2005年09月29日

ChampionsLeague 第2節 スカパー観戦記@

Liverpool 0 - 0 Chelsea (29.9.2005 WED GroupG)


グループGの大一番、グループリーグの対戦の中でもユーべ−バイエルン戦に並ぶくらいのカードですね。
今季は何回この対戦が見られるんでしょうか。
リーグで2回、このグループリーグで2回、理想はさらにCLでもう2回、FAカップで1回、カーリングカップで1回…となりますが。。。
個人的には名勝負の仲間入りをしていますので、今シーズンもこの両雄の対戦に期待したいと思います。

さて、舞台はすんごい雰囲気のアンフィールド。
歓声がすさまじい。
とてもグループステージとは思えない感じ。
昨日ユーべの試合はガラガラだったとのことですが、この試合はどう見ても超満員。
リバプールの選手はさぞ頼もしいはず。
ここほどサポーターは12人目の選手という言葉がハマるスタジアムもないですね。

スタメンですが、リバプールはモリエンテスが欠場で、トップはクラウチ、シセはやや下がって右に入ります。トップ下にジェラードを入れて、中盤の底はハマンとシャビアロンソです。
チェルシーはドログバのワントップで、クレスポはベンチスタート。
右にダフ、左にロッベンといういつもの布陣。

オープニングシュートはチェルシー(のはず)。
8分にシャビアロンソがエッシェンに対して自陣でファウル、FKでランパードが狙います。
シュートはゴール左下に正確にコントロールされますがGKレイナがセーブ!


お返しとばかりに9分リバプールのトラオレが右サイドを駆け上がり、エンドラインぎりぎりのところからクロス!
このボールにクラウチとGKが競ってボールがこぼれます!…が、これはクラウチのファウル。
続いて11分にもFKからクラウチの頭を狙ってのボールが入ります。

クラウチがいる限り、ゴール前の制空権は基本的にはクラウチが握りそう。
昨年在籍していたサウザンプトンとチェルシーの対戦でもやはりチェルシーDF陣は明らかにクラウチの高さに手を焼いてました。
リカルドカルバーリョやテリーに対してもこれだけ圧倒できるとは…やはり素晴らしい武器ですね。
足元も結構うまいですし改めていいFWだな、と。
リバプールとしては攻めの1つのオプションとしてこのクラウチの高さを活かす方針のよう。

18分、FKからクラウチの頭でボールを落とし、ゴール中央でヒーピアの足元へ!
フリーか?!という場面でしたがドログバが付いていて、これは何とかクリアにつなげます。
さらに20分ゴール左でハマンが粘ってボールキープ!
DF2人をかわしてグラウンダーを中央に入れますが、これは惜しくも触る選手がいませんでした。

ここまでリバプールはホームということもあり、積極的に攻めます。
まだ好調時のジェラード、シャビアロンソを中心とした早いテンポの攻めはまだ見られませんが、クラウチの高さを積極的に使ってうまく攻めています。

23分クラウチがトップから下がってきてボールを受け、背にいたテリーと1対1を挑みます。
自陣の方を向いたクラウチ、テリーを背にしてボールを受け、反転してテリーを抜きにかかりますが、これはテリーがシャットアウト!!
一瞬の勝負でしたが見ごたえがありました。

31分リバプールゴール前にあがったボール、ドログバとGKレイナが競り、ボールがこぼれます!がこれはドログバのファウル。
さらに32分ロッベンが右サイド速攻で持ち上がりゴール前のあがりを待ちつつシャビアロンソと1対1になりますがシャビアロンソがきれいにシャットアウト。
素晴らしい対応でした。
連続して32分ロッベンがもう一度右サイドから攻めます。
今度はヒーピアが対応しますが今度はキレイに抜かれ、そのままシュート!!
これはGKレイナがセーブしますが、チェルシーチャンスでした。
それにしてもシャビアロンソとヒーピアの対応、30秒ほどの間にほぼ同じ場面でしたが対照的なシーンでした(笑)

42分、43分続けてトラオレが左サイドからのボールを頭でクリアしようとしてボールに触れず、裏を取られかけるプレイが出ます。
ちょっと…というか非常に不安。。
チェルシーはサイドの人材が豊富なだけにこういったプレイ1つが命取りになりかねません。
何とかトラオレの悪癖治してほしいところですが…

45分、ロスタイムなしでハーフタイムへ。
ここまでのこの試合、素晴らしく面白いです。
グループリーグというよりはベスト16以上での対戦といった感じの緊張感。
お互いよく知っているもの同士、だけど一瞬のほころびを探しながらの勝負といった感じでしょうか。
正直もうちょっとお互い引いた試合になる可能性もあると思っていたのですが…
お互い積極的に攻めているのが好試合の要因ですね。

前半のスタッツは、シュートリバプール5(枠内:1)本、チェルシー3(枠内:2)本、ポゼッションはリバプール48のチェルシー52です。
ここから見てもほぼ互角ですね。
後半開始時のメンバー交代はなし。

50分、リバプール陣内のエリア手前でドログバが倒されてFKを得ます。
蹴るのはランパード、直接狙うか、と思いきやサインプレーで左サイドに抜けたロッベンに。
ロッベンがグラウンダーを入れようとしますが

51分、中央をルイスガルシアが割ってはいり、エリア内でフリー!という場面でしたが一瞬早くGKチェフがクリアします。
ただ、パオロフェレイラがルイスガルシアを引っ張っていたなどぎりぎりのプレイでした。

