。
ここから見てもほぼ互角ですね。
後半開始時のメンバー交代はなし。

50分、リバプール陣内のエリア手前でドログバが倒されてFKを得ます。
蹴るのはランパード、直接狙うか、と思いきやサインプレーで左サイドに抜けたロッベンに。
ロッベンがグラウンダーを入れようとしますが

51分、中央をルイスガルシアが割ってはいり、エリア内でフリー!という場面でしたが一瞬早くGKチェフがクリアします。
ただ、パオロフェレイラがルイスガルシアを引っ張っていたなどぎりぎりのプレイでした。

53分右サイドからのクロスにドログバが頭で合わせますがこれは枠の上。
ただ、DF2人に囲まれながらシュートを打たれてしまったのはちょっと

55分GKレイナからのパントをクラウチが頭で落とし、このボールがルイスガルシアの足元にうまく納まります。これはCKとなります。
やはりこの高さは魅力的。理想のポストプレイができますね。
CKを蹴るのはジェラード、このボールにハマンが頭で合わせます!!シュートはゴールに向かいますがギャラスが何とか外に出します!
…しかしこのプレイはリプレイで見ると明らかにハンド(笑)
リバプールにとっては惜しいシーンでした。

チェルシーは立て続けにイエローカードをもらいます。
まず59分頃ロッベンがフィナンを引っ張ってイエロー。
さらに61分頃ランパードが激しいタックルをシセにしてこれもイエローとなります。

64分チェルシーが動きます。
ロッベンに代えてショーンライトフィリップス。フィリップスが右に入り、ダフが左に移ります。

67分代わって入ったばかりのフィリップスが右サイドをドリブルであがろうとしますが、シャビアロンソが正対してシャットアウト。
前半の対ロッベンに引き続いてのディフェンス面での光るプレイ。
ここまでディフェンスがうまいとは正直思っていませんでした(笑)

74分ダミアンダフに代えてクレスポを投入。
すっかりドログバと交代でクレスポ投入だと思っていたのでびっくりしました。
2トップでエッシェンを左か?
それともドログバが左か…
前の記事でも書きましたがモウリーニョの采配は面白いです。
選手が複数ポジションできる(ように鍛えているのでしょうが)のを最大限活用し、様々なオプションを使ってきます。
場面場面に合わせて色々な型を使えるというのはチームにとっては強いと思いますし、見ていて楽しいですね。
これぞ監督の仕事!という気もします。

リバプールも77分、シセに代えてベティス戦で先制ゴールをあげたシナマポンゴルを投入。

82分、右深くはいったシナマポンゴルがエンドライン際うまく残して中央へ!
ルイスガルシアが合わせる直前に何とかクリア!
そのクリアボールをシャビアロンソがミドルシュート!!
これはチェフがセーブしますが、どうやら両チーム通じて後半初の枠内シュートだった模様。
すさまじい両チームのディフェンス力ですね。。
そもそもシュートに至ること自体少ないのが凄い。。。

88分テリーがシャビアロンソに激しくタックルしてイエローカード。
89分ドログバに代えてフートと投入します。

ロスタイムは2分。
91分にジェラードがFKから狙いますがこれは枠の上。
これが最後のプレイでこのままスコアレスドロー

まず、とにかくチェルシーの守備の強固さが改めて見られました。
特にこの試合が引き分けに終わった要因だったと個人的には思っていますが、ルイスガルシアに仕事をほとんどさせなかったこと。
特にエリア内では2、3人であっという間に囲んでシュートを打たせませんでした。
リバプールの攻守の切り替えは非常に早いほうだと思いますが、チェルシーの中盤も含めた攻守の切り替えも抜群に早く、リバプールが速攻で攻めるシーンをかなり摘んでいました。
これはここまでリーグ戦1失点というのも頷けます。

対するリバプールもホームということもありますが積極的に攻めていました。
この日はクラウチを中心にシセ、ルイスガルシア、ジェラード、ハマン、シャビアロンソなどが攻めて点を取ろうという意思が見えました。
クラウチは後半疲れからが消えてしまいましたが、それでも攻めの姿勢が変わらなかったのは評価できると思います。
やはりこの日も中盤ではチェルシーに決してヒケを取っていませんでしたし。

