2005年10月30日

PremierLeague 第10節 スカパー観戦記B

MIDDLESBROUGH 4 - 1 MANCHESTER UNITED (29.10.2005 SAT)
 2分 メンディエタ【ミドルスブラ】
 25分 ハッセルバインク【ミドルスブラ】
 49分(PK,1st.Half) ヤクブ【ミドルスブラ】
 78分 メンディエタ【ミドルスブラ】
 93分 クリスティアーノロナウド【マンU】


相変わらず波に乗れないマンU。
一方期待されながらもここまでわずか3勝とこちらも波に乗れないミドルスブラ。
マンUはアウェイで実力者ボロ相手にどう戦うのか…

ところが、試合はボロの一方的なゲーム。
なにしろマンUは中盤がボロボロ。
スペースがあり、ボロは自由に前を向いてボールを持ってプレイできます。
特にこの試合はメンディエタが積極的に攻めます。
隙あればいつでもミドルを狙い、中盤からのロングボールも出します。

そんな象徴的なプレイが2分のメンディエタのロングシュート!!
開始早々ペースがつかめない中の見事な思い切りのシュートでした。
中盤でのチェックはほぼ無いに等しかったです。。
これで早々にボロが先制!
マンUはいきなり出鼻をくじかれましたね。。

その後もメンディエタからのロングボールにハッセルバインクとリオファーディナンドが競り合う展開、ややリオが有利かと思いきやハッセルバインクがうまくボールコントロールをしてリオに競り勝ち、GKと1対1からシュート!!
これがファンデルサールの手を弾いて2点目!

さらに前半ロスタイムの48分にもバーナビーがリチャードソンに倒されてボロがPK獲得!
かなりマンUサイドは抗議していますが、エリア内で手を使って引き倒しているように見えますからね。。。
これをヤクブが難なく決めて3-0。マンUはボロボロですね…

後半もボロペースは変わらず。
77分ヤクブがエリア左でリオと対峙するもあっさりと突破。
エンドライン近くまでドリブルで行って、エリア中央へマイナスのパス。
ここにメンディエタが走りこんでフリーでシュート!!!
これで4-0…

ロスタイムにクリスティアーノロナウドがクラブ通算1000得点を記録しましたが、焼け石に水。なんの意味もない記念ゴールとなってしまいました。。

この試合、マンUは頑張っていたのは、前半のパクチソンとルーニーといったところでしょうか。。
そのパクチソンも59分クリスティアーノロナウドと交代…
特に中盤がユルくて、スコールズやスミス、後半のロナウドなどほとんど存在感を見せることができませんでした。
さらに頼みの綱のリオも間合いが悪かったり、ボールを取られてたりと調子が今ひとつ。
ボロにいいようにやられてしまいましたね…
攻守ともに反省点が多すぎてどうすればよかったのか、よくわかりません(笑)

対するボロは中盤が絶好調。
ボーテンクとメンディエタが素晴らしく、中盤を完全に掌握。
これでもダウニングは怪我で欠場なのですが。。

マンUはそんなわけで完敗。
ここのところ引き分けばかりでなかなか勝ちきれなかったマンUでしたが、勝ちきるどころかとうとう完敗。
ミッドウィークにはCLも控えますが、非常に心配になってしまうゲームでした。。
キーンを除けば主力に大きな怪我があるわけでもないだけに、言い訳もできません…
特に守備の要リオがあっさりヤクブに交わされ、ハッセルバインクに抜かれ、他にもミドルを打たれるなどかなり重症でした。
イングランド代表としても心配な状態です。
一時的に調子を落としているくらいであればいいのですが。。

ちなみにこの試合当日はファンデルサールの誕生日だったのですが、4失点…
アランスミスも前日誕生日だったそうですが。。

さて、マンUは次はホームにチェルシーを迎えますが、今の調子でどうでしょうか。。
まずはCLでどのように立て直すのかに注目です!!

posted by FootGuinness at 22:45| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第10節 スカパー観戦記A