53分右サイドからのクロスにドログバが頭で合わせますがこれは枠の上。
ただ、DF2人に囲まれながらシュートを打たれてしまったのはちょっと

55分GKレイナからのパントをクラウチが頭で落とし、このボールがルイスガルシアの足元にうまく納まります。これはCKとなります。
やはりこの高さは魅力的。理想のポストプレイができますね。
CKを蹴るのはジェラード、このボールにハマンが頭で合わせます!!シュートはゴールに向かいますがギャラスが何とか外に出します!
…しかしこのプレイはリプレイで見ると明らかにハンド(笑)
リバプールにとっては惜しいシーンでした。

チェルシーは立て続けにイエローカードをもらいます。
まず59分頃ロッベンがフィナンを引っ張ってイエロー。
さらに61分頃ランパードが激しいタックルをシセにしてこれもイエローとなります。

64分チェルシーが動きます。
ロッベンに代えてショーンライトフィリップス。フィリップスが右に入り、ダフが左に移ります。

67分代わって入ったばかりのフィリップスが右サイドをドリブルであがろうとしますが、シャビアロンソが正対してシャットアウト。
前半の対ロッベンに引き続いてのディフェンス面での光るプレイ。
ここまでディフェンスがうまいとは正直思っていませんでした(笑)

74分ダミアンダフに代えてクレスポを投入。
すっかりドログバと交代でクレスポ投入だと思っていたのでびっくりしました。
2トップでエッシェンを左か?
それともドログバが左か…
前の記事でも書きましたがモウリーニョの采配は面白いです。
選手が複数ポジションできる(ように鍛えているのでしょうが)のを最大限活用し、様々なオプションを使ってきます。
場面場面に合わせて色々な型を使えるというのはチームにとっては強いと思いますし、見ていて楽しいですね。
これぞ監督の仕事!という気もします。

リバプールも77分、シセに代えてベティス戦で先制ゴールをあげたシナマポンゴルを投入。

82分、右深くはいったシナマポンゴルがエンドライン際うまく残して中央へ!
ルイスガルシアが合わせる直前に何とかクリア!
そのクリアボールをシャビアロンソがミドルシュート!!
これはチェフがセーブしますが、どうやら両チーム通じて後半初の枠内シュートだった模様。
すさまじい両チームのディフェンス力ですね。。
そもそもシュートに至ること自体少ないのが凄い。。。

88分テリーがシャビアロンソに激しくタックルしてイエローカード。
89分ドログバに代えてフートと投入します。

ロスタイムは2分。
91分にジェラードがFKから狙いますがこれは枠の上。
これが最後のプレイでこのままスコアレスドロー

まず、とにかくチェルシーの守備の強固さが改めて見られました。
特にこの試合が引き分けに終わった要因だったと個人的には思っていますが、ルイスガルシアに仕事をほとんどさせなかったこと。
特にエリア内では2、3人であっという間に囲んでシュートを打たせませんでした。
リバプールの攻守の切り替えは非常に早いほうだと思いますが、チェルシーの中盤も含めた攻守の切り替えも抜群に早く、リバプールが速攻で攻めるシーンをかなり摘んでいました。
これはここまでリーグ戦1失点というのも頷けます。

対するリバプールもホームということもありますが積極的に攻めていました。
この日はクラウチを中心にシセ、ルイスガルシア、ジェラード、ハマン、シャビアロンソなどが攻めて点を取ろうという意思が見えました。
クラウチは後半疲れからが消えてしまいましたが、それでも攻めの姿勢が変わらなかったのは評価できると思います。
やはりこの日も中盤ではチェルシーに決してヒケを取っていませんでしたし。

お互い0-0ということで最低ラインはクリア、といったところでしょうか。
これで一番割りを食ったのはアンデルレヒトとベティスかもしれません。
次節は、リバプールがアウェイでアンデルレヒトと。
チェルシーはベティスをホームに迎えます。
ベティスの攻撃力はチェルシーに通用するのか?これまた楽しみです。

そして、何より今週末のプレミアシップ、何と今日と同じ舞台同じカードです。
スカパーの解説で粕谷さんも言っていましたが、中3日で同じテンションを保って試合できるかはわかりませんが、この両チームの対戦となると別のスイッチが入って熱い試合になる、というのを期待したいところです。

いきなり第2ラウンドが予定されていますが、まずはCLでは勝点1ずつを分け合う形となりました。スコアレスドローながら非常に見ごたえのある楽しい試合でした。
また週末に期待です!!!

posted by FootGuinness at 05:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7465845

この記事へのトラックバック

欧州チャンピオンズリーグ 第2節結果 ロナウジーニョはハットトリック! やっぱりあんたが大将ーっ!
Excerpt: さるおです。 さるおの黒魔術(サル魔術)で大胆予想(願望)に余念のなかった欧州チャンピオンズ・リーグ、( )内の数字は勝ち点、赤字がサル魔術で1位のチーム、青字がサル魔術で2位のチームでござる。 グ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2005-09-29 07:32

リバプール VS チェルシー
Excerpt: レアルの試合とこの試合を同時並行で見るという荒技。(笑) さぁまずはリバプール  GK:レイナ  DF:フィナン、キャラガー、ヒーピア、トラオレ  MF:ハマン、ルイス・ガルシア、ジェラー..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-09-29 10:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。