2005年08月21日

PremierLeague 第2節 スカパー観戦記@

LIVERPOOL 1 - 0 SUNDERLAND(20.8.2005 SAT)

今季プレミアリーグとしてはアンフィールド初戦、リバプールとしては得意のホームで是が非でも勝ち点3が欲しいところ。
対するサンダランド、昨季チャンピオンシップリーグで堂々のトップとしてプレミアリーグに昇格、開幕戦で久々にスタジアムオブライトでプレミアリーグの試合に臨んだものの、チャールトンに敗れています。
こちらも何とか勝ち点を稼ぎ、今後の足がかりにしたいところ。

試合はホームでめっぽう強く、地力にも勝るリバプールが攻め、サンダランドが耐えるという構図。
今日もチャンスは作るものの、なかなか得点に結びつかない。
前半17分頃のゼンデンからのルーズボールのダイレクトの折り返しをシセが触ったシーンは非常に惜しかった。
ただ、前節もチャンスは作るものの…ということで今日も同じ展開か?と思わせられました。
しかし今日は前半24分にシャビアロンソのフリーキックで先制。
リバプールファンはホッと胸をなでおろしたことと思います。
さらに2点目を狙おうとするリバプール。
しかし入りません。

かたやサンダランド、こちらは戦力的なものもあるかもしれませんが攻めになかなか入れません。以前と比べて顔ぶれが地味になってしまっており苦戦はいたしかたないか。
(私が知らないだけかもしれませんが…)
今はアストンビラにいるケビンフィリップスとクインがいた頃はなかなか光る良いチームだなぁと思っていたのですが。。

ベンチのマッカーシー監督も渋い顔。
マッカーシー監督と言えば日韓ワールドカップでアイルランド代表を率いていたため、その印象が強い。
あの頃の自分たちの型を作って愚直なまでに忠実にそれを行うアイルランド代表を率いてたというだけで、何となく応援したくなってしまいます。
実際にロイキーンと衝突したことからも、人としても真っ直ぐで頑固なんだろうな、と勝手な想像までしてしまいます。
ただ、あのアイルランド代表もダフがいて、クインがいて、ホランドがいて、イアンハートがいて、さらにロイキーンがいる、というように光る技を持っていた選手が多数いました。
このサンダランドにはその何かをするための人がなかなかいないように思えます。
(前回降格時に人を抜かれていますからしょうがないかもしれませんが…)
今後も苦しいのではないか、というのが正直な感想です。

ただ、本拠地であるスタジアムオブライトは熱く、相手チームからするとやりづらい非常にすばらしいスタジアムだと聞いています。
ホームゲームをしっかりと取っていき、まずは残留に向けて勝ち点を稼いでいくというのが現実的な路線になるのではないでしょうか。

さて、リバプールは後半も攻め続けるもののやはり得点には結びつきません。
シセも何度か良い場面を迎えますがうーん、という感じ。
かたやサンダランドもSHOT ONの数も増やせない感じ。
という流れでそのまま時間が経過し、気がつくと後半もラスト。
ここで決められたらリバプールとしてはシャレになりませんが、その盛り上がりもあまりないまま試合終了。

なんとなくフラストレーションがたまるようなそんなゲームでした。
まだシーズン序盤なので、コンディションもなかなかあがらない中期待するのは厳しいかもしれませんが…
リバプールとしては5節6節でトッテナムとマンUと当たりますのでそのあたりまでに調子をあげていかないと。。。

ともあれリバプールとしては勝ち点3をあげ、まずは一息といったところでしょうか。
サンダランドは…4節のウィガン戦が終わったあたりで勝ち点が欲しいところですね。。
posted by FootGuinness at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。