2005年11月07日

PremierLeague 第11節 スカパー観戦記A

MANCHESTER UNITED 1 - 0 CHELSEA (6.11.2005 SUN)
30分 フレッチャー【マンU】


見るのが怖い試合です…(笑)
文字通り崖っぷち(すでに落ちかけ?)のマンU。
対してリーグ戦敵無しのチェルシー。
ただ、ミッドウィークのCLでベティスに1-0で敗れており、今季90分で初の黒星を喫しています。
ここ最近失点が多いことやカーリングカップの(PKの末の)敗戦など決していい流れではないチェルシーとしてはここで勝ってしっかりと流れを掴みなおしたいところ。

マンUは…これがあのマンU?という状況ですが…それでもプレミアの盟主としては簡単に屈するはずはない(と思いたい)です。
何とかこの試合で意地を見せて、CLなどへのきっかけとしてほしいところですが。

前半14分ダミアンダフからのエリア右外のFK、これがファーサイドに飛び、そこにデルオルノがフレッチャーの裏を取ってフリーに!
しかしこれはデルオルノが間に合わず…にしても危ないシーンでした。。

17分左サイドでルーニーが頑張ってボールに追いつき、エリア中央のフリーのスコールズへ。
これを得意のミドルで狙いますが、惜しくもゴール右に外れてしまいます。
しかしルーニーの頑張りといい、シュートといい非常に惜しかった…
決っていれば面白かったのですが。。

ただ、ここまでチェルシー相手に積極的に攻めているマンU。
チェルシーは相手にシュートを打たれるシーンがあったり、ボールをキープされるなどいつもより守備が甘い印象があります。
これでマンUが先制してくれると楽しくなるのですが…

30分右サイドからのクロスをエリアから出たルーニーキープし、スコールズに預けます。
スコールズが左に開いていたクリスティアーノロナウドへ。
Cロナウドからファーサイドに走りこんでいたフレッチャーへのクロス!
フレッチャーの位置はゴールラインギリギリの角度の無い位置だったのですが、このボールをヘディングシュート!!!
これがふわりと浮いてチェフの頭も越し、ゴールライン上でクリアしようとしていたテリーのジャンプも及ばず、ゴール左のサイドネットに入ってゴール!
マンUが先制します!!

シュート自体マグレかもしれませんが(笑)、このシュートの意味は大きいです!
フレッチャーは今季プレミア初ゴールらしいですが、大きな仕事をやってのけました!!

ロスタイムは3分、最後にランパードのFKがありましたがそのまま1-0で終了。
後半に強いチェルシー(実況でもひたすら言っていました)相手にこのまま行ってくれると嬉しいのですが…

56分チェルシーのカウンターから最後はドログバにボールが入りますが何とかDF陣が立ちはだかってゴール左に外れます。

59分にこの試合初のイエローカードがドログバに。
ここから立て続けにCロナウド、スミス、フレッチャー、デルオルノがもらいます。
堰を切ったかのよう(笑)

67分ドログバがエリア内でボールをトラップしうまく体を入れてシュート!が当たり損ねてそのボールがランパードへ、これをシュート!!も出足よくファンデルサールが詰めてファインセーブ!!

69分左に展開しているダフから中央へクロス!
これに後ろから走りこんでいたデルオルノがダイレクトボレー!!
しかしこれはゴールバーの上。
フリーでうまくあわせましたが…

このあたりはもうチェルシーの猛攻。
危ないシーンも多いのですが何とか守っていますね(笑)

それにしてもさすがチェルシー、攻めも多彩です。
ユナイテッドはギリギリの所で対応している感じです。
ユナイテッドが持ちこたえるか、チェルシーがゴールを割るか、見ごたえのある試合になってきました。

チェルシーはエッシェンに代えてグジョンセン、ジョーコールに代えて、ショーンライトフィリップス、デルオルノに代えてカールトンコールを投入。
リズムを変え、点を取りにきます。

マンUもファンニステルローイに変えてパクチソンを投入。
この交代が吉と出るか凶と出るか…
パクチソンが残り10分無い状態できっちりゲームに入れるでしょうか。。

83分パクチソンがエリアすぐ外で絡んだボール、DFともつれてこぼれたボールをルーニーが拾いシュート!!
しかしこれはDFにあたってラインを割ります。
決っていれば試合も決っていましたが…

