2005年10月09日

10月8日予選結果おさらい!

W杯予選10月8日分のおさらいを。
決まったところ、決まらなかったところ…
いろいろあります。
これがW杯予選ですねーーー。。。
ほんっとに日本は決まっててよかった…



Group1
チェコ 0 - 2 オランダ
フィンランド 0 - 1 ルーマニア

 首位争いの頂上対決はオランダが勝利!!
 これでオランダは1位通過が確定です!
 前回W杯まさかの予選敗退だったオレンジ軍団が帰ってきます☆
 注目の2位争いは細かくなってきました。
 次のフィンランド−チェコ戦でチェコが引き分け以上ならチェコが2位、
 万が一敗れると、ルーマニアが2位となります。
 チェコもぜひW杯で見たい。。
 なお、このチェコの敗北で喜んだチームが2つ。。。



Group2
ウクライナ 2 - 2 アルバニア
デンマーク 1 - 0 ギリシャ
グルジア 0 - 0 カザフスタン

 激戦の2位争い!!
 デンマークがギリシャを下したことで、デンマークは勝点19で3位に浮上。
 この日試合のなかったトルコが勝点20で2位、ギリシャは勝点18で4位。
 全ては最終節へ。
 トルコはアルバニアとアウェイで、ギリシャはホームでグルジアと、
 デンマークはアウェイでカザフスタンと。
 トルコは勝てば他の結果に関係なし。引き分けて、デンマークが勝てば
 デンマークが勝ち抜け。
 …とにかく難しい。。
 でもでもデンマークが見たい!!



Group3
スロバキア 1 - 0 エストニア
ロシア 5 - 1 ルクセンブルク
ポルトガル 2 - 1 リヒテンシュタイン

 ポルトガルが1位通過確定です!!!
 焦点は2位争い。ロシアとスロバキアは試合数、勝ち点ともに全く同じ。
 お互い全く譲りませんでした。
 次の10月12日(水)は直接対決!!
 ここで全てが決まります。
 なお、前回対戦はロシアホームで1-1の引き分け。
 次節も引き分けると…当該チーム同士の成績も五分で得失点??
 となるとスロバキアが有利か??
 ホームですしね。。



Group4
スイス 1 - 1 フランス
キプロス 0 - 1 アイルランド
イスラエル 2 - 1 フェロー諸島

 めちゃ混戦です。
 注目の首位対決はお互い譲らずドロー。
 ともに勝点17で並んでいます。
 アイルランドはアウェイで前半早い時間の1点を守って勝利、これで勝点16に。
 さらにさらにイスラエルが勝点18で全日程終了。
 なんと暫定1位はイスラエル!!
 最終節はアイルランドがホームにスイスを迎えます!
 フランスはキプロスをホームに。

 フランスは勝てば2位以内確定。
 アイルランド−スイスも勝者は2位以内確定となります。
 フランスとスイスが勝った場合は1位通過はスイスに!
 アイルランドが勝った場合はフランスが1位通過に。
 次節も目が離せません。。



Group5
スコットランド 0 - 1 ベラルーシ
ノルウェー 1 - 0 モルドバ
イタリア 1 - 0 スロベニア

 イタリアが1位通過確定!おめでとうございます。
 2位争いはノルウェーが勝点15で一歩リード。
 スコットランドはホームでベラルーシに破れて敗退が確定。
 スロベニアが勝点12でノルウェーを追います。
 最終節はノルウェーはアウェイでベラルーシと、スロベニアはホームで
 スコットランドとの対戦。
 ノルウェーは引き分け以上で2位が確定します。



Group6
イングランド 1 - 0 オーストリア
北アイルランド 2 - 3 ウェールズ

 イングランドはベッカムが退場となりながらも何とかランパードのPKを守って
 勝点3に。
 次節のポーランド戦に1位通過を賭けます。
 勝点差は2、引き分けならポーランドです。
 他グループの結果によっては2位もプレイオフ回避が可能なこのグループ。
 そのあたりも次節の戦いに大きく影響してきそうですが。。
 でもせっかくなのでイングランド代表が1位としてぜひ!!
 …と書いていたらチェコが敗れたため、イングランド、ポーランドが
 出場確定!!

 全グループ2位チームのうちの上位2チームに確定したためです。
 これで来年のドイツでイングランドが見られます!
 後は最終戦のモチベーションですね(笑)



Group7
ボスニア・ヘルツェゴビナ 3 - 0 サンマリノ
リトアニア 0 - 2 セルビア・モンテネグロ
ベルギー 0 - 2 スペイン

 相変わらずの大混戦です。
 上位3チームが揃って勝利。
 スペインはトーレスが2得点のようですね。
 これで勝点はボスニアヘルツェゴビナが16、スペインが17、
 セルビアモンテネグロが19となっています。
 しかし、最終節は1位と3位の対決。
 しかもボスニアヘルツェゴビナのホーム!
 ボスニアヘルツェゴビナが勝てば…もしかして2位以内確定??
 スペインは他に関係なく勝てば2位以内確定。
 もちろんセルビアモンテネグロも引き分け以上で2位確定。
 ただ、ホームのボスニアヘルツェゴビナは死に物狂いで来るでしょうから…
 ここも楽しみです!!



