2005年11月10日

PremierLeague 第11節 まとめ

その他のプレミアリーグ第11節7試合結果をお送りします!


ポーツマス 0 - 2 ウィガン
 48分 チンボンダ【ウィガン】
 79分 ロバーツ【ウィガン】
ここまで絶好調のウィガン、とうとう2位です。
もはや目標は残留どころではないでしょう!という感じですね。
実際、しっかりとした自分達の型(固い守備とカウンター)を持っている強みを感じます。
先制点はCKからのヘディングシュート。
しかし、お得意のカウンターの切れ味も相変わらず。
ゴール前からつないであっという間に3対1の形を作ってますからね。。
2点目も早い攻め、右サイドを駆け上がったチンボンダがフリーとなり、中央でこれまたフリーのロバーツへ。
それにしても本当に早い攻めです。2人が単独のどフリーでしたから。
これから上位相手が続くようですが今後も楽しみです!


アーセナル 3 - 1 サンダランド
 12分 ファンペルシ【アーセナル】
 36分 アンリ【アーセナル】
 75分 スタッブス【サンダランド】
 82分 アンリ【アーセナル】
CLで好調なアーセナル。
そろそろリーグでも加速していかないといけないところですが…
先制点はアーセナル、前節2得点のファンペルシがDFラインからのロングボールで抜け出して難なくゴール。
しかし主役はアンリ、2得点は取るはオーバーヘッドは見せるわ。
2点目はドリブルから一瞬ストップするように減速してDFをかわしてのシュート。
素晴らしすぎます。
段々アーセナルらしさが戻ってきたか?


ウェストハム 1 - 0 WBA
ニューカッスル 1 - 0 バーミンガム
ブラックバーン 4 - 1 チャールトン
フラム 2 - 1 マンチェスターC
エバートン 1 - 0 ミドルスブラ
アストン・ビラ 0 - 2 リバプール(この試合の記事はこちらから
マンチェスターU 1 - 0 チェルシー(記事はこちら!
ボルトン 1 - 0 トッテナム (記事はこちらです

その他の結果は上記の通り。
ここまで好調だったマンCやチャールトンが黒星。
逆に序盤好調とは言いがたかった優勝候補の面々(除くチェルシー)、マンUやアーセナル、リバプールが揃って勝利。
それ以外のチームの奮起が期待されるところですね…

また、ウェストハムの1点はテディシェリンガムの得点。
まだまだ現役、頑張っていますね。
この試合イナはスタメンフル出場。
ただ活躍とまではいかなかった様子。ようやく巡ってきたチャンスをぜひともモノにしてもらい、スタメン定着となってほしいところですが。。
エバートンもビーティーのゴールで勝利、徐々に調子をあげてきて、昨季4位の意地を見せられるでしょうか??

それにしても今節はやはりマンU-チェルシーに尽きるでしょう!!
本当に素晴らしく楽しい試合でした。
後半ラストをドキドキしながら見たのは久しぶりでした。(昨季CL決勝以来?)
これぞプレミア!
これぞサッカー!!
W杯予選をはさみますが、次節を楽しみに待ちたいと思います!!!
ちなみに次節の注目カードは…アーセナル-ウィガンです!!

posted by FootGuinness at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9161131

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。