2005年08月28日

ルケとオーウェンと…

先週マイケルオーウェンがニューカッスル移籍に合意か?!という報道がありました。
…が、ニューカッスルは一転デポルティボラコルーニャからルケを獲得することで合意した模様です。
移籍金は1400万ユーロ(約18億9000万円)で5年契約の予定。
後はルケのメディカルチェックの結果待ちという状況のようです。

ルケは左足が素晴らしい選手で、サイドを切り裂く非常に良い選手という印象です。
デポルティボが強かった2〜3シーズン前までは特に輝いていたように思います。
(もちろん昨シーズンも11ゴールでよい成績を残していたとは思いますが)
個人的には好きなタイプの選手だったので、プレミアで見られるとは嬉しい限り。
それもニューカッスルということは、シアラーとコンビということ。
ただ、ニューカッスルの中盤はジェナス、リーボウヤー、スコットパーカー、エムレなど人材が豊富に揃っています。
ルケはFWとして使われる公算が大きいと思います。

この移籍に影響されたのがマイケルオーウェンの移籍です。
ブラジル人FWを補強したレアルにこのままいても出場の機会は少なく、来年W杯のことを考えて出場機会を求めた移籍を検討していました。
その結果浮上したのが、古巣のリバプールとニューカッスルです。

レアルとしては完全移籍でオーウェンの放出を検討していました。
かたやニューカッスルはどうしても欲しい選手としてオーウェンをリストアップ、積極的にレアルと交渉を行っていました。

オーウェン本人は、もしプレミアに戻るのなら「リバプール」と公言。
やはりやり慣れたプレミアの舞台、さらにスタジアムで、と考えていたようです。
ただし、もしリバプールが無理ならニューカッスルへ、とも考えており、その場合は完全移籍ではなく、レンタルで、というのが希望でした。

そのリバプールは態度はハッキリと表明せず。
ベニテス監督も良い選手が好きだが、すでに大勢(リバプールに)いる、と微妙な発言、ただしファンが期待していることも汲んで意見は表明していない、という見方もできます。

わかっていることは、ルケを獲ったことで、ニューカッスルがオーウェンを獲得する芽はなくなった、ということ。
これでオーウェンはレアル残留か、リバプールか、の2択に絞られたことになります。
(他に隠し玉が無ければですが…)
移籍期限は8月31日、あと4日ほど。
UEFA SUPERCUP終了後にリバプール側は決定を下すという噂もあります。

さぁ、イングランド代表にとっても他人事ではないこの移籍話、果たして結果やいかに…
posted by FootGuinness at 02:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6309712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。