87分25mあたりのところでFK、ランパードが蹴りますがこれは壁に当たってゴールの外へ。

89分ショーンライトフィリップスの右からのサイドチェンジがエリア内のグジョンセンに渡りドリブルをしかけてシュートを打ちますが、これはDFがしっかり付いていて体で弾きます。

ロスタイムは4分。
チェルシーはドログバめがけてロングボールという戦術になります。
しかし、すでにわかっているマンUDFはきっちり対応。

92分ルーニーが左サイドから3人を抜いてフリーになりかけますが、3人目のマケレレが倒して止めてイエローカード。
惜しいシーンでした。抜けていればGKと1対1でしたが…

しかし試合はそのまま終了!!
ここまで40試合負け無しだったチェルシーですが、ついにマンUがStop the Chelseaを成し遂げました!!!

それにしてもマンUはまたもや連勝ストッパーですね。。
前回もアーセナルが49連勝していた際のストッパーはオールドトラッフォードでのマンU戦、そして今回も…

勝因は、マンUの集中力の高さでしょうか。
とにかく穴はありながらも守備面で頑張りました。

ファンデルサールを中心としてきっちり守っていたマンUの守備力を最後までチェルシーは敗れませんでした。
正直フレッチャーのゴールはもう一度やれ、といわれると難しいかもしれませんし、後半怒涛の攻めを見るといつチェルシーがゴールを割ってもおかしくはありませんでしたが、崖っぷちのマンUはそれを許しませんでした。

スコアは1-0でしたが個人的には面白いゲームでした。
緊迫感がすごかったのと、スタジアムの雰囲気、両チームの意気込みがぶつかっているようでかなりドキドキしながら見ていました(笑)

正直これでチェルシーがガタガタっと崩れるかというとそれはあまり無いと思います(笑)
チェルシーは十分強かったですし、そういうこともあるかな、という感じではないかな、と。
そんなヤワなチームではないでしょう。

反対にマンUはこれで上昇していける…かどうかはわかりません。
やはりホームでチェルシー相手ということで相当テンションも上がっていたでしょうし、普段以上の力が出た面も否めませんので。。
ただこれをきっかけに上がっていってほしいとは思っていますし、マンUとしてはそうしなければならないでしょう。
とりあえず次の試合、チャールトン戦が1つの試金石になると思います。

ともかくマンUがチェルシーの連勝を止めました!
これでプレミアが面白くなってくれることを祈ります!!!

posted by FootGuinness at 03:08| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(8) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フレッチャーのゴールは、気付いたら入っちゃった
って感じでしたね。(^0^)

マンUのモチベーションは相当高かったですね。
アラン・スミスとルーニーが特に気合い入っていた
ように見えました。(^0^)

モウリーニョはクリスマスまでに優勝を決めるって
言ってますが、他のチームが意地を見せて欲しい
ですよね。

アーセナルが3位に浮上した模様です。
リバプールも勝ったので、
プレミアはこれからが面白くなりますよね!!
Posted by まっつん at 2005年11月07日 06:23
> まっつんさん
コメントありがとうございます!
いやぁマンU気合い入っていましたね。
その気合がテレビを通して伝わってくるようで面白い試合でした。
アーセナルもリバプールも勝って、ほんの少しですが差が縮まりましたね。
もっともっとプレミアが面白くなってくれるよう祈っています!!
Posted by Guinness好き at 2005年11月07日 08:49
やりましたね。

これで面白くなりましたね。
ウィガンがどうなるか?もワクワクですよね。
Posted by ハッピーママ at 2005年11月07日 09:09
> ハッピーママさん
本当にやりましたね。
これぞプレミア!という試合でした。
ハッピーママさんの予想が外れて(?)ウィガンとチェルシーの勝点差が少なくとも一週間は6のままですね(笑)
面白くなってきました!!
Posted by Guinness好き at 2005年11月07日 12:31
今季のプレミアを終らせない為にも、なんとかユナイテッドに勝ってもらいたかっただけに、嬉しい勝利です!

