2005年09月11日

スコットランドプレミアリーグ 第6節 スカパー観戦記

CELTIC 2 - 0 ABERDEEN (10.9.2005 SAT) 12分 ズラウスキ【セルティック】
 60分 ペトロフ【セルティック】


W杯予選が終わり、再びリーグ戦再開です。
ここまでセルティックは3勝1分1敗の勝点10で2位。
首位はここまで5戦5勝で勝点15のハーツです。
序盤でこれ以上離されるわけにはいかないセルティック。
ホームでもあり、ここはきっちり勝ちたいところ。
対するはアバディーン。昨季は4位でしたが今期はここまで2勝1分1敗とやや苦戦しています。

さて、水曜日にホンジュラス戦を終えたばかりの中村選手。
他の選手も代表戦はありましたが、それに加えて長距離移動も加わり、スタメン出場が微妙なところでしたが、ゴードンストラカン監督は先発で起用。このあたりにもチームにとって必要とされており、信頼されている様子が伺えます。

試合は試合開始直後はアバディーンが攻めますが、その後は戦力に勝るセルティックが攻めます。
そして12分、前節大活躍し、ポーランド代表としても先日ゴールを決めたズラウスキ。
ハートソンが胸トラップし、ズラウスキ→ハートソン→ズラウスキと華麗なパス交換から、ズラウスキが抜け出し、そのままドリブル。
一気にペナルティエリアやや右よりに入り、そのまま強烈なシュート!!
これが二アサイドの上に決まり、セルティック先制!!


それにしてもスピードに乗ったドリブルとすばらしいシュートでした。
ズラウスキは今後大きく成長しそうですね。。
この調子が続けば来季セルティックにいるか微妙かも…

この試合序盤はセルティックのFKキッカーがトンプソンでした。
まだトンプソンが蹴ることがあるとは思いませんでした(笑)
途中から中村選手になりましたが…

このまま試合はハーフタイムへ。

そして56分、左サイドズラウスキから中央ペトロフへ、このボールがさらに右サイド中村選手に渡ります。
中村選手はDFと対峙して、ボールを2,3回またぎ、左へ行くと見せかけてさらに切り返して右へ!!そのまま中央へクロス!
これが中央でフリーのトンプソンに渡りますがヘディングシュートは惜しくもゴールバーの上…
しかしいいフェイント、いいクロスで決定機を演出しました。
さすがにこのレベルでは自由にできる中村選手。
見ていて気持ちがいいです。

60分にはGKからのボールをハートソンがヘッドで落とし、エリア内へ。
そのボールをズラウスキがDFで競りつつうまく体をいれてボールキープ。
一瞬タメを作ってマイナス方向のグラウンンダー!
これをペトロフがシュートフェイントをいれてDFをかわした後、ゴール左へシュート!これで2-0。試合は決まりました。

中村選手は体力的なこともあり、70分にマロニーと交代しています。

結局このまま2-0でセルティック勝利。
完勝と言っていいと思います。

次はこの試合前まで勝点10で同点2位だったハイバーニアンとアウェイで。
この試合も勝って首位のハーツを追いかけたいところです。
願わくば中村選手がコンディションをあげ、フル出場&ゴールができれば最高です!!

posted by FootGuinness at 13:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | スコットランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6798347

この記事へのトラックバック

セルティック vs. アバディーン (SPL第6節)
Excerpt: 代表戦から中2日で先発 水曜日のホンジュラス戦からたったの中2日。 横浜ー宮城ー横浜ー神戸と動き回った佑二でさえ疲労困憊に見えたのに、 (同じルートを動き回った私も、移動だけでも結構ぐったり。。) ..
Weblog: 横浜・凛
Tracked: 2005-09-12 19:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。