2005年10月24日

一夜明けて…



10月23日のWBA戦で決めたゴール。
本人は試合後、「これをずっと待っていた。0-0からのゴールだったので嬉しい」と喜びを語った様子。
確かにゴールの瞬間本当に嬉しそうでした!
ああいう顔をもっとみられるといいなぁ、と思ってしまいました。

さて、このゴールで周囲の評価は一変。
前節など新聞の採点で最低点(タイですが…)という評価をされ、不要論まで飛び出したのはどこへやら。
ま、予想通りですが。。

アラダイス監督はこの活躍にいたくご満悦、冬の移籍期間中には期限付き移籍から完全移籍に切り替えて契約を交わす、といったとのこと。
中田選手のためにもぜひそうなってほしいところ。
今の環境からまたイタリアに戻ることは少し考えづらいですから。。。
早く落ち着いて今以上の活躍を見せてほしいものです。

それにしてもボローニャ時代以来(!!)のゴールは大きいですね。。
もっともアラダイス監督は前半15分の左サイドからのスルーパスも評価していたようです。
ゴールこそならなかったプレイですが、並みの選手であればクロスを上げていた、とか。
そんなわけで好評価な中田選手、次節以降も要注目です!

posted by FootGuinness at 22:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第9節 スカパー観戦記B

EVERTON 1 - 1 CHELSEA (22.10.2005 SAT)
36分 ビーティー(PK)【エバートン】
50分 ランパード【チェルシー】


ここまで対照的な両チーム。
かたや今季無敗で首位のチェルシー、かたやここまで泥沼6連敗、昨季の躍進はどこへやらで現在最下位のエバートン。

エバートンのメンバーを見るとビーティー、ベント、ファーガソン、ケイヒル、ヨボ、フィリップネビルなどこんな位置に甘んじているチームではないのですが。。
やはりCL、UEFAともに敗退してしまい、自信を無くしている感じです。

そんな両チームの対戦、何よりリーグ最多得点&最小失点のチェルシー相手にリーグ最小得点のエバートンともなるとあまり多くは期待できない…正直そう思ってました(笑)
好材料はグディソンパークでできることと、リカルドカルバーリョが体調不良(練習中に頭を蹴られて調子が悪いようです)で欠場、代わりに高さはあるが守備に不安のあるフート先発というところでしょうか。

しかし蓋を開けてみると前半エバートンが頑張ります。
そのチェルシー相手に積極的に縦にボールを入れて攻めます。
チェルシーももちろん攻めますがエバートンの頑張りに押されてかそれほど決定的な場面にまでは至りません。

そして気がつくと時間は流れ35分チェルシー陣内でケイヒルがショーンライトフィリップスからボールを高い位置で取り返しドリブル開始!
そのケイヒルをフィリップスがエリア内ギリギリの所で倒してしまい、PK献上!!
フィリップスは頭を抱えます。。
このPKを蹴るのはビーティー。
ボールを置き、ボールを背にして歩いていき、エリア出るか出ないかまで行くと、すばやくボールの方を向いて助走開始、一気にボールを蹴ります!
このボールがゴール右上ギリギリのところに決まり、エバートンが先制!!
素晴らしいPKでした。
これはチェフも取れません。

何はともあれエバートンが先制します!!
このまま前半は終了。
前節のボルトン戦のようにならなければいいのですが。。。

しかし、簡単には勝たせないチェルシー。
50分、左からのスローインからランパードがエリア外からミドル!!
これが綺麗に落ちながらゴール右に向かい、ゴール!!

これで1-1の同点。。
やはり首位のチームは違います。

57分フィリップスと交代でグジョンセンが入ります。
さらに66分コールに代えてロッベン。
もう1点を取りに行くチェルシー。
さらに続けて71分ドログバに代えてクレスポ。
解説でも言っていましたがこの時間帯からこのレベルの選手が出てくるとなると相手は厳しい以外何者でもないですね。。。
他チームだとレギュラーどころか大エースクラスですから…

78分エバートンも動きます。
ファーガソンに代えてベントを投入。

79分カウンターからサイモンデイビスがロングシュート!
これは強烈ながらGKチェフの正面。
惜しくもゴールならず。
しかしここまでチェルシーが攻めてエバートンがカウンターという図式が特に後半顕著に見られます。

85分チェルシーのカウンター。
3対3になり、最後は右のロッベンがドリブルで仕掛けてマークを交わしつつ左足でシュート!
これがゴール左隅に飛びますがわずかにゴールの上。

結局このまま同点でドローに。
エバートンはチェルシー相手に価値あるドローと言えるかもしれません。
実際サポーターも笛が鳴った瞬間大歓声でした。
ま、相手が相手ですから気持ちはわかります。
チェルシーが攻めまくったものの、エバートンが粘りに粘って得点を許さず。
とても最下位とは思えないエバートンの戦いぶりでした。
何はともあれエバートンがチェルシーの連勝記録を止めました!!
エバートンとしては昨季4位の意地を見せたという感じ。
これから徐々に調子があがっていくといいのですが。。

小さなことからコツコツと!
無失点記録が破れ、連勝記録が敗れました。
次は…無敗記録が敗れるか?!

