2005年08月29日

グループリーグ組み合わせ決定!!@

だいぶ遅くなりましたが、先日のUEFA SUPERCUPに先がけて、今シーズンのチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会が8月25日にモナコで行なわれ、05/06シーズンのグループリーグ組み合わせが決定しました。
この結果を元に早速9月13日および14日に開幕となります。
ここではそのグループリーグDrawの結果を見ていきたいと思います。

その前にDrawの大まかなルールを紹介しておきます。
 ・全32チームは、それぞれここ5年の成績を元にして、4つのPOT(POT1〜POT4)に分ける。
 ・各POTには8チームずつが入る。(8チーム×4POT = 32チーム)
 ・基本的にはPOT1を第1シード、以下、POT2が第2シード‥と考えてOK。
 ・グループはAからHまでの全部で8つ。
 ・各POTから1チームずつ(POT1から1チーム、POT2から1チーム‥)が1つのグループに入る。
 ・同一国から同じグループに2チームが入ることはない。
 (ex.イタリアのチームであるユベントスとACミランが同じグループにはいることはない)
 ・(放映権の問題から)グループをA〜DとE〜Hに分け、放送日を分ける。
 同一国が同じ放送日にはならないよう、基本的にはE〜HとA〜Dで同一国のチームは
  分散するように振り分ける。(ACミランがグループDなら、インテルはグループF)
 ・ただし、特別枠で予備予選から出場のリバプールに関しては、イングランド所属という
  扱いにしない。(イングランド所属チームとの同一グループになる可能性もあり)

 ここでは@がPOT1、AがPOT2、BがPOT3、CがPOT4のチームとして表記します。
 
GroupA
  @Bayern(バイエルンミュンヘン:ドイツ)
  AJuventus(ユベントス:イタリア)
  BClub Brugge(クラブブルージュ:ベルギー)
  CRapid(ラピドウィーン:オーストリア)

このグループは堅いグループです。
クラブブルージュとにとっては非常に厳しい。
バイエルンとユベントスという本来はPOT1に入ってしかるべきチームが2チーム。
しかも両チームとも手堅いフットボールを行い、勝ち点を取りこぼす可能性が著しく低い。
波乱は無いと見ますが…
あえて探すとすると、ユベントスのGKブッフォンが肩の脱臼でしばらく出られないこと。
それでも控えのGKがアッビアーティであることを考えると…それほどの波乱の可能性ではないかもしれません。。。

GroupB
  @Arsenal(アーセナル:イングランド)
  AAjax(アヤックス:オランダ)
  BSparta(スパルタプラハ:チェコ)
  CThun(トゥン:スイス)

このグループもかなり固めでしょうか。
ただ、グループAほど磐石ではないかもしれません。
欧州の舞台ではいまいち成績を残せていないアーセナル、昨シーズングループリーグで敗退してしまったアヤックス。チャンピオンズリーグの常連であるスパルタプラハにつけいる隙は十分にあると思います。
一方初出場のトゥン、全くの未知数ですがそれだけにアーセナルもアヤックスもやりづらいはず。
何かがあるかもしれません。

GroupC
  @Barcelona(バルセロナ:スペイン)
  APanathinaikos(パナシナイコス:ギリシャ)
  BBremen(ブレーメン:ドイツ)
  CUdinese(ウディネーゼ:イタリア)

このグループの注目は2位争いでしょうか。
バルセロナは昨季からさらにファンボメルなどの加入で磐石でしょう。
しかしここの2位争いは面白いと思います。ホームで強く、粘り強く戦うパナシナイコス、クローゼやミクーを要するブレーメン、そして昨季大躍進を遂げたウディネーゼ。
イメージで言うならばしぶとさ、経験のパナシナイコス、攻撃力のブレーメン、守備力のウディネーゼといったところでしょうか。
ここはいかにアウェイで落とさないか、さらに対バルセロナ戦をいかに戦うかがカギとなりそうです。

GroupD
  @Man. United(マンチェスターユナイテッド:イングランド)
  AVillarreal(ビジャレアル:スペイン)
  BLille(リール:フランス)
  CBenfica(ベンフィカ:ポルトガル)

このグループも面白いと思います。
どちらかというと曲者が揃っているグループという印象。
もちろん本命は目下リーグでも好調のマンUですが、昨季リーガを席巻したリケルメ率いるビジャレアルやチームがよくまとまっているという印象のリール、昨季リーグで王座奪還を果たしたベンフィカ、どこが勝ってもおかしくありません…
マンUと次に来るのはビジャレアルがやや優位かな、という気はしますが、昨季の失点の少なさの原動力の一つ、守護神レイナがリバプールに移籍してしまっているのが少し気になります。
リケルメとフィゲロア、フォルランのラインと、ソリンや今季獲得したタッキナルディらによるアタッカー陣がどこまでカバーできるかがポイントでしょうか。
蛇足ですが、ビジャレアルのフォルランは元マンU。
昨季放出されて、リーガでブレイクしました。古巣を見返すことができるかも注目です。

 続くグループE〜Hは次へ。。
posted by FootGuinness at 12:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6343787

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。