2005年12月17日

CL抽選…



めっちゃ久しぶりの更新…
またぼちぼちいきます。

とりあえず速報ってことで…
CLの決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が本日行われました。
結果は…信じがたいことに。

チェルシー − バルサ
レアル − アーセナル
バイエルン − ミラン
PSV − リヨン
アヤックス − インテル
ブレーメン − ユベントス
ベンフィカ − リバプール
レンジャーズ − ビジャレアル

…あり得ない組み合わせの順番に並べてみました(笑)
左がグループリーグ2位通過のチーム。
右がグループリーグトップ通過のチームです。
1位と2位が当たるように、さらにグループリーグの1位2位同士の対戦と同国対決はなし、という条件で抽選が行われた結果ですが…

ほんっとうにあり得ない。
最初に目に飛び込んできたのが一番上のカード…
去年の組み合わせかと思いました(笑)

またかよ!と。
上3つの対戦は全て準決勝や決勝でも全然おかしくありません。
でも…これってレッズチャンス?!(笑)
連覇への見えざる手が働いているような気が。。。

再開は2月、決勝トーナメント1回戦が終わった後には再び抽選が行われます。
こりゃぁ楽しみだ。。。
どの試合を見るのか相当悩みそうですが…
何とか試合の開催日をうまくバラけるようにしてください>UEFAさん

posted by FootGuinness at 01:05| 東京 ☀| Comment(39) | TrackBack(8) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

気がつくと…



自宅でひたすら仕事をしていて気が付くとこんな時間。。
テレビに目を向けると…CL始まってる!!
マンUは?!と思ってつけながら仕事していると…
開始早々スコールズがゴール!
いきなり動いた!!
これでマンU有利か?と思ってたら…ホームのベンフィカが逆襲。
気が付くと1-2。。。
しかも1点目なんてものすごいダイビングヘッド。
さらにゴールが決まった瞬間のスタジアムの歓声が。。。
テレビで見ているだけなのにステレオで包まれるように聞こえてびっくりしてしまいました(笑)
ちょっとお得な気分になりました。

ここからマンUどうなる?どうするマンU??
さぁ、勝負の後半!と言いたいところですが、そろそろ寝ないと…
一睡もしないのはさすがに仕事に影響が出そうなので。。
あ〜でも見たいな。。

posted by FootGuinness at 05:51| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

ブログ普及委員会!!



サッカーの話題とは何ら関係がありませんが…
ブログ普及委員会なるものが発足したようです。
委員長は「眞鍋かをりさん」。
ブログの発展を推進して行くとか‥
初心者向けの講座と来年スタートの上級者向けの講座などなどやっていくようです。

というわけで新らしモノ好きとして早速委員に登録してみました。
…これで自分と皆様のブログの発展に微力ながら貢献できるのでしょうか??
……とりあえずこのブログの更新をこれからも頑張ることにします(笑)

興味がある方はこちらからどうぞ!



posted by FootGuinness at 09:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

PremierLeague 第14節 スカパー観戦記@

LIVERPOOL 3 - 0 WIGAN (3.12.2005 SAT)
19分 ピータークラウチ【リバプール】
41分 ピータークラウチ【リバプール】
70分 ルイスガルシア【リバプール】


ここ最近5連勝とリーグでも好調のリバプール。CLも勝ち抜けを決めてイイ感じになってきています!
ミッドウィークのサンダランド戦も2-0の快勝でした!

一方のウィガンは6連勝のあと連敗。まだチェルシー、マンUと続くこの日程をいかに乗り切るかですが。。

ちなみにこの試合では先日オーストラリア代表として歓喜のW杯出場を決めたハリーキューウェウが右で先発です。まぁポジションは流動的でしょうが。
あのキレキレのドリブルに期待ですね!

4分いきなり左からのクロスにキューウェルがダイレクトで合わせます!
これはGK正面となりますが、いい攻撃ですね。
キューウェル以外にも数人詰めていましたし。

19分クラウチが後方からのボールを受けて、ハーフラインあたりからボールを持ってひたすらドリブル!
エリアすぐ外まで行ってミドルシュート!!
これがDFに当たってディフレクションとなりますがこのボールがふわりと高く弧を描くボールに。
そして気が付くとそのボールはそのままゴールに向かいます!
GKもバックステップで戻ってボールをかき出そうとしますが手には当てたもののかき出すまでには至らずゴール!!!