CHARLTON 0 - 1 BOLTON (29.10.2005 SAT)
 72分 ノーラン【ボルトン】


前節待望の初ゴールを決めた中田ヒデ。
今節も期待がかかります。

ちなみにここまで好調で2位のチャールトン。
ボルトンを苦手にしているようで…
ここ2年ボルトンに勝っていないようです。

開始45秒いきなり中田がミドルシュート!
いい流れですね。
さらに2分30秒にノーランがヘディングシュート。

21分アンブローズがボルトンのゴールネット揺らします!…が、これはハンド。
惜しいシーンでしたが…
33分またもアンブローズが豪快にシュートもこれはサイドネット。

前半は序盤こそボルトンが攻めましたが、すぐにチャールトンがペースを掴み終始攻める展開。
中田も守備に追われるシーンが多く、またボールが余り回ってこないこともあって攻めに積極的にカラムシーンは少なかったです。。
キャンプ中からいたわけではなかったことが影響してか、まだゲーム中での呼吸という意味ではまだ時間が必要な感じですね。

というわけで前半は0-0。
後半開始からボルトンが攻めます。
53分には中田がミドルシュート!!
これはうまく当たらず、ゴール左に外れますが、攻めとしてはいいかもしれません。
ノーランが俺によこせ!!とばかりに両手を広げていましたが…(笑)

56分ゴールに中田がゴールに背を向けてサイドライン際に一度逃れようとドリブル、チャールトンの選手2人がチェックに来たところ、すばやくゴールの方向に反転してその2人をかわし、ボールは股下を通して、すり抜けて中央へパス!!
これはDFにあたってしまいましたが、いいプレイでした!!

その後も終始押し続けるボルトン…
そして72分!!
ファイが中央からミドルシュート!これがチャールトンDFにあたりコースが変わったところ、GKアンデルセンがかろうじて弾きます!
この弾いたボールをゴールすぐ左で中田がフォロー、ゴールはがら空き!!
しかし角度も無かったため、中田はすばやくダイレクトパスを選択、左足で中央のノーランへ!!
ノーランは触るだけでOKの素晴らしいパスで難なくゴール!
ボルトンが中田のアシストで先制します!!!


まずゴールを決めたノーランは中田と喜び合い、ディウフの元へ!
その輪に抱きつくように入っていった中田。
喜びの輪ができ、また離れた後もう一度中田のアシスト称えるかのように2人で抱き合って祝福!!
本当に嬉しそうな中田。また今節も見られました!!!

その後86分に中田はベンハイムと交代。
アウェイながらも拍手もありました。

その直後、チャールトンのゴール左からのFK、ファーサイドへのボールに走りこんだヒューズ(?)がゴール目の前の至近距離からヘディングシュート!!
しかしこれをGKヤースケライネンが信じられない好セーブでボールをゴールバーの上に弾き出します!!
本当に目の前で打たれたシュートによく反応しました。

89分ボルヘッティが出てきたGKを交わして無人のゴールにシュートも枠の外へ…
決定的なチャンスを逸したボルトン、これが響かなければいいのですが。。
ロスタイムは3分。

その後も最後の猛攻を続けるものの、チャールトンはヤースケライネンの牙城を崩せず、結局0-1でボルトンが勝利!!

この試合も中田ヒデは判断よくノーランへ貴重な決勝ゴールをアシスト!!
ノーランはさらにこれで中田を認めてくれると思います。
後半はまずまずつなぐボールが中田に入っていましたし、これでさらにつなぐ時は中田ヒデ、といった意識が皆に浸透すると最高なのですが…

それにしてもやはり中田が笑顔でゴールの輪に加わるシーンは何度見てもいいですね。。
今後もガンガン見られそうな予感!
ぜひ見せてほしいところです!!!

ともかくボルトンが勝利!
この試合も相性の悪さが出てしまったチャールトンは今季3敗目…
次はボルトンが好調のスパーズとホームで、チャールトンはアウェイでブラックバーンと。
また難敵相手のボルトンですがぜひ中田ヒデの活躍で次も勝利を!!!

posted by FootGuinness at 02:31| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。