2005年08月18日

PremierLeague 第1節 スカパー観戦記@

MIDDLESBROUGH 0 - 0 LIVERPOOL(13.8.2005 SAT)
昨シーズンCL王者になりながらリーグでは5位に甘んじたリバプール。
その原因は(多くの方が言っていますが)awayでの成績の悪さに尽きます。
今年は開幕がいきなりそのawayでボロ。
今シーズンの試金石になりそう…と見てました。

結果は0-0。
可も無く不可も無く…といいたいところだけど不可に傾く感じです。
山ほどあったゴールチャンスを決められなかったことと、その多くが
ジェラードだったことに不安を覚えます。
特に後半途中までモリエンテスが孤立して、かつサイドを活かせるわけでもなく
攻めの形が見えづらかった。

一方ボロはそんなリバプールに対して悠々と守っているように見えました。
ミランバロシュが後半入ってからは去年の貯金で多少息の合った攻めを見せるも
やはり決定力に欠けてスコアレスドロー。
リバプールとしてはジェラードが決定機を決められなかったのが痛かった。
ボロとしてはところどころチャンスはあったものの、やはり攻めの型が
はっきりと見えず、マークビドゥカやハッセルバインクに頼った攻めでは
限界だったように思えます。

双方にとって課題の残るスコアレスドローだったのではないか、と思います。
リバプールとしては守備でそれなりに結果を出せたことが好材料でしょうか。
両チームともヨーロッパとリーグで平行した戦いが強いられますので
それまでにいかにチームを成熟させられるかがカギだと思います。

何はともあれ開幕したプレミアリーグ、今年も楽しみです!
posted by FootGuinness at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。