2005年11月23日

ChampionsLeague 第5節 スカパー観戦記@

MANCHESTER UNITED 0 - 0 VILLARREAL (22.11.2005 TUE GroupD)


今日は祝日、CL三昧で行こう、と思いきやまさかの仕事…
ここまで結果も見ずに頑張ってきました(笑)
スカパーもグループリーグ突破が決まったアーセナル戦などは夜の枠にしたようですね。
というわけで注目のマンU戦を。

先日キーンが退団して、激震に襲われたマンU。
リーグ戦では悪いながらも勝って迎えたCL。
こちらも非常に悪い状況で、この試合の結果と他の試合の結果次第では9年連続のグループリーグ突破の記録が潰える可能性も…
マンUとしてはホームできっちり勝点を取って最終節につなげたいところ。

一方のビジャレアルは大黒柱のリケルメが欠場。
現在首位で、この試合に勝てれば一気にグループリーグ突破が近づくところですが…

序盤はマンUがボールを細かくつないで、前線のファンニステルローイを絡ませようとする戦術がうまく回ります。
リーグ戦でも大車輪の活躍だったルーニーがうまくアクセントになっていますね。
こういう試合のルーニーは強そうですねぇ。。

途中スタジアムの様子が映りましたが、目を引いたのが下のような垂れ幕。
KEANE 1993-2005 RED LEGEND
うーん、やっぱりキーンは偉大だったんだな、と改めて感じました。
まぁ、マンUで12年プレイするだけで十分偉大なのは当然かもしれませんが…
ファンに愛されていたことを感じました。
事実、先日のキーンのリオなどへの痛烈なコメントもファンからはある程度支持を得ていたようですしね…

38分シルベストレがエリア手前で微妙なファウル。。
接触があったかどうか…というシーンでこれにサポーターが反応!
一気にヒートアップ!!

FKは壁に当たり、そのこぼれ球もマンUの選手にあたりましたがその度に大歓声!!
そこから前半終了までマンUサポーターのテンション上がりっぱなし(笑)
試合には直接は関係ありませんが、面白いなぁ…と。。
ブーイングと歓声と…
これってプレミアシップの持ち味ですからねぇ。
何だか見ていて面白かったというか、イイ気分になりました。

前半は0-0のまま。
マンUがずっと攻めていましたが、ビジャレアルのDFもよく集中して守っていました。
エリア内の選手にボールがよく入るのですが、シュートを打たせない!
エリア外からのシュートはありますが、エリア内ではDFが素早くボールがおさまる瞬間を狙ってクリアなどいいディフェンスをしています。
考えてみると昨季のビジャレアルは固い守備も売り物でしたしね…ちょっと納得です。

後半スタートでの交代はなし。
…と思っていたらファーガソンが早めに動きます。
52分フレッチャーに代えてパクチソンを投入します。
攻撃を活性化させようという狙いですね。
フレッチャーより明らかにパクチソンの方がいいでしょうからね。。

59分ルーニーがドリブルから右に開いたところ、エリア中央にパクチソンが走りこんで来て、そこへ絶妙なパスがルーニーから出ます!
これは行ったか?!と思いきやまたしてもシュート寸前にスライディングによるクリア!!
うーん、ビジャレアルのDF集中してますね。。。

64分左のオシェイからのゴールに向かってまいていくようなクロス、これが絶妙にDFラインの裏に出るクロス!
DFラインギリギリにいたニステルローイ、ルーニーが触れず、さらにそのままゴールに入ってもおかしくないようなボールでしたがゴールのわずか右に外れます。
しかし惜しいシーンでした。
ニステルローイかルーニーが触っていれば1点でしたが…

67分右のブラウンからのクロスに意外とヘディングをよくやるCロナウドが頭で合わせてシュート!!
フリーでしたがこれはゴール左に外れます…

72分長い怪我から回復したばかりのギャリーネビルがブラウンと交代で出ます。
ブラウンよりもチャンスメイクができるであろうギャリーネビルに期待、ということですね。
3ヶ月ぶりの出場にさすがにマンUサポーターからは大歓声!!
これでリズムと雰囲気が変わりますか。。

77分ビジャレアルも動きます。
イエローをもらっている&疲れがあるタッキナルディに代えてホシコを投入。
サイド運動量のある選手を入れてカバーを、ということでしょうか。

81分マンUは最後のカードを切ります。
アランスミスに代えてルイスサハを投入。
サハも太ももの裏側を痛めて長らく戦列から離れていました。
今シーズン初の公式戦とのこと。。
1回仕事をすればいいとはいえ、すぐに試合に入っていけるでしょうか…
なお、サハ投入によってルーニーが少し下がってトップ下のような位置に。
サハとニステルローイの2トップとなります。

84分25mゴール正面からのFK、ルーニーが蹴るか、Cロナウドが蹴るか、というシーンでしたが、ルーニーが譲ります。
…が、これはゴールの遥か上。。
せめて枠に飛ばしてくれ、というのがマンUサポーターの願いでしょうか…

85分ビジャレアルが交代。
フィゲロアに代えてシスコを投入。完全な守備固めですね。

86分スローインからサハが落としてつないだボール、ルーニーがエリア手前でボールをもらい、DFを交わしてシュート!!
しかしこれも枠の上。どうしてもビジャレアルのディフェンスを崩せません。

追加タイムは3分。
しかし91分エリア手前でパクチソンがドリブル中に倒され、FKをマンUが得ます。
もう残り時間も少ない中、最後のチャンスかも…
先ほどはCロナウドが蹴って枠外。
ここはニステルローイが準備します。
壁は6枚。
ニステルローイがニアサイドに低いボールを蹴りますがこれは壁に当たってCK。
CKも実らず。

このまま試合は終了。スコアレスドローという結果に終わりました。
終わった直後、マンUサポーターからはキーンコールが…

この試合はとにかくビジャレアルのディフェンスの堅さが光りました。
マンUは終始攻めていましたが、決定機と言える決定機は無し。
エリア内でのシュートもあまり無かったように思えます。
全てうたれる前に対応していました。

また、ロングボールやライナー性のボールも足でうまく落として近くの味方につなぎます。
マンUの選手が高い位置でプレッシャーをかけてもCKやスローインにすぐに逃げずにこれまた近くの味方へつないで確実に前線へ。
ビジャレアルをちゃんと見たのは始めてでしたが、こんなに堅い堅実なプレイをするチームだったとは…

リーグ戦はルーニー&ニステルローイで勝てましたが、この試合はその2人も含めて押さえ込まれていました。
チーム状態自体は決して良くないマンU、それがもろに出てしまった感じですね…

まだグループDのもう1試合の結果はまだ知りませんがマンU相当厳しいですね…
しかも次はアウェイでベンフィカ。。
勝たなければならないマンUですが…
かたやビジャレアルはホームでリールと。

最後まで目が離せないグループD。
何とかマンUの意地を見せてほしいところです!!!


posted by FootGuinness at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マンUには、キーンが必要!!
Excerpt: マンチェスター・ユナイテッド(マンU)には、やはりこの男が必要のようだ。闘将ロイ・キーンである。ホームでのビジャレアル戦を引き分けてしまい、欧州チャンピオン・リーグ(CL)のグループリーグ突破に暗雲が..
Weblog: Matsuno-FC Blog
Tracked: 2005-11-24 01:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。