というわけでとうとうクラウチがゴールしました!
リバプールで期待されていながら20時間以上ノーゴール。長かったですね。。
PKも外して本人も追い詰められていたとは思いますが、形はどうあれこの試合で決めることができてホッとしているのではないでしょうか。
それは使い続けたベニテスも同じですね。
これをきっかけに昨シーズンのようなプレイが戻って大活躍!となると最高なのですが。

それにしてもこのゴールシーンの後のクラウチの喜びようも凄かったですが、チームメイトの喜びようも凄かった!!
みんな本当に切望していたんでしょうね。クラウチいい人なんだろうなぁ…

26分ゴール正面でクラウチが受けたファウルからのFK。
ジェラードが低いボールで5枚の壁の低いところを狙います!
このシュートが壁の下を抜けます!!…がこれはGK正面。何とか事なきを得ました。

33分後方からのロングボールをクラウチがジャンプしながらボレーでのポストプレイ!
このボールがクラウチの右を駆け上がっていたジェラードに!!
ジェラードはそのままエリアまで行ってシュート!!
これはGKがセーブしますが、非常にいい流れでした。

34分デゼヴがマットジャクソンと交代。デゼヴは前のCKのプレイで怪我をした模様。

38分ジェラードが右にはたき、右からのクロスにクラウチが頭でファーサイドに落としたところ、キューウェルがインサイドキックでダイレクトで狙います!
がこれはポストぎりぎりのところで外れます。
それにしてもまさに流れるような展開。
今日のリバプールはいいですね。。

41分DFラインからのロングボール、クラウチがうまくウィガンDFラインの裏に抜け出て、そのボールを受けます。
GKも出てきていましたがクラウチは落ち着いてループシュート!!
これが綺麗にゴール左に決まってリバプール2点目!
これまであれだけ点が取れなかったクラウチがあっという間に2点…面白いものです。

前半はこのまま終了。
クラウチの2点でリバプールが2-0とリードです。
それにしてもここまでのリバプールは素晴らしいです。
速いパス回しと固いDF、強い時のリバプールですね(笑)
スコアも2-0ですがチャンスをその5倍くらい作っています。
後半この状態をひっくり返すのはウィガン少々大変かもしれません。
とりあえずクラウチのハットに期待しつつ後半へ…

後半早々の46分ウィガンは自陣からのロングボールにロバーツが前線で走り1対3ながらボールをキープ!
!反転してエリア内に侵入します!!…がヒーピアがスラディングでクリア!
一瞬でも遅ければ危ないシーンでしたね…
ロバーツも3人に囲まれながらエリア内であわやというところまで行くあたり素晴らしかったです。

さらにそのCK、クリアボールをガヴァナフがダイレクトでシュート!
ゴール左上に飛んでGKレイナも動けず、というシーンでしたがこれは惜しくも沸く枠を外れます。

リバプールも負けていません、48分右のフィナンからの前線へのクロス、これにモリエンテスが頭で合わせます!
しかしこれはGKがかろうじて手に当ててセーブ。

59分カマラが左でボールを持ち上がり、中央のロバーツへ!
ロバーツはボールをエリア内でキープしてボールをやや下げます。
そこに後方からあがってきた選手(誰かわかりませんでした…)がダイレクトでミドル!
ゴール右下に向かう低く抑えたいいシュートでしたがレイナがしっかりキャッチ。
しかいウィガン久々にいい形でした。

62分キューウェルと交代でリーセが入ります。
キューウェルだいぶいい感じです。実況でも言っていましたが。
後は持ち前のドリブルでガシガシ行ってもらえるようになればなおいいかと。

