2005年09月25日

PremierLeague 第6節 スカパー観戦記@

Bolton Wanderers 1 - 0 Portsmouth (24.9.2005 SAT)
 25分 ノーラン【ボルトン】


前節危ない試合ながら賊にも助けられ、4連勝中のボルトン。
前節は引き分けに終わったものの、ミッドウィークのカーリングカップでも破れてしまったポーツマス。
対照的なチームの対戦です。

そして…この試合は中田選手がついにスタメンで出場!!!
そう遠くないうちにこの日が来るとは思っていましたが、正直少し早い印象。
もちろんここでも紹介しましたが、大黒柱のカンポが骨折で長期戦線離脱ということもあり、注目していたサムアラダイスが決断してくれたようです!!
ポイントとしてはやはり、もう一人の大黒柱オコチャとどのように絡むのか、というところだと思います。

しかし…スカパー解説で粕谷さんも言っていましたが、ポーツマスはこの試合欠場していますがルアルア、ダリオシルバ、ロベール、オブライエン、アリューシセ、ディアオなどいい面子が揃っています。決してボルトンに引けを取っていない気もします…
やはりサマーキャンプから参加しているかどうかというのは大事ですね。。
いくらクラブチームとはいえ、シーズン中にリーグとカップ戦を戦いながらさらにコンビネーションを高めることは容易ではないでしょうし…
ボルトンは新加入選手もいますが基本的には中心メンバーがここ最近ずっと一緒にやっているので連携に不安はありません。
ボルトンとポーツマスの成績の差はそんなところにありそうな気もします。

試合は10分、いきなりギャリースピードが交代となります。
カンポの不在を埋める存在だけに試合開始早々の離脱はボルトンにとっては痛いです。
オコチャは守備よりは攻撃メインですし…

しかし先制はボルトン。
25分後方から左サイドに放り込まれたボール、これをデイビスがヘッドで折り返し、中央で待っていたケビンノーランがオーバーヘッドでゴール!!!
見事なゴールでした!
迷わずオーバーヘッドにいったノーラン、GKはボールの起動が読めず動けませんでした。
ボルトンにとっては幸先のいい先制点です。

32分、右サイドのオコチャからニアサイドに低いクロス!
これに中田選手が右足アウトで引っ掛けてゴールを狙います!!
惜しくもこのボールはゴールの枠を外れてしまいますが、走りこみとボールへの合わせ方などはいい感じでした。

前半はこのまま1-0とボルトンリードで終了します。
中田選手は左右CKやFKを蹴ったり、積極的にエリア内に入ったり、スルーパスを狙ったりと縦横無尽といった感じで動いていました。
見方も積極的に中田選手を使おうという意思が見られ非常にイイ感じです。
徐々にではありますがチームメイトにも認められているように思いました。
また、CKの際にはサポーターからも歓声があがるなどかなり好意的に迎えられているようにも感じました。
後半もこのまま行ってほしいところですが。。。

ポーツマスは6分にダリオシルバのヘディングシュートや14分の分厚い攻撃、27分のロベールの飛び込みなど時折いい攻撃を見せますが、単発の攻めでなかなかそれが続きません。
これをもっと連続でたたみかえるようにできると相手もプレッシャーを感じてより効果的になるのではないかと思うのですが…

57分中田選手がペナルティエリア内へ猛然と走りこんだところへ右サイドからふわりとしたボール!これに中田選手が飛び込みますが、これはあと一歩届かず。
しかし、エリア内のスペースを狙おうという姿勢と賊動量がナイスでした。

ポーツマスは65分マシューテイラーと交代でカラダスが入ります。

66分中田選手がエリアからこぼれたボールをエリアやや外からニアサイドを狙ってシュート!!
これは惜しくもDFにあたってゴールラインを割りますが可能性を感じるシュートでした。
さらに67分にはエリア手前からDF2人の間を抜いてエリア内のデイビスへ!!
ボールは渡ったものの、これはDFが何とかクリア。
しかし、素晴らしいパスでした。デイビスも来るとは思っていなかった様子。
一瞬「あれ?」という雰囲気が漂うような…お見事でした。

72分オニールと交代でソンゴが入ります。
その直後ノーランが抜け出し、GKと1対1になりましたが、これはニアサイドを狙って枠の外…
決定的なシーンだっただけに決めておきたかった。。

74分一方のオコチャと交代でヤンナコプロスが入ります。
その直後、デイビスが頭で落としたボールをエリア内でボールの落ち際ダイレクトで中田選手が狙います!
しかしこれも惜しくも枠の外。
ボルトンなかなか試合を決める2点目が取れません。

85分さらにダリオシルバとカラダスが交代。
その後すぐのプレイでペーダーセンがドリブルで上がり、エリア内にいた中田選手にパス。
これを中田選手がヒールで返してワンツーパス!!
ペーダーセンからのクロスは跳ね返されたものの素晴らしいワンツーパスでした。

90分直前のプレイで痛んでいたハントに代えてエルハジディウフが入ります。
92分にはプリスクのスローインがファウルスローという判定にプリスクにイエローカードが、さらにその処分に対してCLのルーニーのように線審に向かって拍手をしたアランペナン監督が退席処分に。。

結局試合はそのまま終了して1-0でボルトン勝利!!
中田選手のプレミアスタメンフル出場を勝利で飾りました!!!
この試合中田選手は楽しそうに試合をしてました。

シュートを狙い、決定的なパスもあり、エリア内にも積極的に入っていき、前線からプレッシャーをかけていってボールを奪取するなど攻守に光るプレイを見せてくれました。
こんなアグレッシブな中田選手を見たのも久々な気がします。
何より楽しそうなのは!!!(私の気のせいかもしれませんが…)

カンポが怪我している6〜8週間というのはある意味中田選手にとってはチャンスです。
今日のようなプレイを続けていれば間違いなく今後もチーム内でキーマンと成り得ると思います。ぜひこの調子で次も頑張ってほしいところ!
次は何とかゴールを!!
そうすれば完全に認められるのではないでしょうか。
今日のプレイを見ているといやが応にもそれを期待してしまいます。
間違いなくできるはずです。

次はUEFAカップ、相手はロコ・プロブティブ戦。
初戦はホームで2-1と勝っています。
ちなみにリーグ戦はアウェイでウィガン戦となります。
この2試合にも期待です!!!
ぜひ楽しくアグレッシブにプレイしている中田選手を見たいです!

posted by FootGuinness at 03:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。