2005年10月27日

いくつかニュースを…



細かいニュースをいくつか。

まずは好調チェルシーから。
前節最下位のエバートン相手に引き分けに持ち込まれ、ついに開幕からの連勝が止まってしまったチェルシー。
しかし朗報が1つ。
イングランド代表で左SBのウェインブリッジが、カーリングカップのチャールトン戦で怪我から復帰の見込み。
実に8ヶ月ぶりの復帰のようです。
チェルシーには既にスペイン代表のデルオルノが左SBのレギュラーを奪取した感がありますが、ブリッジ自身の代表復帰&W杯出場のためにもきっちり結果を残してモウリーニョにアピールしたいところです。
またチェルシーが強くなってしまいましたね。。
ブリッジは特に守備に定評があるだけに、より固い守備を敷くオプションができそうです。。

続いてレアルから。
先日のバレンシア戦で退場となってしまったベッカムですが、その後の判定でこの退場に伴う出場停止が取り消しになった模様です。
(映像で見たわけではないのですが)このプレイはベッカムが一度プレイでイエローを受けた後、審判に向かって馬鹿にするかのように拍手したことが、2枚目のイエローを呼んで退場となったもの。
しかし、ビデオで確認するとこのベッカムの拍手は審判を背にした時に行われており、審判に向けて行われた行為ではない、という解釈で取り消しとなった模様。
何にせよ、ロナウドやグラベセン、ジダンなど怪我人などで試合に出られないレアルにとっては朗報ですね。
ベッカムの汚名も晴れてまずはめでたし、といったところしょうか。

最後に、モロッコから。
モロッコ代表監督に元日本代表監督のトルシエが就任の可能性が高いようです。
…大丈夫か、モロッコ?!
W杯を逃して道を見失っていなければいいのですが(笑)

posted by FootGuinness at 01:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも!こんばんは!
ブリッジの復帰は心強いです。
安定度はデルオルノよりありますから、ローテーションで使っていってくれればいいと思います。
Posted by ヴィンセント&P−12 at 2005年10月27日 20:01
> ヴィンセント&P−12さん

コメントありがとうございます!
ブリッジの復帰でますます守備が強固になりましたね。。
ブリッジとしてもW杯出るためにはアピールしておかないとですし。
ただ、守備固めにしてしまうのは余りにももったいないですし、起用法に注目ですね。
Posted by Guinness好き at 2005年10月28日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

トルシエがモロッコ代表監督に…
Excerpt: フィリップ・トルシエが正式にモロッコ代表監督に就任したそうな。 ひそかに「グランパスに来るんじゃねぇか?」と思っていたのだが、はい!消えた。 ちょっとだけ、残念。 さらに東スポ(中京スポ)情..
Weblog: 黄昏れ者のひとりごと2
Tracked: 2005-10-27 14:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。