2005年10月09日

イングランド代表!

England 1 - 0 Austria (8.10.2005 SAT Group6)
24分 ランパード(PK)【イングランド】


この試合と次のポーランド戦連勝が1位通過の絶対条件であるイングランド。
トップはピータークラウチとオーウェン。
ルーニーは出場停止です。アシュリーコールも怪我で欠場。
場所はマンUのホーム、オールドトラッフォード。
4-4-2のイングランド、左にジョーコール、右にベッカム、センターハーフはジェラードとランパードの最強コンビです。
DFは左からキャラガー、キャンベル、テリー、ヤング。
GKはロビンソンです。

開始早々いきなりベッカムからクラウチ、そしてジョーコールへ。
この場面やCKでもクラウチの高さを活かす戦法が多い感じ。
リバプールでもやっているヤツですね。
ただ、蹴るのがベッカムだとまた一味違ったものになりますね。。
それにしてもクラウチと並ぶとオーウェンは小さく見えます(笑)

先制はイングランド。
クラウチからエリア内のオーウェンへのボール、オーウェンがうまく体を入れてトラップし、そのボールを取ろうとしたところ、DFに腕をロックされて動けず。
これをしっかり審判が見ていてPKに!!
蹴るのはフランクランパード。
ゴール左にしっかり決めてイングランドが先制します!!

イングランドは1点取るまでは攻勢でした。
ここからどのように戦いますか。。

しかし、ここからはオーストリアが攻勢。
ボールをキープして積極的に攻めに出ます。
前半をそのまま終了し、後半に入っても流れは変わらず。

後半開始早々イングランドもチャンスを迎えますがオーストリアGKの活躍もあり、不発。
ランパードのミドルや、クラウチのヘッドなどいいプレイだったのですが。。
その後はまたオーストリアの流れに。

56分リンツがテリー、キャンベルと競り合いながらゴールバーを叩くループシュート!
イングランド危ないシーンでした。。

58分エリアすぐ外でベッカムがファウル。
この直前のプレイで1枚イエローカードをもらっていたため、これで何とベッカム退場!
…ということはポーランド戦も出場停止??

ただ、このプレイをリプレイで見ると…シミュレーションですね。。
主審はまんまとひっかかってしまいました…
この判定で一番得したのはポーランドですね。。

この退場からすぐにエリクソンは動いて、ジョーコールに代えてレドリーキングを入れます。
さらにキャンベルが故障の様子。代わりに64分にリオファーディナンドが入ります。

その後もオーストリアが積極的に攻め、イングランド代表は耐える展開になってしまいます。
しかし、試合はこのままイングランドが守りきって1-0で終了
何とか勝点3を獲得し、ポーランドとの大一番に臨みます!!

この試合は正直言って1点を取ってやや守勢に回ったイングランド代表。
オーストリア代表もそれに乗じて攻勢に出ていました。
ベッカムの退場がそれにさらに拍車をかけた展開。

しかし、次の試合はもう勝つしかありません!
最終戦です。
勝てば勝点24のポーランドを抜いてイングランド代表は勝点25となります。
これだけのタレント、本大会でも優勝候補と言われていますし、ぜひ1位通過で貫禄を示してほしいところですが…
いかんせん怪我人が多いんですよね。。

ちなみに全グループ中の2位チームのうち、勝点で上位2チームが無条件で出場権を得られますが、オランダ−チェコ戦でオランダが勝つとイングランドかポーランドの2位での出場が確定します!!
イングランドとしては是が非でもオランダに勝ってもらい、通過を確定させてポーランド戦に臨みたいところですね。。。

とにかく12日(水)のポーランド戦のイングランド代表に期待です!!!
ジェラードのスーパーゴールに期待!

posted by FootGuinness at 02:11| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | WorldCup2006予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いえいえ、大歓迎ですよ!!!
内容は…振り返らない方が賢明です。(爆)
クラウチは可能性を感じさせました。
ただ、チェックに弱いので、クラブでもっともっと成長して欲しいです!
Posted by inoran at 2005年10月10日 02:56
こんにちは。
イングランドW杯決定!まず素直に喜びたいです!試合見てないのですが…1点取ってからは強力守備陣で守り切った感じですね!試合内容の良さはW杯まで取っておいて…そこでジェラード・ランパードの最強コンビの大活躍を期待します!とちあえず良かった〜
Posted by ベニステ at 2005年10月10日 08:18
TB返し有難うございます。
イングランド、なんとかやりましたね。
他の欧州各国も順調!、アフリカは少し残念でしたが・・・。
では、またお邪魔しますね。
Posted by ささべえ at 2005年10月10日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

W杯欧州予選グループ6 イングランド vs オーストリア
Excerpt: 記事作成中! 【 概要 】  ドイツW杯ヨーロッパ予選・グループ6  対戦   : イングランド vs オーストリア  キックオフ: 10月8日(土)(現地時間)  会場   : オール..
Weblog: FANTASISTA NOW!
Tracked: 2005-10-09 03:53

イングランド、W杯へ!
Excerpt: 来た!ランパードのゴール! イングランドが1−0でオーストリアを破り、W杯へ!!! スタメンは  GK:ロビンソン  DF:ヤング、ジョン・テリー、キャンベル、キャラガー(右から)  M..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-10-10 02:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。