Group8
クロアチア 1 - 0 スウェーデン
ブルガリア 2 - 0 ハンガリー

 前節入れ替わった1位と2位がまた入れ替わり。
 注目の直接対決は制したクロアチアがまた首位に。
 クロアチアは勝点23、スウェーデンは21。
 最終節はクロアチアがアウェイでハンガリーと。
 スウェーデンはホームにアイスランドを迎えます。
 さてさて…
 と思っていたらこちらもクロアチアが2位チーム上位2つに与えられる
 出場権を獲得決定!!

 スウェーデンも最終節引き分け以上で出場確定となりました!
 仮にスウェーデンが敗れてもチェコがフィンランドに大差で勝たない限り
 この上位2つへの出場権獲得が確定するようです!
 これでリュングベリやイブラヒモビッチがドイツで見られそうです!



というわけでこの日出場確定したのは、オランダ、ポルトガル、イタリア、
イングランド、ポーランド、クロアチア!

残る注目はスイス、フランス、アイルランド、イスラエルのGroup4と、
スペイン、セルビアモンテネグロ、ボスニアヘルツェゴビナのGroup7!!
泣いても笑ってもあと1試合!
またドラマが待っているかも…
posted by FootGuinness at 02:38| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(4) | WorldCup2006予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イングランド代表!

England 1 - 0 Austria (8.10.2005 SAT Group6)
24分 ランパード(PK)【イングランド】


この試合と次のポーランド戦連勝が1位通過の絶対条件であるイングランド。
トップはピータークラウチとオーウェン。
ルーニーは出場停止です。アシュリーコールも怪我で欠場。
場所はマンUのホーム、オールドトラッフォード。
4-4-2のイングランド、左にジョーコール、右にベッカム、センターハーフはジェラードとランパードの最強コンビです。
DFは左からキャラガー、キャンベル、テリー、ヤング。
GKはロビンソンです。

開始早々いきなりベッカムからクラウチ、そしてジョーコールへ。
この場面やCKでもクラウチの高さを活かす戦法が多い感じ。
リバプールでもやっているヤツですね。
ただ、蹴るのがベッカムだとまた一味違ったものになりますね。。
それにしてもクラウチと並ぶとオーウェンは小さく見えます(笑)

先制はイングランド。
クラウチからエリア内のオーウェンへのボール、オーウェンがうまく体を入れてトラップし、そのボールを取ろうとしたところ、DFに腕をロックされて動けず。
これをしっかり審判が見ていてPKに!!
蹴るのはフランクランパード。
ゴール左にしっかり決めてイングランドが先制します!!

イングランドは1点取るまでは攻勢でした。
ここからどのように戦いますか。。

しかし、ここからはオーストリアが攻勢。
ボールをキープして積極的に攻めに出ます。
前半をそのまま終了し、後半に入っても流れは変わらず。

後半開始早々イングランドもチャンスを迎えますがオーストリアGKの活躍もあり、不発。
ランパードのミドルや、クラウチのヘッドなどいいプレイだったのですが。。
その後はまたオーストリアの流れに。

56分リンツがテリー、キャンベルと競り合いながらゴールバーを叩くループシュート!
イングランド危ないシーンでした。。

58分エリアすぐ外でベッカムがファウル。
この直前のプレイで1枚イエローカードをもらっていたため、これで何とベッカム退場!
…ということはポーランド戦も出場停止??

ただ、このプレイをリプレイで見ると…シミュレーションですね。。
主審はまんまとひっかかってしまいました…
この判定で一番得したのはポーランドですね。。

この退場からすぐにエリクソンは動いて、ジョーコールに代えてレドリーキングを入れます。
さらにキャンベルが故障の様子。代わりに64分にリオファーディナンドが入ります。

その後もオーストリアが積極的に攻め、イングランド代表は耐える展開になってしまいます。
しかし、試合はこのままイングランドが守りきって1-0で終了
何とか勝点3を獲得し、ポーランドとの大一番に臨みます!!

この試合は正直言って1点を取ってやや守勢に回ったイングランド代表。
オーストリア代表もそれに乗じて攻勢に出ていました。
ベッカムの退場がそれにさらに拍車をかけた展開。

しかし、次の試合はもう勝つしかありません!
最終戦です。
勝てば勝点24のポーランドを抜いてイングランド代表は勝点25となります。
これだけのタレント、本大会でも優勝候補と言われていますし、ぜひ1位通過で貫禄を示してほしいところですが…
いかんせん怪我人が多いんですよね。。

ちなみに全グループ中の2位チームのうち、勝点で上位2チームが無条件で出場権を得られますが、オランダ−チェコ戦でオランダが勝つとイングランドかポーランドの2位での出場が確定します!!
イングランドとしては是が非でもオランダに勝ってもらい、通過を確定させてポーランド戦に臨みたいところですね。。。

とにかく12日(水)のポーランド戦のイングランド代表に期待です!!!
ジェラードのスーパーゴールに期待!

posted by FootGuinness at 02:11| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | WorldCup2006予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。