2005年09月08日

W杯2006予選 速報?!その6

SPAIN 1 - 1 Serbia and Montenegro (7.9.2005 WED Group7)
  ??分 ラウール・ゴンザレス【スペイン】
  69分 マテヤ・ケジュマン【セルビアモンテネグロ】


グループ7で首位を争っている両チーム。
ポイント差は2、この試合で勝ったほうが首位となり、残り2試合を戦うことになります。
セルビアモンテネグロはここまで無失点。
対するスペインはホームということもあり、何とかセルビアモンテネグロのゴールをこじ開けて3ポイントを取りたいところ。

試合は後半から見ました。
ハイライトで観ると、右サイドからのクロスにラウールが難しい体勢でのヘディングシュートでゴール!!!見事にセルビアモンテネグロの無失点記録を破ります。
そして前半にまたもラウールが難しい体勢で低いボールを頭であわせてシュート!
これがGKを抜きますがポストにあたりゴールならず。
前半は1-0で終わっていました。

後半は開始早々スペインが猛攻。
特に戦うサイドバックっぽいミチェルサルガドが積極的にオーバーラップをしかけ、そのままゴール前まで行くことも。
いい感じで攻めていました。
相変わらず両サイドに散らしてサイドからのクロスボールを多用するスペイン。

一方のセルビアモンテネグロは、前半はしっかり守る姿勢だったようですが、後半から202cmのジギッチを入れ、1点を取りにきます。
セルビアモンテネグロが攻めにきたため、さらにスペースができて攻めるスペイン。
お互い次の1点を取りに来る面白いゲームになりました。

しかし、猛攻が報われないスペイン。
さらにホームにもかかわらずスペインに厳しい主審の笛…
だんだんスペインに苛立ちが募ってきているように見えました。

そして69分、ハイボールにカシージャスが出てキャッチに行ったものの、ボールを取り損ね、こぼれ球をスタンコビッチが拾います。まだカシージャスが出ていたためシュート!
そのシュートをケジュマンがカシージャスの目の前で足をとっさに出してコースを変えてゴール!!スペインゴール内にはシャビアロンソをはじめ3人がいましたが、及ばず。
ここまで攻めあぐねていたセルビアモンテネグロ、後半初のチャンスをモノにしました。
それにしてもケジュマン、よくあのタイミングで足を出しました。。。
チェルシーではいまいちだったケジュマンですがやはり実力は伊達じゃないですね…

これで同点となり、攻めて1点を取るしかないスペイン。
しかし、引き分けで十分なセルビアモンテネグロがしっかり守備を固めます。
そこから得意のカウンターであわやゴールという場面をジギッチとケジュマンの2人で作りだす場面もありました。

スペインは焦りが募り、うまく攻めの形を作れなくなります。
既にフェルナンドトーレスが退いており、高さでセルビアモンテネグロDFに完全に負けているため、ハイボールを入れるパワープレイもできず。
中途半端にハイボールを入れたり、ボールをまわしたり、と完全に後半開始直後の勢いを失ってしまいます。

セルビアモンテネグロが44分退場者を出すなど試合は終盤荒れます。
そして7分という長ーいロスタイムもものともせずに、セルビアモンテネグロが見事に引き分けに持ち込みました。

結局のところスペインはセルビアモンテネグロの堅実さと見事なゲームプランにやられた印象があります。
まず守備ありきでしっかりと土台を作り、かつ数回は来るであろうチャンスをモノにすべく前線の選手を入れてその時を待つ。
そしてその1回をしたたかにモノにした後は、また自信を持っているディフェンスに注力し、狙い通り引き分けに持ち込む。
もう見事としか言いようがありません。

スペインは昔から波があるチームだとは思っていましたが、今日もそれが出てしまった感があります。攻めていてリズムがいいと良いのですが、そのリズムが悪くなると焦りが生まれ同じチームとは思えないほど崩れてしまう。これが1試合の中で生まれてしまう。
個々の力は素晴らしいものがありますし、タレント的にも非常に魅力的なチームなのですが…

セルビアモンテネグロの試合巧者ぶりに屈した格好です。
果たして、日本がもし本大会でセルビアモンテネグロと当たったら…
昨日の試合が試合だけにちょっとゾっとしてしまいました。
こういった試合運びのうまさも1つの大きな戦力だということを改めて認識させられた試合でした。

