2005年09月10日

W杯2006予選 速報?!その8

SWEADEN 3 - 0 Bulgaria (3.9.2005 WED Group8)
得点者 23分 リュングベリ【スウェーデン】
     75分 メルベリ【スウェーデン】
     90分 イウラヒモビッチ【スウェーデン】


ちょっと古い試合ですがBSで再放送を見たので書いてみます。
6試合を終わって勝ち点1差で首位のクロアチアを追うスウェーデン。
ここまでグループ随一の得点力と守備力を誇っています。
かたや、この試合に負けると完全にW杯行きがほぼなくなるブルガリア。

スウェーデンはホームでいかにして勝つか、というのがテーマになります。
そのスウェーデン、スタメンを見るとこれが豪華
このチームかなり強いんじゃ??
特にアタッカー陣の充実振りには目を見張るものがあります。
ユーべのイブラヒモビッチ、アーセナルのリュングベリ、バルセロナのラーション、レンヌのシェルストレム、アンデルレヒトのウィルヘムション、コペンハーゲンのリンデロートなどそうそうたるメンバー。
これはいやがおうにも期待してしまいます。

一方のブルガリアはエースのベルバトフが出場できず、苦しい戦いが予想されます。

ちなみにこの両チームは去年のユーロ2004でもグループリーグで戦っています。
その時はなんと5-0でスウェーデン。リュングベリ、ラーション×2、イブラヒモビッチにアルバックがゴールを決めています。

試合はホームのスウェーデンがペースを握り、自慢の攻撃陣がチャンスを何度となく迎えます。ブルガリアはカウンターを狙いますが、スウェーデンがしっかり対応します。
前半は0-0。

そして後半、48分にゲオルギエフがリュングベリをひっかけてしまい、退場!
さらにストイチコフ監督もこの判定に抗議し、退席処分に…
これで一気に流れはスウェーデンへ。
前半以上にブルガリアを攻め立てます。

57分にはシュートを3本立て続けに打ちますが、ブルガリアも粘り強く、ゴール前に人を集めて何とか守ります。

そして59分、ペナルティエリアすぐ外でボールを持ったラーションから、目の前のDF股下を抜いてリュングベリへパス。
このボールがDF足にあたり、DF3人が詰めていたのですが、リュングベリが神業テクニックを見せます!!
ゴールに背を向けた状態で、とっさに足裏でこぼれ球となっていたボールをゴール側に出し、すばやく身体をゴールの方に反転させて、GKの股間を抜くシュート!!!
これが決まってついにスウェーデンが先制します。
それにしてもリュングベリのため息の出るような個人技…感動です。

ブルガリアもマルティンペトロフが70分にゴール右上へ素晴らしいFK。
ただ、これをGKが完璧な横っ飛びでセーブ!
蹴った方もセーブした方も素晴らしい、見ごたえのある攻防でした。

しかし75分にリンデロートからの低いクロスにメルベリがヘディングシュート!
これが綺麗に決まり、2-0!!
FKからの攻撃だったため、DFのメルベリが残っていたことが幸いしました。

そして、90分にイブラヒモビッチがとどめのボレーを決めて3点目!!
…しかしこのシーンは録画されておらず、見れませんでした…なぜだ。。。

ともかく3-0でスウェーデンが勝利!!
これでブルガリアはほぼ脱落、スウェーデンは10月に来るクロアチアとの首位決戦に向かうことになります。。
個人的にはスウェーデン本大会で観たいなぁ。。。
このチームを予選でつぶしてしまうのは余りにも惜しい。
なんとか1位通過を!!
…でも何が起きても不思議じゃないのがW杯予選でもあるので。。
祈るのみ!ですね。

posted by FootGuinness at 02:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WorldCup2006予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6757810

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。