お互い0-0ということで最低ラインはクリア、といったところでしょうか。
これで一番割りを食ったのはアンデルレヒトとベティスかもしれません。
次節は、リバプールがアウェイでアンデルレヒトと。
チェルシーはベティスをホームに迎えます。
ベティスの攻撃力はチェルシーに通用するのか?これまた楽しみです。

そして、何より今週末のプレミアシップ、何と今日と同じ舞台同じカードです。
スカパーの解説で粕谷さんも言っていましたが、中3日で同じテンションを保って試合できるかはわかりませんが、この両チームの対戦となると別のスイッチが入って熱い試合になる、というのを期待したいところです。

いきなり第2ラウンドが予定されていますが、まずはCLでは勝点1ずつを分け合う形となりました。スコアレスドローながら非常に見ごたえのある楽しい試合でした。
また週末に期待です!!!

posted by FootGuinness at 05:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

CL グループステージ第2節速報!!!@



GroupA
ユベントス 3 - 0 ラビドウィーン
バイエルンミュンヘン 1 - 0 クラブブルージュ

 今節も順当な結果に。
 これで2強がともに連勝。
 次はバイエルンがホームにユベントスを迎えます。
 このグループは波乱ナシだと思って良さそうです。
 後は直接対決をどう戦うか、ですね。。
 お互い全力で行くところでもないので…
 それにしてもユーベ強いです。。。



GroupB
アヤックス 1 - 2 アーセナル
トゥン 1 - 0 スパルタプラハ

 ここのところあまり結果の出ていないアーセナル。
 このアヤックスとのアウェイ戦はこのグループを勝ち抜けるかどうかの試金石になると
 思っていましたが、何とか勝ちましたね。
 この試合見るつもりだったのですが見られませんでした。。。
 トゥンは嬉しいCL初勝利。
 アーセナルが一歩抜け出し、アヤックスとトゥンがそれを追う展開。
 スパルタプラハは次節のホームアーセナル戦に勝たないと2位の芽もなくなるかもしれません…
 状態が悪いながらに勝ったアーセナル、今年は久々に苦戦せずにグループリーグ突破となるか?!



GroupC
バルセロナ 4 - 1 ウディネーゼ
パナシナイコス 2 - 1 ブレーメン

 バルサは完勝。
 ロナウジーニョがハットトリックの大活躍。
 前半1-1から一気に突き放した格好です。
 ブレーメンは連敗スタート。
 2位争いが凄まじいものになりそうな予感…
 カギを握るのはグループリーグ突破確定後のバルサの戦い方かも?!
  


GroupD
マンチェスターユナイテッド 2 - 1 ベンフィカ
リール 0 - 0 ビジャレアル

 週末リーグ戦で黒星を喫し、ルーニーも出場停止で使えないマンU。
 ベンフィカ相手に勝点3を確保して一息ついた模様。
 しかしこの決勝点は85分にCKからのこぼれ球をファンニステルローイが決めてのもの。
 薄氷の勝利だった模様。。
 さらにここも2位以下の争いが難しいものになりそう。
 ただ、ビジャレアルが2引き分けながらマンU戦とアウェイ戦を終えての成績のため
 やや有利なような気もしますが…
 皆にチャンスがありそうでまだまだわからないグループDですね。



というわけで、今節のグループA〜Dも波乱はなし。
アーセナルがアウェイでアヤックスに勝ったことはグループBの中で大きな意味を持つとは思いますが‥
同じようにグループCでバルサがホームとはいえウディネーゼに大勝したことで、バルサの1位はほぼゆるぎないものになった気がします。
グループAは予想通り鉄板。しかもこんなに固い鉄板も珍しいくらいの鉄板(笑)
一番難しそうなのはやはりグループDでしょうか‥

