2005年11月07日

モウリーニョが‥



マンU戦の前の話になりますが、モウリーニョがまた面白いことを‥
曰く、
「金をかければサッカーは勝てるわけじゃない。インテルがいい例だ。これまでに途方も無い金を投じてきたが長年に渡って何も勝ち取っていない。バルサも欧州チャンピオンズカップを1つとっただけ。逆にポルトやリバプールは金だけが全てではないことは見せつけた」
と。

まぁポルトは自画自賛だったりしますが(笑)、あながち間違ってもいないのですが‥
何もそんなケンカを売るようなこと言わなくても‥(笑)
さらに現在お金を投資しているチェルシーの監督が言ってもねぇ。。
それがモウリーニョの面白さでもありますが。

ただ、今後のチェルシーの方向性としては「下部組織から選手を多く引き上げるような安定したクラブを作りたい」と至極まともなことも。

ま、いいこと言っているんですけどね。
是非はあるでしょうがやっぱりこの人はこうでなきゃ!


posted by FootGuinness at 12:41| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(2) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第11節 スカパー観戦記A

MANCHESTER UNITED 1 - 0 CHELSEA (6.11.2005 SUN)
30分 フレッチャー【マンU】


見るのが怖い試合です…(笑)
文字通り崖っぷち(すでに落ちかけ?)のマンU。
対してリーグ戦敵無しのチェルシー。
ただ、ミッドウィークのCLでベティスに1-0で敗れており、今季90分で初の黒星を喫しています。
ここ最近失点が多いことやカーリングカップの(PKの末の)敗戦など決していい流れではないチェルシーとしてはここで勝ってしっかりと流れを掴みなおしたいところ。

マンUは…これがあのマンU?という状況ですが…それでもプレミアの盟主としては簡単に屈するはずはない(と思いたい)です。
何とかこの試合で意地を見せて、CLなどへのきっかけとしてほしいところですが。

前半14分ダミアンダフからのエリア右外のFK、これがファーサイドに飛び、そこにデルオルノがフレッチャーの裏を取ってフリーに!
しかしこれはデルオルノが間に合わず…にしても危ないシーンでした。。

17分左サイドでルーニーが頑張ってボールに追いつき、エリア中央のフリーのスコールズへ。
これを得意のミドルで狙いますが、惜しくもゴール右に外れてしまいます。
しかしルーニーの頑張りといい、シュートといい非常に惜しかった…
決っていれば面白かったのですが。。

ただ、ここまでチェルシー相手に積極的に攻めているマンU。
チェルシーは相手にシュートを打たれるシーンがあったり、ボールをキープされるなどいつもより守備が甘い印象があります。
これでマンUが先制してくれると楽しくなるのですが…

30分右サイドからのクロスをエリアから出たルーニーキープし、スコールズに預けます。
スコールズが左に開いていたクリスティアーノロナウドへ。
Cロナウドからファーサイドに走りこんでいたフレッチャーへのクロス!
フレッチャーの位置はゴールラインギリギリの角度の無い位置だったのですが、このボールをヘディングシュート!!!
これがふわりと浮いてチェフの頭も越し、ゴールライン上でクリアしようとしていたテリーのジャンプも及ばず、ゴール左のサイドネットに入ってゴール!
マンUが先制します!!

シュート自体マグレかもしれませんが(笑)、このシュートの意味は大きいです!
フレッチャーは今季プレミア初ゴールらしいですが、大きな仕事をやってのけました!!

ロスタイムは3分、最後にランパードのFKがありましたがそのまま1-0で終了。
後半に強いチェルシー(実況でもひたすら言っていました)相手にこのまま行ってくれると嬉しいのですが…

56分チェルシーのカウンターから最後はドログバにボールが入りますが何とかDF陣が立ちはだかってゴール左に外れます。

59分にこの試合初のイエローカードがドログバに。
ここから立て続けにCロナウド、スミス、フレッチャー、デルオルノがもらいます。
堰を切ったかのよう(笑)

67分ドログバがエリア内でボールをトラップしうまく体を入れてシュート!が当たり損ねてそのボールがランパードへ、これをシュート!!も出足よくファンデルサールが詰めてファインセーブ!!