さらにベニテスが動きます。
67分シャビアロンソに代えてハマンを投入。なんかハマン見るの久しぶりな気が…

68分カマラがエリア内で倒されるシーン、ミドルを狙うシーンなどウィガンが連続で攻めますが、レッズのDFも集中して決定的なシュートを許しません。
逆にレッズのカウンター、クラウチがボールを持って3対2になりますが左でボールを受けたジェラードが止められて惜しくもゴールならず。
それでもCKを得ます。
その左からのCKをジェラードが蹴り、エリア内のモリエンテスへ!!
モリエンテスが頭で合わせてゴール左にボールが向かいます…と思ったらそのシュートにルイスガルシアがさらに胸で合わせてコースを変えてゴール!!!
リバプールが3点目!これで試合はほぼ決まりですね。。

73分クラウチに代えてシセを投入。スタンディングオベーションで迎えられます。
今日は自らもゴールを取り、ポストプレイもパスも良かったですね。
常にこんなプレイができると素晴らしいのですが。。

その直後ジェラードが倒されて得たゴール正面のFK。
ジェラード自ら蹴りますがこれがゴール右素晴らしいコースと威力!
しかしGKが素晴らしいセーブ!!

82分シセがDFラインの裏に綺麗に抜け出し、DFと1対1に、右側にフリーでいたモリエンテスへはたいてGKと1対1でシュート!!
しかしこれはGKがセーブするも、さらにこぼれ球を再びモリエンテスがシュート!
これもGKがセーブ。ルイスガルシアと一緒に右でフリーでいたルイスガルシアがものすごい悔しそうです…
モリエンテスに取ってほしかったですが。。。

このまま試合は終了。
リバプールが3−0で完勝です!!
これで6連勝ですね。
今日のリバプールは攻守ともに文句なしです。
特に攻撃面は速いパス回しとシュートまでのプロセスが非常に良かったです。
カウンターでも中央だけでなく、左右のサイドも素早く上がってフォローしてましたし、クロスのボールにはクラウチとモリエンテスがよく絡んでいました。
そして何と言ってもクラウチがついに2ゴール!!
これを皮切りに今後も量産していってほしいところです。

一方のウィガンは完敗、これで3連敗となってしまいました。
上位陣との連戦で厳しい結果となってしまっています。
しかしこの試合でも光るシーンは結構ありました。
ひとまず連勝中のような守備を思い出しさえすれば、前の選手のカウンターも活きるはず。
ここで潰れずにまたじっくりとあがっていってほしいところです。

リバプールは今月残り8試合もあるとのこと!
ここから1月までの過密スケジュールを怪我無く、調子よく乗り越えていってほしいところです!!

posted by FootGuinness at 01:08| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

PremierLeague 第14節 スカパー観戦記@

BOLTON 2 - 0 ARSENAL (3.12.2005 SAT)
19分 ファイ【ボルトン】
32分 ヤンナコプロス【ボルトン】


ここのところ3連勝と好調のアーセナル、かたややや一時ほどの勢いとまではいかないボルトンの対戦。
しかしボルトンはホームで滅法強く、アーセナルは前回ウィガン相手に今季アウェイ初勝利とアウェイではあまり力を出せていません。
この試合はどうなりますか…

いきなり中田ヒデがスタメンはおろか、サブにも入っていないと知ってがっくり…
アーセナル相手にどのように戦うのか見たかったのですが。。
ミッドウィークのカーリングカップで延長含めた120分フル出場が効いているのでしょうか。。

試合はアーセナルが中盤から試合を作ろうとし、ボルトンは基本的にはデイビスを中心としてロングボールを狙うシーンが多い展開に。
そんな中なかなか両チームとも決定的なシーンは作れません。

15分右サイドをリュングベリがあがり、中央へのクロス、これにセスクが頭で合わせますがこれはGKヤースケライネンの正面。

19分右からの絶妙なクロスをアーセナルDFがクリア、しかし逆サイドにいたヤンナコプロスがフリーでボールを持ち、落ち着いてふわりとしたボールをゴール前にあげます。
これに後ろから走りこんできたファイが高い打点でヘッド!
見事ゴール右に入ってボルトンが先制します!!

