2005年09月16日

カカ!!



9月13日にフェネルバフチェと戦ったミラン。
この試合のカカはすさまじい活躍でした。

18分、ピルロが中盤の3人のラインの前でボールを受け、これをヒールでダイレクトにDFラインの前のカカへ流します
まずこのピルロのパスがすばらしかった!!
さりげなく、こんなプレイができるピルロ、素敵です。
このパスを前を向きながらカカが受け、ワンフェイントでDFを右にかわして、即シュート!!
これがゴール右隅に決まり、先制点をあげます。
ボールのもらい方、DFのかわすスピード、シュートまでの速さとシュートの正確性、どれもがすばらしいプレイでした。

しかし、この日のカカはこれだけでは終わりません。
同点でこのまま引き分けかと思われた87分、再びカカが爆発します。

ミランのカウンターの場面、ハーフラインを超えてアンブロジーニからボールを受け、中央へドリブルをカカが開始します。
中央に切れ込みながらDF2人をかわし、なおもドリブルでゴールに向かいます。
ペナルティエリア中央外側あたりでDFがもう一人立ちはだかりますが、スピードに乗ったカカはワンフェイントでこのDFをかわします。
そしてGKと1対1となり、GKの股下を抜いてシュート!!!
カカ1人でフィールドのほぼ半分を駆け抜け、DF3人とGKを抜く活躍。
すさまじいプレイでした。
ミランが2-1とリード、さらにこのゴールが呼び水となってロスタイムにも得点して3-1。
ここで試合終了となりました。

この日のカカはゴールに積極的に向かっていたように思いました。
移籍したてのカカはすごかったのに、昨季は2年目のジンクスなのか、はたまた研究された結果なのか、とにかくいいプレイヤーなんだけど。。という印象でした。

しかし元々そろそろ開花するのでは?といわれていたとおり、この試合の活躍にはすばらしいものがありました。
この好調を維持できれば、そう遠くないうちにシェフチェンコ並みのいわゆる超一流プレイヤーの仲間入りをすることになるのではないでしょうか。
これからどんな活躍と伝説にのこるようなプレイを見せてくれるのか楽しみです。
何はともあれ今年はカカにも注目!!!です。

posted by FootGuinness at 02:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。