アーセナルも調子を上げてきてますし、これからが面白くなってきそうですね。
Posted by ridez_champ at 2005年11月07日 13:43
どうも!
ついにチェルシー負けてしまいましたね・・・
でもこれでプレミアが面白くなりそうなんで良しとしましょう(実はかなりへこんでいる・・・)
Posted by ヴィンセント&P−12 at 2005年11月07日 17:52
こんばんは。
高木さんも言ってましたが、特に前半は右サイドからクサビのボールがガンガン入ってましたね!(得点シーンもきっかけはクサビのボールからの左サイドへの展開でしたよね)何か押されて攻撃の形をあっさり作られているチェルシーはあんまり見かけない感じですが…マンUの気迫・オールドドラフォードの雰囲気が勝利に結びついたのかなぁ〜と思いました。
Posted by ベニステ at 2005年11月07日 23:11
> ridez champさん
TB&コメントありがとうございます!
ユナイテッドの勝利でプレミアの灯が消えなかったと思っている方は多いでしょうね。
段々周囲も調子を上げてきているのでハイレベルな戦いに期待したいですね!

> ヴィンセント&P−12さん
いつもありがとうございます。
そんな広い心でおっしゃっていただけるとありがたいです(笑)
やはりひいきチームが負けると…へこみますよね。。

> ベニステさん
コメントありがとうございます!
本当にマンUの気迫は見事でした!!
ホームという点も非常に大きかったですね。
これぞプレミアって感じでいい試合でした!!
Posted by Guinness好き at 2005年11月08日 00:12
どうもこんばんわです。
凄い試合でしたね。ミラン楽勝試合の後でしたから、緊迫感があって相当面白かったですね(笑)。
プレミアでチェルシー有利は揺るぎないですけど、これで期待が持てるようにはなりましたね。まだまだですね。
Posted by jenio10 at 2005年11月08日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マンU勝った、チェルシー負けた
Excerpt: マンU vs チェルシー、1-0で決着。 プレミアリーグの今後を考え、多くの人がマンUに勝って欲しいと願っていただろう最近珍しい試合は、見事に思惑通りの結果となった。 チェルシーにとって、今日..
Weblog: 黄昏者のひとりごと2
Tracked: 2005-11-07 04:04

チェルシー、CLに続いての連敗だが・・。
Excerpt: 欧州のメディアでは、先日まである論争で盛り上がっていた。(スポーツナビより)かつてバルセロナを率いて欧州制覇を成し得たヨハン・クライフとポルトで欧州制覇を経験し、現在、チェルシーで快進撃を続けるモウリ..
Weblog: Matsuno-FC Blog
Tracked: 2005-11-07 06:26

■ マンユナイテッド チェルシーに勝利♪
Excerpt: たった今終わりましたよー。めちゃ面白い試合でした。31分、クリスティアーノからフレッチャーのヘッダーの1点を守りきって最後までがんがん来たのをよく逃げましたねー。今日は本当に気合が入っていました。サッ..
Weblog: usscspcl
Tracked: 2005-11-07 09:08

よっしゃー!
Excerpt: な、長い・・・。 こんなに試合終了の笛が長く感じたのは何時以来だろうか・・・。 試合前に、負けを覚悟して観戦した試合も何時以来だったか。 首位チェルシーをホームオールドトラッフォードに迎えての大..
Weblog: 赤い悪魔と青い船乗り
Tracked: 2005-11-07 13:44

凄い試合でした!試合後の両監督・・・。 その他、プレミアリーグ5日、6日の結果!
Excerpt: マンチェスター・UVSチェルシー、チェルシーの独走を止めたいユナイデット、1−0での勝利、気持ちで勝ち取った勝ち点3だと思いました。もの凄い緊迫感がある試合、ミラン戦の楽勝試合を見た後でしたから、見て..
Weblog: SOCCER!これがあるから生きていける!
Tracked: 2005-11-07 19:17

マンU、見事な勝利
Excerpt:  深夜に行われたプレミアシップ注目の大一番、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの一戦は、1対0でマンチェスター・ユナイテッドが勝ちました。  試合は、開始からマンチェスター・ユナイテッドのペー..
Weblog: ポルトガルサッカーのすすめ
Tracked: 2005-11-07 21:13

マンチェスターU対チェルシー(2005.11.6.)
Excerpt: プレミアリーグ第11週 11月6日16時00分KO(現地) オールドトラッフォード マンチェスターU、まさしく背水の陣。 マンチェスターU ファンデルサール / ブラウン ファーディナンド シルヴ..
Weblog: メーヂャ
Tracked: 2005-11-08 01:35

チェルシー 敗北
Excerpt: チェルシーサポの方には申し訳ない(チェルシーのユニは大好きなんですけど、除くメインスポンサー^^)のですが、昨晩というか今朝行われたマンチェスターU戦でついに今季プレミア初敗北を喫しました!もう無敵の..
Weblog: Foot Days
Tracked: 2005-11-08 07:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。