2005年08月27日

PremierLeague 第3節 スカパー観戦記A

CHELSEA 4 - 0 WEST BROMWICH ALBION (24.8.2005 WED)

開幕2連勝のチェルシー。
しかも前節はアーセナルを1-0で下し、順調な滑り出しをしています。
かたやWestBromwichAlbion(以下、WBA)、開幕から1勝1分となかなか好調です。
このままいけば昨シーズンのような降格争いはさけられそうな予感。
なぜかポーツマス戦で活躍したホースフィールドがスタメンではなく、ベンチスタート。
同じくベンチスタートの稲本の活躍に期待したいところです。

さて、ロッベンやリカルドカルバーニョが物議を醸し出す中(一部マスコミが煽っているだけで、既にモウリーニョ監督と当事者同士では話し合って決着済みとの噂もあります)、この試合ではベンチにチェフ(!)、ロッベン、リカルドカルバーニョ、ダフ、クレスポがベンチという何とも豪華かつもったいないような陣容。
ジョーコールが出ていますが、久々のような気が…
さらにGKはクディチーニ。
個人的には控えでもったいないGKの一番手。
次戦が今季好調かつ、戦力が整って要注意なトッテナム戦をアウェイで迎えるため、戦力をローテーションさせてこの試合を戦いたいモウリーニョ監督。

試合は予想通りというか、一方的にチェルシーが攻めます。
トップのドログバを中心にジョーコール、ショーンライトフィリップス、ランパード、エッシェン、デルオルノらが絡む攻撃は見事です。
これに堅守が絡むのだから相手チームはたまりません。

先制点はチェルシー。23分にWBAのDF陣がボールのつなぎでミスをし、そのこぼれ球をドログバが拾って右サイドへ。
中央にグラウンダーで折り返して、DF2人を引き連れたエッシェンがスルー!!
ランパードがトラップしてから余裕を持ってシュートしてゴール!
しかもそのランパードの後ろにはどフリーでデルオルノが…
WBAは自分たちでミスをして自ら首を絞めた格好。
それにしてもエッシェンのスルーは見事でした。
そこまで顔を出す運動量とスピードも見事でしたが…

ちなみにゴールを決めたランパード、22日に娘さんルナちゃんが産まれたそうで、ゴールパフォーマンスはゆりかごでした。
さらにチームメイトが満面の笑みで祝福しており、チーム内がうまくいっているのかな、と思わせるシーンでした。

そして前半終了間際にまたもやチェルシー2点目。
今度はゴールライン際に流れたボールをショーンライトフィリップスが粘りに粘ってキープし、ゴールライン際をドリブルしてGKが来たところで中へパス。
ジョーコールが綺麗に流し込んで2点目。
決めたのはジョーコールでしたが、ショーンライトフィリップスに0.6点あげたいようなゴールでした。
そのまま前半終了。

後半開始後もチェルシーの圧倒的優位の流れは変わらず。
3点目はランパードからのフリーキックを起点にしてボールがゴール前縦横無人に動いて最後はドログバ。これが後半23分。

4点目は後半34分に途中出場のロッベンが左サイドを執拗にドリブルで崩し、最後DFに捕まってこぼれかけたボールをまたもやランパード!!!
正確にコントロールしてゴールに沈めました。
この時のロッベンは気のせいかムキになってドリブルしているようにも見えました。
やや強引だったな、と…
途中出場だったことに対するアピールのように思えたのは私の考えすぎでしょうか…
ともかくランパードは2回目のゆりかご。
おめでとうございます。

そんな中、稲本も後半14分にアンディジョンソンに替わって途中出場!
開幕戦に続く出場になります。
中盤に入りアグレッシブにボールを取りにいってました。
なかなか積極的で、ゴール前で相手のクロスをカットしたり、カヌーにボールを預けてワンツーを狙うなど精力的に動いていい動きだったと思います。
ただ、いかんせんWBAに攻めの気持ちもそのための戦略も全く見えず、何もできない状態のまま試合が進んでいたため、孤軍奮闘という印象が否めませんでした。
ただ、この試合のWBAでは一番出来がよかったように見えました。