このグループ7もあと2試合。
スペインはベルギー戦を含むアウェイゲームが2つとやや厳しい印象。
この予選は不調でキツイ戦いを強いられているベルギーですが、自力はあります。
セルビアモンテネグロは最終戦のボスニアヘルツェゴビナが3位とまだ現時点では2位の可能性を残しているため、そこが少々厳しいか。ただ、ホームなのでその前の試合の結果いかんでしょうか。
まだどんでん返しの可能性もありますが、まずはセルビアモンテネグロが一歩リードを広げた試合でした。

posted by FootGuinness at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | WorldCup2006予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンフェデ杯以来の…



Japan 5 - 4 Honduras (7.9.2005 WED at Miyagi)
 8分 ベラスケス【ホンジュラス】
27分 ベラスケス【ホンジュラス】
33分 高原【日本】
46分 マルティネス【ホンジュラス】
49分 柳沢【日本】
50分 ベラスケス【ホンジュラス】
55分 中村(PK)【日本】
70分 柳沢【日本】
78分 小笠原【日本】


日本が5点取って勝った。
結果だけ見るとそのように言うこともできます。
5-4というスコアが示す通り、乱戦。ここまで取って取られてをやる日本代表も珍しいです。
しかし5点を取って、2度の2点差をひっくり返して勝ったこと自体素晴らしかったと言えると思います。

日本は海外組の主力も全て呼び寄せ、南米やヨーロッパの強豪が予選でしのぎを削る中、一足先にW杯に向けた準備の段階に入ったと見てよいと思います。
ジーコ曰く、「海外組のテスト」という位置づけだったようです。

しかし、前半のお粗末さは見ていられないほどでした。
もうとにかく攻められません。これがアウェイならともかく、ここは日本です。
宮城スタジアムにいる大勢のサポーターが後押しをしているはずです。
相手のホンジュラスは決してW杯常連の強豪とはいえない上に、長旅による時差ボケも手伝って、コンディションが整っているとはいえないはずです。
(もちろん海外組もそういう意味ではそうなのですが…)

その相手に前半あれだけ押し込まれ、しかも3点も取られたこと。
さらに前半先制、中押し、ロスタイムと別々の時間帯に取られたこと。
何より右サイドを中心に完全に崩されての失点だったこと。
これらの問題となったのはゲームの運び方ということになるのではないでしょうか。

ゲームへの入り方、相手に押し込まれている時の体勢の建て直し方、0-2から1点を取り返した後の展開の仕方。ハーフタイムへの入り方。
どれも今日日本がマズかった点だと思います。

後半日本が攻めの意識を持ち、4点を取って逆転につなげたことは素晴らしいことだと思います。
最終的に勝利を手にしたことも、あくまでも結果が全ての世界ではOKとなるでしょう。
しかし、この時期は勝利も大事ですが、それ以上に内容を伴った試合をすることが大切だと思います。
極論を言えば、チームとしてW杯のためにも達成すべきテーマがあり、それが達成できれば親善試合をやった意義はあると個人的には思います。
たとえ、その試合で負けてしまったとしても。

この試合を通して日本が得たものはなんでしょうか?
海外組のFWが点を取れたことは収穫だと思います。
やはりFWは点を取ってナンボだと思いますし。
では、他には?海外組の連携は??4バックの連携は???
カウンターへの対応は?
前々からよく言われている上記課題に対して何か答えが見つかったでしょうか?

後半疲れたホンジュラスから4ゴールをあげたことより、列強とは言えないホンジュラスに前半ホームで3点取られたことを考えるべきだと思います。
今日の逆転劇はホンジュラスが1-3もしくは2-4になった後、きっちり守る力が無かったことも少なからず貢献していると思います。
他の南米、欧州の強豪はあの場面攻めて同点を許したでしょうか??
本大会で日本は少なくとも2カ国のホンジュラス以上の強豪とグループリーグで対戦するはずです。
その時今日のような展開に持ち込めるでしょうか。
…正直あまりいい想像ができません。

批判することは簡単で、あまり良くないことだとわかっていますが、今日の試合を観た後出てきた思いはこんなものでした。。(私が悲観的でイヤな奴なのかもしれませんが…)

もちろん先ほども書いた通り、FWの得点はうれしかったですし、中田選手と中村選手のポジションチェンジや、効果的なパスが健在だったのは好材料だと思います。
これから2人のコンビネーションが合ってくればなお日本にとって強力な武器になることは間違いありません。

この良かったことに加えて、今日の反省を秋のウクライナ戦などや、さらにその先にある本大会で活かしてもらえれば…
同じ過ちを繰り返さなければ。。。
その時、今日のホンジュラス戦が大きな試合だったと、無駄ではなかったといえるのではないでしょうか。
というわけで、色々悪いことばかりここまで書きましたが、この試合の評価を出すのはもう少し先にしたいと思います。
この試合がW杯に向けた大きな1試合になることを願って…

posted by FootGuinness at 03:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。