2005年09月30日

ChampionsLeague 第2節 スカパー観戦記A

Ajax 1 - 2 Arsenal (28.9.2005 TUE GroupB)
 2分 リュングベリ【アーセナル】
 69分 ピレス(PK)【アーセナル】
 71分 ローゼンベリ【アヤックス】


いきなりグループBの大一番、アヤックスがホームにアーセナルを迎えます。
前節アウェイとはいえ引き分けているアヤックス。
トップ候補のアーセナルを走らせないためにも勝っておきたいところ。

しかし、この大一番残念ながら非常に怪我人が多く、正直両チームともコマが揃っていません。
アーセナルはアンリ、ベルカンプ、ジウベルトシウバなど。
さらに第1節の厳しすぎる判定で出場停止のファンペルシ、昨年の出場停止を引きずっているレーマンなど。。。
アヤックスも今季好調の大黒柱スナイデルが怪我で欠場。
ちょっと楽しみが半減です。。。
しかし、この試合の重要性は変わりません。

アーセナルは特にFWに人がいないため、前線はレジェスとなんとリュングベリ!!
びっくりしました。
フレブが右、怪我をおしてピレスが左、中盤はフラミニとセスクというフレッシュコンビ。
この2人のコンビは楽しみです。
このまま成長してくれれば恐るべきコンビになるはずです。

さて試合ですがいきなり動きます。
開始2分、中盤で出足よくボールを奪ったフラミニがボールを奪い、レジェスへ。
レジェスが中央でDF2人を引きつけて、その左側でエリア内へ入っていくリュングベリにスルーパス!!
これが見事に通ってフリーでGKと1対1、タイミングをうまく計って浮かし気味のシュートをゴール右隅に入れてアーセナルが先制!!まさかこんな早く点が入るとは…
非常にきれいなカウンターでした。
アーセナル幸先の良いスタート。
しかしこの2人でこんなに早く点を取るとは思っていませんでした(笑)

このゴール、アーセナルのCL100得点目とのことです。70試合で100得点…多いのか少ないのか。。
他にはレアル、マンU、バルサ、ユーべ、バイエルン、ミラン、ポルトらしいです。
確かにアーセナル点をとるイメージですが…アンリのイメージですかね。。

27分なかなか攻めてがなかったアヤックスですが、ブハリがミドルを狙います!
このシュートをGKアルムニアが前にこぼし、ハリステアスが詰めます!!
しかしこれはアルムニアが落ち着いて先にボールをキャッチ。
いいシュートと詰めでした。

44分、カウンターでブハリがライン裏に抜けようという動き、これを切り返して逆サイドでフリーのピーナールに出しますが、このシュートは枠の上。
非常に惜しいシーンでした。

前半はこのまま0-0。
得点シーンを除くとどちらも大きなチャンスは少ない展開。
アヤックスはやはりスナイデルがいないと厳しいのかも…と思ってしまうような展開。。
アーセナルは可もなく不可もなく、ですね。
先制したもののもう1点がほしいのは間違いありません。
後半どうでますか。

ちなみにここまでで面白かったのはアーセナルの左サイド(アヤックスの右サイド)、アシュリーコールとバベルの争い。
どちらもスピードがあり、攻めが好きなタイプ。
前半には、見事なコールの1対1からのフェイントもありました。
後半も期待です!!

50分バベルが強烈なミドルシュート!何とかアルムニアが弾きましたが非常にいいシュートでした。
その後ややアヤックス押し気味に攻めますが決めてまではいかず。。

そして67分、セスクからレジェスの見事なスルーパスが通ります。
このボールを受けたレジェスがエリア内でGKフォンクと1対1に。
ここでフォンクがレジェスを倒してしまい、PK!!!
しかもフォンクにイエローカード。抗議したガラセクにまでイエロー。
リプレイで見てみると…レジェスが役者だった、ということで(笑)
確かにフォンクの体に当たっていますが、レジェスもよける気はさらさらなかったな、と。
ま、FWとして当然といえば当然ですが。。

ともかくアーセナルは2点目のチャンス!
PKを蹴るのはこの試合怪我をおして出場のピレス。
これをきっちりゴールに沈めて0-2!

アーセナルにとっては大きな追加点、アヤックスにとっては腹立たしい失点。。

その悔しさが乗り移ったのでしょうか、中盤でボールをまわして前がぽっかりと空いたガラセクへ。
ガラセクが素晴らしいミドルシュートを放ちます!!
これは惜しくも右ゴールポストにあたりますが、ゴール前に跳ね返ったボールにローゼンベリがしっかりと詰めて無人のゴールへ!

あっという間に1点を返して1-2!!
スタジアムも盛り上がります!!
それにしてもガラセクのシュートは見事でした。
イエローカードの悔しさをぶつけたのでしょうか。
詰めたローゼンベリにトゥレも止めに行っていたのですが間に合わず。

81分、元アヤックスユースのオヴスアベイエがレジェスと代わって入ります。
地元オランダのU21で、ワールドユースでの活躍は記憶に新しいところです。

この頃になるとアヤックスが1点取って余裕が出てきたのか、しっかりとボールをキープして回し、崩すような攻撃が見られるようになってきました。
ただ、決定機まではいかないのですが。。。

逆に言うとアヤックスは攻めてはいますが決め手に欠ける、というか。。
この状況を打開すべく、アヤックスは84分エマニウソンに代わってファンフランを投入します。

アーセナルも87分PKを決めたピレスに代わってクリシーが入ります。
アーセナルは終盤あまり攻める機会が少なくなりました。
カウンターは狙っているようですが、このまま逃げ切ろうという姿勢が見られます。

ロスタイムは5分。
ですが、アヤックスはボールを放り込むことが多く、あまり効果的に攻めていないように見えます。
アヤックスは94分フレブに代わってシガンを投入し、さらに守備を固めます。

結局試合はこのまま終了して1-2。
これでアーセナルは2試合で勝点6、早くもグループリーグ突破が見えてきました。
アヤックスは勝点1とまだ2試合消化時点ですが非常に苦しい状況に追い込まれてしまいました。
両チームともキレているな!というプレイが少なく重そうな印象。
エースを欠き、怪我人を多く抱えているチーム事情から仕方ないのかもしれませんが…
そんな中連勝したアーセナルはいいスタートと言えるのではないでしょうか。
アンリにはゆっくり休養してもらい、グループリーグ突破後に爆発を期待したいところ(笑)

次節は10月18日、後がないアヤックスはホームにトゥンを迎えます。
ここで勝点3を取れなければ事実上アヤックスのCLは終わることにもなりかねません。
スナイデルきっちり出場できればいいのですが。。。
一方のアーセナルはアウェイでスパルタプラハ戦。
ここで勝点を取れればグッと突破が近づきます。

両チームの明暗が分かれた試合でした。
でも、とりあえずアーセナルの勝利を祝います!!
posted by FootGuinness at 01:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7452051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。