結局WBAは枠内シュートどころか、シュート数すら0で試合が終わってしまいました。
次戦はぜひ稲本を先発で使い、勝ち点3を稼いでほしいところです。
かたやチェルシーは相手に1本のシュートも許さず、GKクディチーニもほとんどボールを触ることがない完勝。
次のトッテナム戦が楽しみになってきました。
それにしても強いチェルシー。
去年の戦力+エッシェン&クレスポという強力な武器をさらに装備し、もう充実の一言。
止めるのはどこか?!
このままだと去年以上の独走も有り得ます。
チェルシーにうらみはありませんが、面白いリーグを見るためにもどこかが止めてほしいのですが…
posted by FootGuinness at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第3節 スカパー観戦記@

ARSEMAL 4 - 1 FULHAM (24.8.2005 WED)


いきなりのロンドンダービーチェルシーvsアーセナル戦に続く、連続のロンドンダービー。
今度もウェストロンドンのフルハムの対戦となったアーセナル。
アーセナルは3日前チェルシーにドログバのゴールで敗戦。
中2日おいて、どれだけ切り替えができるかがポイント。
ホームということもあり、前節の影響を払拭するためにも是が非でも勝ちたい。

一方のフルハムは開幕戦がバーミンガムとのドロー、週末はブラックバーンに1-2と敗北し、こちらもそろそろ勝ち点3が欲しいところ。浮上のきっかけをつかめるかどうか…

試合は圧倒的にホームのアーセナルが攻める展開。
ボールのキープ率で圧倒し、パスをつないでいくいつもの試合展開です。

開始早々フレブの後方からのパスにアンリが抜け出したものの、エリア内で倒されてPK。
これをアンリが蹴って先制か?!と思いきや蹴るのはなんとローレン。
確かに昨シーズンも見た記憶はありますが…
で、これがフルハムGKのトニーワーナーがファインセーブ。

さらに、前半20分過ぎに左サイドに流れたマルブランクからの折り返しを、クラウスイェンセンが足元に納めた…と思ったらすぐに右足を振りぬき、ループ気味にアーセナルGKのレーマンの頭を超えてゴール右上隅にゴール!!
瞬間の判断が素晴らしいゴールでした。

このまま黙って負けられないアーセナル。
しかしこのゴール直後にも危ないシーンが。
それでも攻めて得たフリーキック。
蹴るのはベルカンプ。
ゴール前GKとDFラインの間に綺麗な弧を描いて落ちてきたところに、DFラインに一歩先んじて抜け出したアーセナルのユニフォームが3人。
そのうちの1人、シガンが頭で触って同点。
他にもアンリなど2人がフリーで抜け出てDFは後追い状態でした。

その後もアーセナルは攻めますがハーフタイム。
後半が開始して、53分レジェスから素晴らしい浮き球のパスがアンリへ。
これまた見事なトラップから綺麗なシュートで勝ち越し!

それにしてもパスも素晴らしいながら、アンリのトラップが素晴らしい。
常にトラップした後の動作がやりやすいところに、ピタっと止める技術。
これってフィニッシュの精度もさることながら、同じくらい大切な技術なのではないでしょうか。
トラップした瞬間に次のプレイのイメージができていて、それができる場所にボールを置く。
この場合は、アンリはトラップ後、「一呼吸おいてからDFに追いつかれる前に右足でフィニッシュを蹴る」というイメージを描いていたはず。
それがイメージどおりにできるかどうかは非常に重要なのではないか、と。
このトラップ技術がひいてはフィニッシュの精度にも結びつくはずですし。
何はともあれややジャンプ気味に右足でトラップし、左足で一呼吸ドリブルしてフィニッシュにつながる流れは非常に綺麗でした。
個人的にアンリはこの流れが非常にウマイため、2年連続プレミア得点王といった称号が得られるんだろうなぁ、と思っています。

さて、試合はもう1点アーセナルが点を取って突き放したいものの、フルハムも踏ん張り、マクブライドの惜しいシュートもありました。
これが決まっているとドローという結果も有り得たのでしょうが…
そこはレーマンが珍しく(?!)ファインセーブで凌いでいました。

そして迎えた81分、またもやアンリが抜け出し、今度はもうこれしかないという絶妙なループで追加点!!
このシュートも上にある通りトラップから抜け出すまでの過程が非常に美しかったです。
こちらはフィニッシュも技アリでした。
アンリ得意の形ではありますが…
こういった形でほぼ外さない点もアンリの凄さでしょうか。

