2005年08月22日

チェルシーの不安要素?!

というわけで下の記事を受けて、チェルシーの不安要素を1つ。
前節に引き続き今節のアーセナル戦も不出場だったリカルドカルバーニョ。
前節終了後に監督批判をしています。もちろん現在は謝罪していますが…
それに引き続き、前節前半で交代させられたロッベンも不満を言った模様。
そしてこのアーセナル戦でも後半やや不満げな表情で交代。。

リカルドカルバーニョもロッベンも言うまでもなく最高の選手です。
その存在が不必要だったりするわけはありません。
それどころかチームに無くてはならない存在でしょう。

しかしリーグとCL、そしてFAカップはてはカーリングカップの4冠を狙っているとまで言われるチェルシーにとって、ターンオーバー制および2チーム作れるほどの人材の確保は必要なことだったのだと思います。
そして去年も同様に豊富な人材を巧みにモウリーニョがコントロールし、さしたる不満も出ずに(実際のところはわかりませんが…)、リーグ制覇となりました。
今年もまたモウリーニョのことだからうまくコントロール…と思いきやそうは問屋がおろさないようです。

当然のことですが2チーム作れるほどの人材の確保ということは、毎試合1チーム分の選手が試合に出られないことを意味します。
6人ほどはベンチ入りすらままならない、ということです。

選手は試合に出てナンボ。
ましてや今シーズンはW杯直前のシーズン。
ここで試合に出られるかどうかはそのまま来年のドイツW杯の出場可否に直結します。
今シーズンはそういった観点で動く選手もいるはず。
となると…移籍マーケットは8月末で一度閉まります。
次は来年2006年1月まで開きません。
例年8月31日は大きな動きが1つ2つありますが、今年は一層あるかもしれません。。
そしてその主役はまたもやチェルシーという可能性も。

そこを乗り切ったとしても、1月まで不満を抱えたままの選手がいること自体チームとしてはモチベーションなどの関係で得策ではありません。

フットボールに関する知識、戦略だけでなく、洞察力や心理学にも長じ、人心掌握術にも長けているといわれるモウリーニョ。
この人心という最もやっかいかもしれない相手とどのようにやっていくのか、非常に注目して見ていきたいと思います。
もし、モウリーニョがこの難敵とうまくやっていけたら…その時はチェルシーの4冠もあながち夢物語ではなくなるのかもしれません。


posted by FootGuinness at 02:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PremierLeague 第2節 スカパー観戦記A

CHELSEA 1 - 0 ARSENAL (21.8.2005 SUN)


いきなり第2節での大一番。
コミュニティーシールドに続く今シーズン2試合目。
今シーズンの序盤とはいえ、今後の行方を占う試合。

前半はアウェイながらアーセナルのペース。
アンリを中心に押し込もうとします。
しかし、リュングベリが早々に怪我で交代し、少し流れが停滞したように見えました。
その後も攻めるアーセナルですが堅守のチェルシーを崩すまでには行きません。
個人的にはこのリュングベリの交代がアーセナルにとっては痛かったのでは、という印象です。

前半0-0でチェルシーはモウリーニョが早く動きます。
クレスポからドログバへ。
このあたりからそれまで停滞ムードだった風向きが変わってきます。
さらにショーンライトフィリップスとエシアン(!!)がそれぞれロッベンとマケレレと交代します。
影響力のある3人が入ったことにより、徐々にですがチェルシーが流れを引き寄せます。

それにしてもショーンライトフィリップスのサイドでの存在感、そしてまだ契約したばかりでトレーニングしていたとはいえ、コンディション万全とは言えないであろうエシアンの2人はいい動きをしていました。
エシアンはまさにセンターハーフとして守備に攻撃によく動いていました。
これでチームにフィットしてくれば…末恐ろしい存在です。
このエシアンがプレミアで見られるというのは喜ばしいかぎりです。

決勝点はドログバ。
フリーキックにうまく合わせて、トラップ(膝)がそのままゴールニアサイドに吸い込まれていきました。
テレビの解説でも言っていましたが、アーセナルのGKレーマンは完全にタイミングを外された感じ。
ちょっと反応するのは難しいかな、と思う反面正直レーマンでなくチェルシーのチェフだったら…と思わずにはいられないシーンでした。
ちなみにこのゴールがオフサイド気味なのはご愛嬌ということで…

それにしてもドログバはコミュニティーシールドに続く対アーセナル戦のゴール。
これは次の対戦の時も要チェックですね。。

その後はアンリが反撃とばかりに数本シュートを放っていますがしっかりチェフのセーブにあい、ゴールならず。
相変わらずチェルシーからゴールを取ることの難しさを感じます。

結局チェルシーはそのまま逃げ切って開幕連勝。まずは1つ目のヤマを超えた感じです。
一方のアーセナルは相手がチェルシーとはいえ、開幕直後の出鼻をくじかれた感。
去年のマンU戦後のようにこれが次節以降に響かなければいいのですが…

ともあれチェルシーは先発のデルオルノも含めて移籍組もこの試合揃って出場。
無難な仕上がりを見せ、かつ去年からの上積みもある。
死角はないのか?!止められないのか?!


posted by FootGuinness at 02:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェラードが…

8月20日(土)の対サンダランド戦でジェラードがふくらはぎを故障したようです。
珍しく後半早い時間でルイスガルシアと変わったので、どうしたのかと思いましたが…

とりあえずミッドウィークのCL予備予選3回戦対CSKAソフィア戦は欠場の模様。
その次のUEFAスーバーカップ対CSKAモスクワ戦での出場を目指すようです。
といっても出場の望みを失っていない、という記述が公式HP上にあるので
難しいのかもしれません。

CL予備予選も1st.legを1-3で勝っており、次は得意のホームなので問題ないとは思いますが…
UEFAスーパーカップはともかく、長引くようだとリーグ、CLともリバプールとしては厳しくなりますね。。
大事にならないことを祈ります。

ちなみにプレミアリーグはミッドウィークが第3節ですが、その次の週末の第4節、実はリバプールはアーセナルとの対戦が組まれています。
…が、上述したUEFAスーパーカップが組まれていたためこの日ではなくなった、と。
リバプールとしてはジェラードに?がつく状態でのアーセナル戦は避けたかったでしょうから良かったのかもしれません。。
この試合がいつ組まれるのか調べなきゃ…
posted by FootGuinness at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PremierLeague | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。