セスクもいたのですがファイに完全に制空権を握られてほぼフリーでのヘッド。
見事なゴールです。

このゴールを境に流れはボルトンへ。
どんどんアーセナル陣内に入り込んで行き、ファウルをもらう、クロスをあげるなど思い通り(のように見える)に攻めを展開します。

29分にはアーセナル陣内でボールを奪われ、一気にスルーパス1本であわや、というシーンに。ただこれはオフサイドで事なきを得ましたが。。

32分自陣でロングボールをジウベルトシウバが処理し損ね、そのボールをケビンデイビスが奪います!
そのまますぐに中央へボールを送り、走りこんだヤンナコプロスが難なく決めてボルトンは2点目!!
アーセナルは守備で痛いミスが出てしまいました。。
1点はともかく2点はやや厳しいですね…

少しでも早く1点を返したいアーセナルですが、33分アンリがワントラップから左足でエリア外からミドル!
これがGKの手の先を越えてゴール右に向かいますが、これは惜しくもポスト!

36分ボルトンは左のFKからファーサイドへのボール、これにファイが角度が無いところながらジャンプしながら合わせてシュート!
しかしこのシュートはレーマンがうまく腕一本で書き出してゴールならず。
アーセナルにとっては危ないシーンが続きます。

39分ボルトンはCKからDF(キャンベル?)がヘッドでクリア、そのクリアボールをエリア外からノーランがダイレクトボレーで狙います!
しかしこれはレーマンが見事な横っ飛びでファインセーブ!
ゴールを許しません。
これが決まっていれば試合もほぼ決まっていたのでは?となるだけに大きなセーブですね。

40分後方からのロングボールをやや下がってきたアンリが競りますがボールには触れられず、そのまま前線のファンペルシへ!
DFもうまくボールに対応できず、ファンペルシはそのままダイレクトでゴールに蹴りこみます!…が、このシュートはノーゴール。
オフサイドもなかったのに、と思っていたらアンリが空中で競った際にファウルをしていたという判定。うーん、うまくファンペルシは決めたのですが。。。

前半はやはりボルトンの1点目を境に流れが変わりました。
両チームともにギアがあがってゴールが入りそうな試合に。
ただ、チャンスを確実にモノにしたボルトンとツメが甘く、守備で対応しきれていないアーセナルの差が2点になっている気がします。
ちょっとしたことで流れが逆になる可能性もあるとは思いますが。

52分アンリがエリア外から強烈なシュート!
しかし前半と同様このシュートも再び右のポスト直撃!!
跳ね返ったボールがヤースケライネンに当たって入るかと思いきやこれが当たってピタっと止まります。
今日のアンリは運がありませんね…
さらにそのこぼれ球をピレスが狙っていましたがこれはヤースケライネンがセーブ!
どうしてもゴールが遠い感じですね…
実況でも言っていましたがピレスはスライディングシュートなどをすれば先にGKより先にボールに触れた気がしましたが…

ただ、アーセナルはこの時間帯完全に試合を支配。
ボルトンゴールにひたすら襲い掛かります。
このあたりで1点取れるかどうかが分かれ目になりそうですが。。

しかしこの流れをモノにできず再び展開はやや膠着、そこからまたボルトンの流れへ。

66分ボルトンはCKからアーセナルゴール前へ、その混戦から高いボールがゴールに入ります!
しかしこのプレイはファイが手でボールを入れたプレイ。
さらにGKレーマンに対してディウフが肘打ちでファウル。
このプレイは結局ディウフの肘打ちファウルを取ってノーゴールとなったようです。
…しかしファイのハンドはいいのか??

67分アーセナルのベンゲルはこの試合を打開すべく一気に動きます。
ファンペルシに代えてベルカンプを、さらにセスクに代えてレジェスを投入。
この交代でより攻撃色を強める(はずの)アーセナル、点に直結しますか。

しかしその後も決定的な場面はなかなか作れず。
いつものようにボールをつなぎますが、最後のところを個人技に頼るか、パスをカットされてしまい決定機に至りません。

81分2点目を取ったヤンナコプロスとリカルドバステと交代します。

84分その代わったバステが抜けかけてGKレーマンと1対1のシーンになりましたが、これはレーマン左足の足元を抜けようとするシュートをうまくセーブ。

86分先制点のファイが足を痛めてジャイディと交代。

ロスタイムは3分もアーセナルも決定機を作れずそのまま試合終了。
2-0でボルトンが勝利です。

これでボルトンは再び上位に浮上、一方のアーセナルはチェルシーを追うには痛い黒星。
まだ波に乗り切れないですね。。
何となくいつもの綺麗なサッカーが機能していない気がします。
個人技に頼っている、というか。
調子がいいときのアーセナルなら相手はアーセナルがボールをつないで来ることをわかっていても止められないのですが、今は読みきられている感じです。
これはこの試合に限った話ではありませんが。