ちなみにこの得点でアンリはイアンラッシュが持っているアーセナルのクラブ得点記録まで後1点に迫る184点を記録したそうです。
もう記録は時間の問題…というか今シーズン中の200点も大きな怪我などなければ堅そうですね。。
後はどこまで記録を伸ばしていくのか…

ロスタイム91分にはセットプレイからベルカンプがボールを入れ、ローレンが触った後、なんとシガンがボレーでゲット!!
これで4-1。
このシュート、シガンの蹴ったボールも素晴らしかったのですが、ローレンとシガンの位置は非常に近く、ローレンのトラップしたボールを蹴ったような形になりました。
当然ローレンはすぐ近くにいて位置がかぶっていたのですが、シガンのシュートコースがわかっていたかのようにジャンプしてよけ、ボールはローレンの股間下を通ってゴールとなりました。
ローレンはとっさのことで軽くジャンプしたはずなのですが、凄いジャンプ力で驚きました。
このシーン、この試合のハイライトだったのかもしれません(笑)

というわけで最終スコアは4-1。
アーセナルが終盤までややバタついていたものの、力の差を見せつける形となりました。
とりあえずアーセナルは前の試合の嫌な印象は払拭できたのではないでしょうか。
まだまだ課題はあるでしょうが、次の試合は9月10日のようなので、一時的なオフと見直しをベンゲルが図って立て直してくることを期待しています。

一方のフルハムは、アーセナル相手とはいえ、またもや敗戦。
マクブライドの惜しいシュートや、GKワーナーの好セーブなど好材料はいくつかありました。
下位チームとの対戦を落とさずに、チームを仕上げていく必要がありそうです。
プレミア最年少監督のクリスコールマンの手腕が問われるところではないでしょうか。
まずは、現戦力の流出を食い止めることが先かもしれませんが…
これで万が一マルブランクが引き抜かれるとチームとしてマズイ状況になりそうなので…
今後の戦いぶりに注目していきたいと思います。
posted by FootGuinness at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平山相太!!!

2005年8月21日、素晴らしいニュースが飛び込んできました。
平山選手がヘラクレスに移籍後、初出場初ゴール!さらにおまけにもう1点!!!
平山選手が所属するヘラクレスは今季昇格した古豪とも言うべきチーム。
監督は元ジェフユナイテッド市原のピーターボス。
前節(第1節)は、昨季王者PSVと対戦しており、1点ビハインドから追いついてドローという昇格チームとしては上々の滑り出しとなっています。

そして迎えた第2節、アウェイでデンハーグとの対戦。
試合は後半0-1で迎えた75分に、ピーターボス監督が一気に交代枠3人を使い切る。
しかもDFを2枚変えて一気に攻撃的なフォーメーションに。
平山選手はその中の1人として交代出場。

交代してすぐのフリーキック、いきなりフリーでのヘディングシュートでゴール!!!
タイミングも場所もどんぴしゃで、シュートも下に叩きつけてゴール左隅へ。
いいシュートでした。
どフリーになったのは交代直後で相手もマークが徹底されていなかったこともありますが、最初からフリーキックで平山選手の高さを活かそうというチームの姿勢も影響していたと思います。

その余韻が引くか引かないかの時間に、今度は味方のヘディングによる折り返しを、またもやヘディングで叩きつけてゴール右へ!!
今度は1点目と違って、相手のマークが2人ついている中で、競り負けず、さらに相手の頭も恐れずにヘディングに行った結果と言えるでしょう。
(その証拠に下の前歯が欠けたか折れたかしたみたいです…)
ともかくこの相手で競り勝ってシュートに行けたというのは収穫だと思います。

この活躍で結局試合は1-2でヘラクレスが勝ち、アウェイで貴重な勝ち点3をゲットしました。
これは(おそらく)まずは1部残留が目的のヘラクレスにとっては最高の結果と言えるのではないでしょうか。
その立役者となった平山選手、サポーターの心もガッチリつかみ、今後の自信も得てシーズンに臨めるのではないでしょうか。