(チェルシー基本的には好きなんですが、プレミアシップのために…です!)
次節はチェルシーはブラックバーンと、エバートンはアウェイでバーミンガムとです。
次も期待です!



posted by FootGuinness at 02:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第9節 スカパー観戦記A

BOLTON 2 - 0 West Bromwich (23.10.2005 SUN)
 80分 中田【ボルトン】
 92分 ノーラン【ボルトン】


実は日本人対決の可能性もあったこのカード。
中田選手は先発したものの、稲本選手はベンチ入りももできず。。。
せめてベンチには入ってほしいところですが。。
前節チェルシーの大敗したボルトンとアーセナル相手に勝ったWBA。
チームの状況は正反対ですが、ボルトンはホームでいかに戦いますか。
ここまで連敗でこれ以上負けられません。

序盤からボルトンが押し気味に試合を進めます。
14分中田選手が左サイドに抜け、もう惚れ惚れするようなスルーパスを中央へ!
このボールDF2人の裏にキレイにでました。
現地実況も絶賛だったようです!
しかしこれに合わせたシュートはGK正面!
ダイレクトでうまく合わせたのですが…決めてほしかった。。

18分エリア内にドリブルで入り込んだカマラをディウフが後ろから倒してしまいPK!!
蹴るのはカマラ、これをゴール右に蹴ってWBAが先制!!…と思いきや、これがやり直しに
どうもWBAの選手が蹴る前にエリア内に入ってしまったようです…
この蹴りなおし、なんとカマラが同じコースゴール右に蹴るも今度はゴールバーの上に!!
これは助かったボルトン。

27分ボルトンビッグチャンス!!
左サイドからゴール前ファーサイドへのディウフへ!
これを頭で落とし、このボールがゴール前へ!!
このボール誰も反応できず、フリーでいた中田選手がダイレクトでボレーシュート!!!
これは決った!!と思ったのですがゴール前にいたヤンナコプロスに当たってしまいゴールならず。。。
中田選手も思わず頭を抱えてしまうシーンでした…
ヤンナコプロスさえいなければ。。。

ただこの試合中田選手ボールによく絡んでますし、いい動きに見えます。
中田選手だけでなく、ボルトンの選手全体が動きがよく、ボールがよくつながります。
中田選手も中盤でワンタッチツータッチの早いパス回しに絡んでいて見ていていい感じ。

前半はこのまま0-0で。
後半はボルトンが積極的に攻めます。
WBAは引いてしまい、防戦一方。

中田選手、ヤンナコプロス、ディウフ、デイビス、ノーランを中心としてとにかく攻めます。
中田選手が中盤で持って前へのスルーパスなど積極的に攻めますが、決定機を迎えるところまではいきません。
雲行きとしては良くないですね。。

55分、60分と中田選手、ペーダーセン、ディウフなどが立て続けにシュートを打ちます。
ボルトンの攻めが厚くなってきます。
それに絡んでいる中田選手もやはり良い感じ。

63分WBAが動きます。ホースフィールドに代えてヌワンコカヌ。
ボールキープ&独特の間とタメでカマラと組ませる作戦でしょうか。

しかし64分カマラがエリアやや外でボールを持ってドリブル、DF3人いましたがものともせず抜きにかかってシュート!!
これはヤースケライネンがファインセーブで止めましたが非常に危ないシーン。
ただこの展開前節のアーセナル戦に似ている気もします。。

79分中田選手がエリアすぐ外で空中でチャージを受けてファールをもらいます。
ゴールやや右、エリアすぐ外からのFK。
ヤンナコプロスやディウフなどと相談していた中田選手。
ボールを置いてFKを蹴ります!
このボールがGKカークランドの手が届かない絶妙なコース、ゴール左に!!
これが見事に決ってボルトンが先制、中田選手がプレミア、ボルトン初ゴール!!!
綺麗なFKでした。
後はこの1点を守ってくれれば…というところです。

そして試合はこの後もWBAも攻めきれず、むしろボルトンが優位に。
さらに92分中田選手が粘ってボールキープしたところからノーランが粘って最後はエリアやや外からシュート!
これがゴール右に綺麗に決って2-0!!

ノーランのシュートも綺麗でしたが中田選手のプレイも評価されそうな感じです。

これで勝負アリ。
このまま試合も終了して2-0でボルトンが勝利!
中田選手の得点が決勝点となりました!!


ゴールが決った瞬間味方も一斉に祝福してましたし、ホームで貴重な先制点を挙げられたことは大きいと思います。
現地実況ではNEW HEROと言っていたようです。
現金なものですね、この間までボロクソに言っていたはずですが(笑)

ゴールを決めた時もそうでしたが、さらに2点目をノーランが決めた際にできた祝福の輪に中田選手が入っていった時の嬉しそうな顔!!
見ているだけのこちらも嬉しく、思わず笑ってしまうようなシーンでした。
中田選手ボルトンでのサッカーを楽しんでいますね。。
最近なかなか見られないような場面だっただけに個人的にも喜んでしまいました。
それだけでも移籍は成功だったな、と(気が早い結論ですが…)。

ともかく中田選手がゴール!!!
さらにボルトン勝利!
それだけでいい試合でした(笑)
これで周囲の雑音もしばらく抑えられると思います!
さらなる活躍を期待したいと思います!!!
できれば稲本選手にも…
頑張ってほしい!
使ってくれブライアンロブソン!!!
posted by FootGuinness at 01:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。