2005年08月30日

グループリーグ組み合わせ決定!!A

引き続き、グループE〜Hまでをお送りします。
なお、詳細は1つ前の記事をご覧ください。

GroupE
  @AC Milan(ACミラン:イタリア)
  APSV(PSV:オランダ)
  BSchalke(シャルケ:ドイツ)
  CFenerbahce(フェネルバフチェ:トルコ)

このグループは昨季のベスト4のうちの2チームが同居します。
さぞ厳しいかと思いきや、なかなかどうしてもう2チームにもチャンスがありそうな印象。
まず、ミランここは正直磐石でしょう。
昨季ファイナルのメンバーが残った上にイタリア代表ヴィエリを獲得。
隙が見当たりません。主力の怪我などよほどのことがない限り問題なしでしょう。
問題はここから。まず昨季ベスト4のもう1チームPSVですが、こちらはファンボメルとパクチソン、イヨンピョウ、が抜け、正直戦力ダウンは否めません。
昨季見せたようなコクーを中心としたチームの一体感を出せるかがポイントでしょうか。
シャルケはシュッツトガルトからクラニーを獲得したことで攻撃力がアップ。
アサモア、エルンストとバイラモイッチ、リンコンが絡んだ攻撃は期待できそうです。
そしてフェネルバフチェ。伝統的にホームで圧倒的な強さを誇るトルコのチーム。
実はこの対フェネルバフチェ戦がどのようになるかがキーの気がします。


GroupF
  @Real Madrid(レアルマドリッド:スペイン)
  ALyon(リヨン:フランス)
  BOlympiacos(オリンピアコス:ギリシャ)
  CRosenborg(ローゼンボリ:ノルウェー)

ここは…レアルは当確と言いたいところですが、もろさを感じることが多いのでわからないかも。。
さらにリヨンは監督が代わってしまったことによる影響がどう出るかが不安です。
攻撃的だった前監督から一転守備的なウリエへの監督交代。これにエッシャンのチェルシー移籍が重なったことがどうでるか。ただ、そのほかの主力は残っており、経験も昨季積んだということで、今季も楽しいフットボールが展開できれば問題はないと思いますが…
オリンピアコスは昨季のグループリーグでジェラードの一発に沈み、悔しい思いをしました。
その経験をバネにレアルやリヨン相手にどこまで食い下がれるか。
ローゼンボリはCLの常連ではありますが、国内リーグでも苦戦が伝えられており、CLまでにどのようにチームを立て直すかにかかっているのではないでしょうか。


GroupG
  @Liverpool(リバプール:イングランド)
  AChelsea(チェルシー:イングランド)
  BAnderlecht(アンデルレヒト:ベルギー)
  CBetis(ベティス:スペイン)

使い古された表現で恐縮ですが、今シーズンのCLグループステージで死のグループというとやはりこのGグループになるでしょう。
リバプールが昨季覇者という特別枠での出場のため、イングランドのチームでありながら同一国ルールが適用されず、見事にチェルシーを引き当ててしまったこのグループ。
さらにスペインのベティスまで飛び込んできて完成、といったところでしょう。
このグループもまた、グループEと同じく昨季4強が2チーム揃いました。
しかも同じイングランド勢でお互い手の内を知り尽くしています。
焦点はやはりこの2チームの直接対決2試合がどのような結果になるか、でしょう。
昨季セミファイナルのようなまた凄い試合がいきなり見られるかと思うと楽しみです。
ただ、現実問題としてはチェルシーの突破は堅いでしょう。
取りこぼしがありそうなリバプールとベティスの2位争いになる可能性はあります。
ベティスはホアキンが残留し、相変わらずの攻撃的なフットボールを展開します。
しかしリバプールの監督は元バレンシアのベニテス。ベティスのやり方はよく知っているはずです。しかも長らくベティスの攻撃を支えたデニウソンがボルドーへ移籍。
ここは案外リバプールがサクっと勝ち抜けるかも。
アンデルレヒトは…正直運がなかったと。。。
もちろんやってみなければわかりませんが…


GroupH
  @Internazionale(インテル:イタリア)
  APorto(ポルト:ポルトガル)
  BRangers(レンジャーズ:スコットランド)
  CArtmedia(アルトメディアプラティスラバ:スロバキア)

このグループは実は堅いグループかもしれません。
個々の戦力で他を圧倒するインテル。アドリアーノの反則のようなシュートがゴールを揺さぶるシーンが目に浮かぶようです。
チームとしてのまとまりが毎年不安視されますが、このグループであれば問題はないのではないでしょうか。
そして一昨シーズンの覇者ポルト。主力はごっそり抜かれましたが、その経験値などは昨季もグループリーグを突破したことでしっかりと受け継がれているように思えます。
ここも試合巧者ぶりを見せて、手堅く抜ける気がします。
アルトメディアプラティスラバ(長い!)は全くの未知数なので評価できません。。。
実際に見るのを楽しみにしたいと思います。
そしてレンジャーズ、こちらはポルトとの2位争いを狙いたいところでしょうが…
ここ最近グループリーグも抜けられないだけに戦力的に見ても正直苦しい気がします。。


というわけでグループリーグの組み合わせと全くの私的なイメージを書いてみました。
何はともあれまたCLの季節がやってきます!!
注目の開幕は9月13日(火)、14日(水)です!!!
 
posted by FootGuinness at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。