一方のボルトンは中田ヒデがいない試合ながら、アーセナルを攻守に圧倒、完勝と言っていいと思います。(正直ヒデがいない時にいい試合をしてしまうのは微妙ですが…)
ホームでの強さは本物かもしれません。
UEFAカップもカーリングカップも含めて中田ヒデを使いつつ頑張ってほしいところです!

posted by FootGuinness at 02:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ギャリーネビルが…



ロイキーンがチームを離れ、有能なMFだけでなくキャプテンを失うことにもなったマンU。
その偉大なるキャプテン、ロイキーンの後継キャプテンが決まりました!
何でもニステルローイか、ギャリーネビルか、ライアンギグスか、という3人のうちの誰かということだったらしのですが、最終的にはギャリーネビルに決定しました!!

かなりベテランだと思っていましたがまだ30歳なんですね…
思ったより若かったです。。。
でもネビルであればファンからの人気も絶大、人望も厚く、戦うキャプテンとして申し分ない気がします。

それにしても未だにキーンがまたあの赤いユニフォームを着てピッチに現れそうな気がしてしまうのは私だけででしょうか??
いや、ネビルで役不足とかいうのではなく、それだけ印象とかが強い感じですね。。
ネビルが数年後そんな存在になっているよう期待しています!!!

posted by FootGuinness at 02:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

アメリカ代表戦!!



12月9日のW杯組み合わせ抽選会も非常に気になるところですが、一方で来年の本番に向けて日本サッカー協会も色々動いているようです。(当たり前といえば当たり前ですが…)

来年早々から始動する予定の日本代表ですが、その一環として2月10日(金)にアメリカ代表と親善試合を行なう予定のようです。
場所はサンフランシスコ。
正直サンフランシスコでの試合ってあまりイメージが湧きませんが…(笑)
もちろん9日の抽選でもし同組になった場合は行なわれないのでしょうが。

アメリカ代表というと…プレミア勢ではレイナや先日2ゴールしたマクブライド、GKフリーデル(アメリカ代表で正GKなんでしょうか?)などが浮かびますが。。
何となく肉体的にハードな試合になる印象があります。

アメリカまで行ったついでに日本代表が苦手な南米系の代表と試合やるのも手だと思うのですが、やらないんですかね‥
ウルグアイとかパラグアイとかメキシコとかいいと思うんですけど。
それはそれとしてとりあえず楽しみです!

posted by FootGuinness at 12:34| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFA杯 第4節速報!



11月30日、12月1日にかけて行なわれたUEFAカップ第4節の結果です!


GroupA
スラビア 0-2 モナコ
CSKAソフィア 2-0 バイキング

GroupB
ブロンビー 1-1 エスパニョール
Mペタティクバ 0-4 ロコモティフ・モスクワ

GroupC
サンプドリア 0-0 ヘルタ・ベルリン
ステアウア 3-0 ハルムスタッド

GroupD
グラスホッパーズ 2-3 ドニエプル
リテックス 0-2 アルクマール

GroupE
ツルベナ・ズベズダ 3-1 ローマ
バーゼル 4-3 トロムセ

GroupF
レフスキ 1-0 マルセイユ
ディナモ・ブカレスト 1-0 CSKAモスクワ

GroupG
レンヌ 0-1 シャフタール
ラピド 1-0 PAOK

GroupH
セビージャ 3-1 ギマランエス
ベシクタシュ 1-1 ゼニト


この第4節はボルトン、ハンブルガーSVの試合はなし。
中田浩二所属のマルセイユは敗れてしまいました…
せっかくの中田浩二フル出場だったのですが。。
マルセイユは以前首位ですが、次節は2位のレフスキとの対戦!
この試合にグループリーグ突破をかけます。