69分左に展開しているダフから中央へクロス!
これに後ろから走りこんでいたデルオルノがダイレクトボレー!!
しかしこれはゴールバーの上。
フリーでうまくあわせましたが…

このあたりはもうチェルシーの猛攻。
危ないシーンも多いのですが何とか守っていますね(笑)

それにしてもさすがチェルシー、攻めも多彩です。
ユナイテッドはギリギリの所で対応している感じです。
ユナイテッドが持ちこたえるか、チェルシーがゴールを割るか、見ごたえのある試合になってきました。

チェルシーはエッシェンに代えてグジョンセン、ジョーコールに代えて、ショーンライトフィリップス、デルオルノに代えてカールトンコールを投入。
リズムを変え、点を取りにきます。

マンUもファンニステルローイに変えてパクチソンを投入。
この交代が吉と出るか凶と出るか…
パクチソンが残り10分無い状態できっちりゲームに入れるでしょうか。。

83分パクチソンがエリアすぐ外で絡んだボール、DFともつれてこぼれたボールをルーニーが拾いシュート!!
しかしこれはDFにあたってラインを割ります。
決っていれば試合も決っていましたが…

87分25mあたりのところでFK、ランパードが蹴りますがこれは壁に当たってゴールの外へ。

89分ショーンライトフィリップスの右からのサイドチェンジがエリア内のグジョンセンに渡りドリブルをしかけてシュートを打ちますが、これはDFがしっかり付いていて体で弾きます。

ロスタイムは4分。
チェルシーはドログバめがけてロングボールという戦術になります。
しかし、すでにわかっているマンUDFはきっちり対応。

92分ルーニーが左サイドから3人を抜いてフリーになりかけますが、3人目のマケレレが倒して止めてイエローカード。
惜しいシーンでした。抜けていればGKと1対1でしたが…

しかし試合はそのまま終了!!
ここまで40試合負け無しだったチェルシーですが、ついにマンUがStop the Chelseaを成し遂げました!!!

それにしてもマンUはまたもや連勝ストッパーですね。。
前回もアーセナルが49連勝していた際のストッパーはオールドトラッフォードでのマンU戦、そして今回も…

勝因は、マンUの集中力の高さでしょうか。
とにかく穴はありながらも守備面で頑張りました。

ファンデルサールを中心としてきっちり守っていたマンUの守備力を最後までチェルシーは敗れませんでした。
正直フレッチャーのゴールはもう一度やれ、といわれると難しいかもしれませんし、後半怒涛の攻めを見るといつチェルシーがゴールを割ってもおかしくはありませんでしたが、崖っぷちのマンUはそれを許しませんでした。

スコアは1-0でしたが個人的には面白いゲームでした。
緊迫感がすごかったのと、スタジアムの雰囲気、両チームの意気込みがぶつかっているようでかなりドキドキしながら見ていました(笑)

正直これでチェルシーがガタガタっと崩れるかというとそれはあまり無いと思います(笑)
チェルシーは十分強かったですし、そういうこともあるかな、という感じではないかな、と。
そんなヤワなチームではないでしょう。

反対にマンUはこれで上昇していける…かどうかはわかりません。
やはりホームでチェルシー相手ということで相当テンションも上がっていたでしょうし、普段以上の力が出た面も否めませんので。。
ただこれをきっかけに上がっていってほしいとは思っていますし、マンUとしてはそうしなければならないでしょう。
とりあえず次の試合、チャールトン戦が1つの試金石になると思います。

ともかくマンUがチェルシーの連勝を止めました!
これでプレミアが面白くなってくれることを祈ります!!!

posted by FootGuinness at 03:08| 東京 ☔| Comment(9) | TrackBack(8) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコットランドプレミアリーグ 第14節 スカパー観戦記

FALKIRK 0 - 3 CELTIC (6.11.2005 SUN)
 41分 マロニー【セルティック】
 42分 マグギディー【セルティック】
 68分 ハートソン【セルティック】


ここ9試合負けなしのセルティック。
かたやホームで勝ち星のないフォルカーク、順当にいけばセルティックなんですが…
ここはきっちり勝って次節のオールドファームダービーを迎えたいところ。。

試合は終始セルティックが押していて完勝ですね。
俊輔は…相変わらずというか個人主義が多いセルティックにあって正直十分ボールを委ねられているとはいえない状況…
それでもスタメンフル出場は立派だと思います。

欲を言えばもう少し存在感がほしいなぁ…と。。。
良くも悪くも俺が俺が!のマロニーはこの3点に絡んでいるのに対して寂しいな、と。
(2点目はマロニーのアシスト、3点目はマロニーのシュートをGKが弾いたところをハートソンが押し込んだ感じです)
もう少し周囲も活かしてくれよ!!と叫びたくなってしまいました。。
いまさらかもしれませんが…
今後はそんな中でも”決定機の演出(もしくはゴール!)”というものが求められるのかなぁ、とも思います。
チームを支えている、という貢献度はもちろんあると思っていますが。

余談ですがこの試合ハートソンはセルティック100ゴール目!!だそうです。
これまで30人近くいるそうですが前の達成者は現バルサのラーション!
また調子があがってきているようですし、今後も俊輔からのパスでビシバシゴールを決めてほしいものです!

何はともあれセルティックは完勝、これで得失点差ながらリーグ首位を守りました。
次はオールドファームダービー!
この試合でぜひぜひ大活躍する俊輔を見たい!!
ゴールを決めてくれれば…最高です。
期待しています!!!

posted by FootGuinness at 01:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | スコットランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。