さて、明日のグループE〜Hの注目カードは…
やはりグループGのリバプール-チェルシー。
これは見逃せない‥
後はシャルケ-ミラン、レアル-オリンピアコスでしょうか。
シャルケがミランにホームでどのように戦うのか、レアルは果たして大丈夫なのか??
に注目です。
あとリヨンがローゼンボリ相手に連勝できるかもポイントですね!!

posted by FootGuinness at 08:44| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(6) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

決戦前の悲喜こもごも…



いよいよ今日(27日)明日(28日)CL05/06シーズンのグループリーグ第2戦が行われます。
決戦を前に各国リーグ戦では各チームがそれぞれ悲喜こもごもの結果となったようです…

まずは笑ったチーム。
セリエAからはミラン、インテル、ユベントス。
プレミアシップからはチェルシー。
リーガからはバルセロナ、レアル、ビジャレアル。
リーグ1からはリヨン、リール。
ブンデスリーガからはシャルケ、ブレーメン。
エールデビジからはPSV、アヤックス。
ポルトガルスーペルリーガからは、ポルト、ベンフィカ。
トルコからフェネルバフチェ。
ギリシャからオリンピアコス。
ノルウェーからはローゼンボリ。

続いて微妙なチーム。
プレミアシップのリバプール、アーセナル。

そして泣いたチーム。
セリエAからはレッジーナにアウェイで0-2で敗れたウディネーゼ。
プレミアシップからはホームでブラックバーンに敗れたマンU。
リーガからはバルサと対戦したベティス。
ブンデスリーガからは高原がいるハンブルガーSVにアウェイで2-0と完敗したバイエルン。
首位ハーツとの対戦に破れたレンジャーズ。

さあ、この結果がどうでるか。。
ここから予想するのも楽しいかもしれません。

ショックが大きいのは…マンUとバイエルン、ウディネーゼ、レンジャーズでしょうか。
ベティスはバルサ相手だから切り替えられるかもしれません。
アーセナルもスコアレスドローはいただけません。。。
グループFの4チーム、レアル、ローゼンボリ、リヨン、オリンピアコスは無失点で勝利とのこと。レアルは真価を見せられるのか?!

個人的にはリバプール-チェルシーで、チェルシーに今季初の土がつくことに期待しています(笑)
何はともあれ第2戦が始まります!!!

posted by FootGuinness at 02:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

ルーニーが‥



9月14日、チャンピオンズリーグの第1節ビジャレアルとの対戦で、審判の判定を不服として暴言を吐き、退場となってしまったマンチェスターユナイテッドのウェインルーニー。
その処分が決まりました。
暴言で2枚目のイエローというせいもあってか、CLで2試合の出場停止処分を受けることに‥

問題のプレイは、イエローカードを主審ニールセンさん(フランスW杯でベッカムにレッドカードを出したあの方です!)に出され、不服に思ったのか軽く文句を言った後、小馬鹿にするように拍手をしました。
それをニールセンさんは審判に対する侮辱と受け取り、2枚目のイエローで退場となりました。
噂ですと退場処分となってピッチを去る時も暴言を吐いていたとか‥

この件をFIFAが調査し、上記のような処分となったようです。
正直、この処分マンUにとっては痛いです。
次の2試合はベンフィカ戦とリール戦。
ともにホームゲームなのがせめてもの救いですが‥

ルーニーの才能もパフォーマンスも文句ないのですが、キレてしまう点が今のところ最大の欠点だと思います。
激しい気性は闘争心という意味では決してマイナスとは思いませんが、コントロールできずに退場処分+出場停止となると話は別です。
これがグループリーグ最終戦とかだと、次はトーナメント1回戦2試合欠場ということになっていたことになります。
マンUは比較的楽と言われるグループということもあって今回は致命的なことにはなりませんでしたが‥
上品にオトナになれとは言いませんが、退場とかにならない程度のコントロールができるようになってほしいところです。

来年のW杯でも同じことにならなければいいのですが‥
少し心配です。。。
ま、ルーニーらしいといえばルーニーらしいのですが(笑)

posted by FootGuinness at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。