この日でステアウアやAZ、リテックス、アルクマール、ボロ、セビージャなどなどが突破を決めています。
が、いかんせん4試合、あっという間にひっくり返ります。
ということで大部分のチームが12月14日、15日の第5節に突破の可能性を残しています。
とりあえずボルトン、ハンブルガーの突破に期待しています!!

posted by FootGuinness at 08:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーリングカップより



11月30日に行われたカーリングカップ4回戦から。

まずは中田ヒデが所属するボルトン。
レスターとの対戦。1-1のまま延長に入り2-1で見事勝利!
中田ヒデは延長も含めてフル出場した模様です。
これでボルトンは8強です。


次にイナのWBA。
こちらはマンUと、しかもアウェイでの対戦。
ジョージベストが亡くなって以来初のホームゲームということもあって追悼の雰囲気の中での試合だったようです。
マンUとしては恥ずかしい試合はできません。
結果、サハの今季初ゴール、ほかオシェイとCロナウドが決めて3-1でマンUが勝利。
WBAは敗退となってしまいました。

ただ、イナもこの試合フル出場。
試合後にはロブソン監督から「この試合のベストプレイヤー」と評されるなど、いい動きをしていたようです。
これでまたレギュラー確定に一歩近づきましたね!
週末のリーグもこの調子で頑張ってほしいです!!

そのほか、カーリングカップではなく、プレミアシップの試合も1試合行われています。
カードはサンダランド‐リバプール。
この試合はリバプールがFIFAクラブ選手権に出場するためリーグ戦を戦えないことに対する処置ですね。ちなみにこの試合は本来は17節の試合です。

で、結果は30分にルイスガルシアが、45分にジェラードが決めて0-2でリバプールが勝利!
これで4位まで浮上です!来ました!!!
ちょっと過密日程は不安ですが…怪我せずこの調子で勝ち続けてほしいところです!!!

posted by FootGuinness at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーレス?!



イングランドより移籍絡みのニュースが。

1月の移籍市場解禁を控えてチェルシーがまた動くかも、という話。
イングランドの大衆紙ミラーによるとチェルシーがこの冬にアトレティコマドリーのフェルナンドトーレスの獲得に動くとか。
そのための資金はなんと3700万ユーロ(52億円)。
何でもドログバがアフリカネーションズカップ出場でチームを離れ、クレスポも万全でないためFWが必要とか。

しかしトーレスはアンリの去就が微妙なアーセナルも獲得に動いているというウワサもあります。単純に金銭面ではチェルシーかもしれませんが…
アーセナルはアンリが残留すればその話も消えそうですが。

トーレスはこの前のW杯予選終盤とプレイオフで名を挙げた印象ですね。
ただ、個人的にはまだここ一番での強さをイマイチ感じないのですが…
この話実現するのか、ガセで終わるのか、ちょっと注目です。。

posted by FootGuinness at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

次はFIFA年間最優秀選手だ!!



というわけでロナウジーニョのバロンドール獲得が先日ニュースになりましたが、続いてFIFA年間最優秀選手のノミネートされた選手が発表されました。
まずはバロンドールを獲得したロナウジーニョ、同じくバルサのエトー、最後の1人はチェルシーのランパードの3人です。

…ジェラードがいない(涙)
まあロナウジーニョとランパードは順当だと思いますが…
エトーですか‥確かにリーグ優勝には大きく貢献しましたが。。
CL優勝の立役者にライトを当ててもいいんじゃない?FIFA!とちょっと言いたい…
でもFIFAとしてはUEFAの看板CLの功績を堂々と認めたくなかったのかもしれません。。。
考え過ぎかもしれませんが。。

ロナウジーニョはFifPro(国際プロサッカー選手協会連盟)の最優秀選手賞も取っているんですね。。知りませんでした。
となるとFIFAの年間最優秀を取ると3冠ですか‥
調べていませんがそれって至上初だったりしないんでしょうか。
何となく獲得濃厚な気もしますが。

ただ、プレミアびいきとしてはやはりここはランパードで行ってほしいところ。
気になる決定は12月19日に発表です!!

posted by FootGuinness at 12:33| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | UEFA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。