2005年09月22日

契約や怪我や‥



ニュースをいくつか。

まず、ボルトンから。
ボランチとして中心的な役割を担っているイバンカンポが練習中に中足骨を骨折。
最長で2ヶ月戦線離脱の可能性も。
これ、ボルトンにとっては非常に痛いですね。。
UEFAカップもありますし‥
ただ、日本人としてはこれで中田選手の出場機会が増えるのでは、という期待も正直あります。
基本的にはギャリースピードなどがカンポの役を担うのでしょうが‥
まずはサムアラダイスの決断に注目です!!

次はレアルマドリーから。
昨季移籍していながら怪我などもあって全く出場機会がなかったウッドゲイトが今日22日のアスレチックビルバオ戦に遂に出場予定!!
なんと移籍後初出場。
イバンエルゲラの負傷とセルヒオラモスの出場停止でお鉢が回ってきたようです。
この機会にアピールを!!!
このまま埋もれさせるには余りにももったいないので。。。

最後はアーセナルから。
ブラジル代表のジウベルトシウバが2009年までアーセナルとの契約を延長した模様。
現在、ビエリを放出したアーセナルにあって、セスクとともにボランチのキーマンとなっています。
この間のCL初戦でも先制点をマークするなど好調のようです。
ビエリには及ばないまでも一流の選手であることには疑いの余地がありません。
セスク、フラミニとともに当分アーセナルの中盤にはこの人が君臨しそうですね。

細かいニュース3つでした。

posted by FootGuinness at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルーニーが‥



9月14日、チャンピオンズリーグの第1節ビジャレアルとの対戦で、審判の判定を不服として暴言を吐き、退場となってしまったマンチェスターユナイテッドのウェインルーニー。
その処分が決まりました。
暴言で2枚目のイエローというせいもあってか、CLで2試合の出場停止処分を受けることに‥

問題のプレイは、イエローカードを主審ニールセンさん(フランスW杯でベッカムにレッドカードを出したあの方です!)に出され、不服に思ったのか軽く文句を言った後、小馬鹿にするように拍手をしました。
それをニールセンさんは審判に対する侮辱と受け取り、2枚目のイエローで退場となりました。
噂ですと退場処分となってピッチを去る時も暴言を吐いていたとか‥

この件をFIFAが調査し、上記のような処分となったようです。
正直、この処分マンUにとっては痛いです。
次の2試合はベンフィカ戦とリール戦。
ともにホームゲームなのがせめてもの救いですが‥

ルーニーの才能もパフォーマンスも文句ないのですが、キレてしまう点が今のところ最大の欠点だと思います。
激しい気性は闘争心という意味では決してマイナスとは思いませんが、コントロールできずに退場処分+出場停止となると話は別です。
これがグループリーグ最終戦とかだと、次はトーナメント1回戦2試合欠場ということになっていたことになります。
マンUは比較的楽と言われるグループということもあって今回は致命的なことにはなりませんでしたが‥
上品にオトナになれとは言いませんが、退場とかにならない程度のコントロールができるようになってほしいところです。

来年のW杯でも同じことにならなければいいのですが‥
少し心配です。。。
ま、ルーニーらしいといえばルーニーらしいのですが(笑)

posted by FootGuinness at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。