ただ、この試合は相手側に平山選手に関する情報がなく、ノーマークだったことも事実です。
(1点入って、認識が変わり2点目はマークがきっちりついていましたが)
今後はフル出場などの機会もあると思いますが、相手にも研修されていく中での長時間出場などにどのように対応していくかが、今後のポイントなっていくと思います。

そうはいっても、平山選手、オリンピック代表やU20代表で活躍しているためなかなか忘れられがちですが、筑波大学所属でプロ経験はナシ。
ということはプロデビュー戦がいきなりエールディビジで、さらに途中出場とはいえ出場15分で2ゴール!!
こんな選手はなかなかいないのではないでしょうか。

このまま活躍できるようであれば、もちろん来年2006年のドイツW杯出場も見えてきます。
現日本代表には厳密な意味で高さで勝負できるFWはいないように思えますので、平山選手のようなタイプがいると、攻撃の幅が広がるのではないかと密かに期待しています。

何はともあれまずは今後の平山選手のエールディビジでの活躍を期待したいと思います。
それにしてもこうして日本人選手が活躍する機会を数多く見られるのは嬉しいの一言です。
posted by FootGuinness at 13:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | オランダエールディビジョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Champions League 05/06 予備予選3回戦2st.leg

Liverpool 0 - 1 CSKAソフィア (23.8.2005)

1st.legを1-3で取っているLiverpool。
アウェイでの結果のため、3点差以上で負けなければ勝ち進めるリバプール。
しかもホームゲーム。

やはりというか、これからの過密スケジュールも考慮して、ややローテーション気味のフォーメーションで試合に臨みました。
ジェラードは先週末のサンダランド戦で負傷し、欠場。
ルイスガルシアもシャビアロンソもキャラガーもゼンデンもベンチに置いてスタート。

リバプールのベニテス監督としては、先制点を取って、主力は休ませたいところ。」
しかし、試合は前半中ほどにCSKAソフィアがセットプレイから得点。
右コーナーキックからグラウンダーでエリア内右に、そこからダイレクトでゴール左上隅へ。
このシュートは見事の一言。
おそらくどんなキーバーでも取れないかと…

いきなり0-1になったものの、リバプールは前半あまり攻められず。
シソッコが中盤で頑張っている印象はあるものの、チグハグな感じは否めない。
ボールがなかなか落ち着かず、シュートも枠に飛ばない。。
そのまま前半は終了。

後半ルイスガルシアとゼンデンが入り、サイドからの攻撃が活性化する。
ガンガンサイドを突くゼンデンの運動量とルイスガルシアのテクニックはやはり素晴らしい。
さらにリーセがバックに下がって、そこからゼンデンを追い越してオーバーラップするなど攻撃の幅も広がった。
これにより、攻撃のリズムが出てくる。

そんな中、モリエンテスがゴール前でこぼれ球を拾い、GKまでかわしてシュート!もゴール前に残ったDFがクリア。
決定的な場面だったのだが…

さらに後半終了直前にもシソッコがDFを交わしてフリーでシュートもゴールバーを叩き、惜しくも得点ならず。
もう少し弱く打っても良かった気もしますが。。。

そのまま試合は0-1で試合終了。
試合には敗れたものの、2試合トータル3-2でリバプールがCL本選へ出場決定!!
ただ、試合内容としては決して褒められたものではなく、少し今後に不安を残す結果に。。
まあ、元々目的はCL本選出場。ハナから0-2までならいいよ、というのであればまた別なのですが…
ゼンデンとルイスガルシアを使うことになったもの誤算ではないでしょうか。
ベニテス監督からするとあわよくばスタメンからさらにメンバーを落とすことも考えていたはず。
次のスーパーカップにまで影響を及ぼさなければいいのですが…

ともあれまたリバプールがCLの舞台で見られるというのは嬉しいことです。
ちなみに、リバプールはヨーロッパの舞台で昨シーズンから13連勝中、14連勝をかけていたそうです。(14連勝というのはヨーロッパの舞台でタイ記録だそうです。)
そしてリバプールは80年代にも14連勝を記録しており、その時記録を止めたのが、なんと今回対戦したCSKAソフィア。
そして今回もCSKAソフィアがリバプールの記録を止めたことに…
歴史は繰り返すのでしょうか(笑)
posted by FootGuinness at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ChampionsLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。